スマホ起業プログラムメールマガジン

本講座

実績証言インタビュー

■証言7:板前25年やっていた、しかし今はスマホコンサルタント。

 
北野です、
 
今回インタビューをさせて頂いた方は、
元々25年間、板前さんでした。
  
そんな彼女はいま、スマホコンサルタントとして活躍しています。
そして…今回、彼女は動画の中で、非常に重要な発言をされています。
まずは、先にインタビュー動画をご覧ください。
 
YouTube Preview Image

 
あなたは気づかれましたでしょうか?

 
このポイントに気づけるか否かで、
今後のスマホコンサルタントとして

爆発的に結果を出し続けるか、
はたまた、結果がゼロか。
という非常に重要なポイントです。
 
 
気付けなかった…という状態であれば、
4分ですから、もう一度見てくださいね。
 
 

 
 
もう、お分かりですよね?
彼女が発言した言葉。
 
 
「〇〇させてください!」

「〇〇してみませんか?」

 
これです。
通常、コンサルタント業というのは、世の中に
専門家が溢れかえっています。

営業をして、アポイントメントをとり、
何度も先方にお邪魔しては断られ続ける、
そんなことは営業では当たり前の風景です。

でも、スマホコンサルタントは?
お願いしない。しなくてもいいということです。

つまり、先方の方から、
「是非、お願いします!」

と言われるケースがスマホコンサルタント、
ということですね。 

 
昨日第1回目のコメントに全て目を通させて
頂いたのですが、その中で…

「営業が苦手です。できません。」
というコメントが非常に気になっていました。

しかし…

営業は必要ないのです。
営業というと非常にややこしかったり、
向き不向きがどうしても出てしまいますよね。

スマホコンサルタントはとあるコメントでも返事を
書きましたが、世の中が今、最も求めているものということ。
 
 
〇〇してください、コンサルさせてくださいという営業トークではなく、
スマホ専門集客コンサルタントですが、というお話を出すだけで、
注文がとれてしまうということです。

だからこそ、多くのコメントの返事で、私や、松本さんが
一番多く発言していることがありますよね?
気付かれている方は既にそれを実行しています。

また、それに気付かず、行動に移せてないのであれば、
言われるがままに騙されたと思って、今すぐやって欲しいと思います。

今すぐ、「スマホコンサルタント」を名乗ってください。
あなたは既に、プロなのですから。

スマホ起業プログラムを受講した瞬間、あなたは、一般的なコンサルタント以上の
スキルや知識が自然と無意識のままに身についているのですよ。

彼らの全く知らない世界を、あなたは知っているということです。
つまり、いま活躍しているコンサルタント以上の価値や提案力を
あなたは既に身についているということですよ。 
 
 
明日は、第2回目の講義に入っていきますね、
また、第2回目も、コメントを是非残して下さい。

これからも、一緒に頑張って行きましょう!
応援しています!