スマホ起業プログラムメールマガジン

本講座

実績証言インタビュー

第5回:顧客獲得法(前篇)

  

松本です、

 

『スマホ起業プログラム』の第5回のビデオを公開します。

第5回目は、いよいよ【顧客獲得篇】に入っていきます。

 

あなたがスマホコンサルタントとして活躍していく上で、
どのようにクライアントを獲得していくのかは
非常に大事な部分
になります。

 

お客さんがいなければ、
どんなにスマホ集客の知識を持っていても、
ただの宝の持ち腐れになってしまいます。

そうならないためにも、この第5回の顧客獲得篇の内容は必須です。

 

その前に・・・

まだ下記の動画を見ていないのであれば、
5回目のビデオを見る前に、絶対に見ておいてください。

■対談1:スマホビジネスの圧倒的な可能性とは?
⇒ http://1jsma.com/master/

■第1回:スマートフォンコンサルタント基礎講座
⇒ http://1jsma.com/master/prog01/

特別篇1:最先端のLINEマーケティングとは?
⇒ http://1jsma.com/master/tokubetsu1line/

■第2回:スマホコンサル「7つの収入の柱」
⇒ http://1jsma.com/master/prog02/

■第3回:スマートフォンマーケティング(前篇)~売れるスマホサイトの作り方~
⇒ http://1jsma.com/master/prog03/

■第4回:スマホマーケティング(後篇)~アクセスアップ~
⇒ http://1jsma.com/master/prog04/
 
■特別篇2:SOHO・外注先の探し方
⇒ http://1jsma.com/master/tokubetsu/

■特別篇3:”スランプ”を一瞬で打破し、ノウハウコレクターから脱出する方法
⇒ http://1jsma.com/master/tokubetsu2/

 

今回「スマホ起業プログラム」の
第5回目のお届けする内容は・・・・・・

=========================
第5回:顧客獲得編(前篇)
=========================

になります!

 

顧客獲得篇は、第5回と第6回の
2回に渡り解説をしていきます。

世の中には、
色々なコンサルタント養成講座がありますが、

きちんと顧客獲得方法を教えているところは
非常に少ないのが現状です。

 

コンサル方法やコンサルタントとしての
必要なノウハウは身につけても、

そのノウハウを提供するお客さんがいなければ、
1円も稼ぐことはできません。

 

だからこそ、今回のスマホ起業プログラムでは、
この顧客獲得篇に力を入れるべく、
2回に渡りビデオを公開します。

公開するクライアント獲得方法は、全部で2つです。

そのうちの1つを今回の第5回目のビデオで解説しています。

 

このクライアント獲得方法は、
私自身が起業したばかりの時に、
実践をして初めてお客さんを獲得した方法です。

 

何でもそうですが、「0→1」
を生み出すのが一番大変です・・・

私自身も、非常に苦労をしました。

だからこそ、
あなたが最初のお客さんを獲得できるのか
不安なのは、非常によく分かります。

 

しかし、今回第5回目で
公開するクライアント獲得方法は、

相手に営業だと全く思われずに、
相手から勝手にお願いされる

というものです。

 

恐らく、この方法でクライアントを
獲得しているコンサルタントは、日本に存在しないです。

 

どの営業本にも、インターネット上にもない、
全くのオリジナル獲得方法です。

 

その究極とも言える、
クライアント獲得方法を是非ご覧ください。

YouTube Preview Image

――――――――――――――――–
*ビデオが途中で止まってしまう場合や、見れない場合には

インターネットの回線速度やパソコンのスペックによっては、
動画が途中で止まったり、再生ができない場合がございます。

恐れ入りますが、動画を一時停止し5分ほどたってから
再度再生していただけますと幸いです。
それでも再生不可の場合は、一度、他のブラウザでも
お試し頂けますと幸いです。
――――――――――――――――–

 

=========================
*重要*本日のエクササイズ
=========================

最後までビデオを見終わりましたら、
ビデオの中で話をしている、【エクササイズ】を
下記のコメント欄に入力して下さい。

 

今回のエクササイズを実施していただいた方には、

有料(3万円)で開催していた、
「売れるスマホサイトの作り方」セミナー映像を
プレゼントさせていただきます!

 

是非、エクササイズを実行して、
“より売れる”スマホサイトについて
理解を深めてください!

 ⇒ プレゼント申込みフォームはこちら

※エクササイズ実施後、
あなたのコメント書き込みを
コピー&ペーストして上記フォームから提出してください。 

 

=========================
以下のステップを踏んで下さい
=========================

 step1

今日のビデオを見ての感想や気付き、
疑問点や質問があればお書きください。
(※全ての質問にお答えするわけではありませんが、
次回以降のビデオ作成の参考にさせていただきます。)

 

step2

今回のビデオでお伝えした、
最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。

 

step3

電話からどういった切り口、入り方を
していくか具体的にお書きください。

 

この3つのエクササイズをやることで、

顧客獲得方法が身についていきます。

なお、コメント欄から質問をする際に本名で書くのは
恥ずかしい場合はニックネームでも構わないので
安心して何でもコメントしてください。

あなたからのコメントを楽しみにしています。

 

松本剛徹

■第5回:顧客獲得法(前篇) への352件のフィードバック

  • たなか ひで様のコメント: 2014年7月6日 5:24 PM

    STEP1

    この切り口はとてもよいと思いました。
    タウンワークを利用するのもよいかと思います。

    STEP2

    自由診療をメインにしている歯科医院

    STEP3

    「美容歯科企業サポート協会たなかと申します。
    美容目的の歯の治療に注力されている御社に
    今後の歯科医院から提案できる美容への意識向上に関して
    取材をさせて頂きたいと考えております。」

  • まこと様のコメント: 2014年7月5日 1:35 AM

    松本さま
    いつもすばらしい講義ありがとうございます。

    1.店舗集客の営業で苦戦しています。
    どうやったら社長と会えるか?仲良くなれるか?
    そう考えていた所だったので、この「取材」はすごいと思いました。
    やってみます。

    2.美容業界を狙います

    3.ブログ、フェイスブック、ツイッターを、
    美容室サーポート協会で準備して、
    TELや訪問後、検索されても大丈夫にして、
    スタートしたいと思います。

  • craft様のコメント: 2014年7月4日 9:27 AM

    1:
    具体的なテクニックより、先ずは顧客の獲得が大事。先ず行

    動。
    顧客を獲得できたら、顧客のヒアリングから必要なリソース

    を確定しブッキングしていけば、出来ないことを自分でやろ

    うとして、事業の可能性に制約をかけてしまう負のスパイラ

    ルを回避して前に進みやすい。

    2:
    老舗の飲食店
    地域的に金持ちの個人宅が多くあり、繁華街ではないところ

    に、ぽツンぽつんと老舗飲食店がある。客単価も高そうなの

    で、コンサル費用も出しやすいと思うので。

    3:
    地域の老舗特集サイト立ち上げの取材の申し込みで

    移り変わりの激しい飲食業界で10年以上続けて来られた秘訣

    等をお伺いしたい。

    そのうえで、新しい時代の最先端を行く集客方法である、ス

    マホで集客に興味はありませんかと続ける。

  • 松尾毛ガニ様のコメント: 2014年6月30日 6:17 AM

    今日のビデオを見ての感想や気付き、
    疑問点や質問があればお書きください。
    ======================================
    タウンページですか?そっか!先日届いたのですが
    まだ 袋から開けていませんでした
    今開封したのですが 昔からある会社が活用しているのが
    多いですね。ということは スマホに気づいていないとも
    言えますよね。ですので 提案は 持って行きやすいですね
    step2

    今回のビデオでお伝えした、
    最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。

    ========================================
    はんこ業界です

    step3

    電話からどういった切り口、入り方を
    していくか具体的にお書きください。
    ===================================
    はんこ業界を盛り上げるポータルサイトを考えています。
    はんこを愛している御社さまに 業界が 衰退している現状や
    それに対して 今後どのようにご対応されていくつもりですか?
    もしよければ その熱い気持ちを 当ポータルサイトに掲載させて
    いただくために取材をさせていただきたいです。ざっくばらんで
    OKですし、愚痴のようなものでもOKです。長年はんこ屋を営んでいらっしゃる
    御社さまの率直なご意見を伺わせてください

  • かすみ様のコメント: 2014年6月30日 5:40 AM

    松本さん、北野さん
    いつも有益な講義をありがとうございます。

    STEP1

    この切り口はとてもよいと思いました。
    業界ポータルを作ると入口も
    一つ増えるので一石二鳥ですね。

    STEP2

    自由診療をメインにしている歯科医院

    STEP3

    「インプラント普及研究会のかすみと申します。
    歯を失ってお困りの患者さん向けにインプラントの
    知識を提供するポータルサイトを企画しております。
    ◯◯先生の評判を伺いまして、ぜひ◯◯について、
    取材をさせて頂きたいと考えております。」

  • 山田様のコメント: 2014年6月27日 12:20 PM

    ◎松本さんの本気度が伝わって来ました。
    少し際どいと感じましたが、実践的なノウハウだと感じました。
    ◎狙ってみたい業界は飲食を狙いたいです。
    ◎ポータルサイトを見て電話します。
    更に厳選した店舗ばかりを集めたポータルサイトを作って行く為の取材をお願いします。

  • 名古屋原人様のコメント: 2014年6月26日 11:58 PM

    お世話になります。

    STEP1
    目からウロコです。かつての営業でこのトークを使えれば良かったのにと思いました。

    STEP2
    文化教室、その他同様のスクール等。音楽とか絵画とか限定しないと”教室”は際限がないので、まずは音楽教室から

    STEP3
    ピアノだけはやたら多いので、ピアノだけは、ピアノ教室サポート協会。その他の楽器や声楽関係は、音楽教室サポート協会で。
    「私は、ピアノ教室サポート協会の名古屋原人と申します。私どもピアノ教室サポート協会では、ピアノ教室様に役立つポータルサイトを立ち上げを考えておりまして、教え方に定評のある御ピアノ教室様を取材させていただきたいと思い、お電話させていただきました。
    コースや種類などの教室の内容や生徒さんへの指導などに気をつけている点や生徒募集のご苦労などをお伺いできたらと思います。よろしくお願いします。」

    以上です。

  • カズ様のコメント: 2014年6月26日 11:02 PM

    1.取材という切り口で持ちかける方法は、とても斬新でアポの成功確率も高いと思いました。

    2.美容室業界

    3.「突然のお電話失礼いたします。私この度、美容室業界のポータルサイトを立ち上げることになり、御美容室のサイトを拝見させていただき、ぜひ一度取材をさせていただきたくお願い申し上げます」

  • てっく様のコメント: 2014年6月26日 5:02 PM

    松本さん、お疲れ様です。
    最近あまり動画を見る時間がなく、ようやく見れました。
     
    今回の動画についてですが、確かに「取材」という言葉はいいなと思います。
    個人で店舗を構えている会社にとっては、何かに取り上げられるというのはそれだけで集客のチャンスでしょうから、むしろ喜んで受けたいと思うはずです。
     
     
    ですが、相手からしたら
    ○○企業サポート協会が本当にあるのか疑わしいと思われる方もいらっしゃるでしょうし、名刺をいただきたいと言われたときになかったり、取材して何かのメディアに掲載されるのか、されなければ、どういった形で使用するのか…
    などなど、突っ込まれる要素が多すぎる気がします。
     
    突っ込まれたことについての返答の仕方をちゃんと考えていかないと、これはむしろ信頼関係を全く作れずに終わるような気がします。
    そういった噂が万が一にも広まってしまったら…その地域では活動しにくくなってしまうのではないかと思われます。
    (ここまではリスクの部分を想像で書いてしまいましたが、実際はそうじゃないかと思います。)
     

    もし私が同じようなことをやるなら、実際に一度お店に行きます。
    私は飲食店(特に居酒屋やバーなどお酒に特化したところ)を狙っていきたいと思っていますので、一度お店を利用させていただいて、その上でお話をさせていただいたほうが、いきなりTELでアポをとるよりはいいのかなと考えています。
    飲食代がかかってしまうのがちょっと痛いですけど…(笑)
     
    いきなりTELするのと、一度お店を利用したことのある人とではどちらがいいのかはクライアント次第だと思いますが、そういった方法もとってみてもいいのかなと思います。

  • T,T様のコメント: 2014年6月26日 3:05 PM

    1、「取材」は意外でした!
     勉強になります。

    2、飲食店の中でも ビストロやバルなどに絞り込みます。

    3、フレンチ・イタリアンに絞り込んBtoCサイトの立ちげのリサーチの依頼が在った広告会社を装っては如何でしょうか?

  • 明(あき)様のコメント: 2014年6月26日 1:19 PM

    1. 取材というのは目からうろこでした。
     取材をすることによって、実際にこちらも学べることがあるでしょう。
     お得な方法だと思いました。

    2. 各種治療院 
    (身内の弁護士から行けたらベストなのだろうけれど、関係を考えると躊躇してしまう。)

    3. 私は、健康のための治療院(に限らず、健康に関する会社全般)を誰もが自由に選べるようなシステムがあるといいと思っています。
    「健康のためのサイト作り」という切り口がいいのでしょうか?
    実際にそのサイトを作るのは面倒な気がしてしまっています。

    「健康のための協会を設立したいです。業界のことを知りたいので取材させてください。」
     「治療院サポート協会の明ですが、取材させていただけませんか。」
     「ポータルサイトを作ろうと思っています。業界の悩み、不満など、取材させていただけないでしょうか。」

     うーん、どれがいいのか?
     まだイメージできていません。

  • KB様のコメント: 2014年6月25日 11:13 PM

    1.「取材」として話をもちかけるのは、メンタルブロックを外す効果的な手段だと思いました。
    まず相手の懐に入る、という感じでしょうか。あからさま感なく営業につながるのは、スゴイ方法だと思います。
    ただ、架空団体を名乗り、後で突っ込まれないかが心配です。受注を得るためにウソをつくのも後々の信頼関係にひびかないか気がかりです。

    2.○○サポート協会を名乗るからには、あまり多種多様ではだめですよね。
    まだ絞りかねていますが、教育関係かペット系にしようと思っています。

    3.(教育関係を想定)
    この度は、教育事業の普及と推進のための専用のポータルサイトを立ち上げようと考えております。つきましては、より充実したサイト構築のために、長く教育業界を牽引されていらっしゃる御社に、ぜひ取材をさせていだだきたいのですが、社長におつなぎいただけないでしょうか。

  • miyazaki様のコメント: 2014年6月25日 9:40 PM

    1、取材と言われると確かに話が通りやすいですね。

    2、最近では歯医者が乱立しているので攻めやすい気もします。

    3、市場調査というのは切り口としてどうでしょうか?

  • imoto様のコメント: 2014年6月25日 6:30 PM

    貴重なお話ありがとうございました。

    1.取材とはいがいでした。時折、店舗に雑誌の取材でという営業があるのを思い出しました。
    こういう営業方法もあるんだなあと関心しました。
    2.私自身、生花店で働いているので花業界を狙っていきたいと思いました。
    3.私の住んでいる地域はまだホームページすらもっていない店舗もあるので、無料のホームページの作り方を紹介して、提案までいけたらいいと思いました。

  • naka様のコメント: 2014年6月25日 8:10 AM

    お世話になっております。
    第5回目も拝見させていただきました。

    1.取材という切り口が斬新でした。
    私自信、リラクゼーションサロンや整骨院での就業経験があり、営業のお電話は断るように言われてきました。
    実際、ホームページの改善案の営業が架かってきた事もありました。
    私自身で考えましたが、取材であれば、経営者に取り次ぐ、指示を仰ぐということをするなぁと思いました。
    業界のリアルな声が聞けるという点も、コンサルをする上で役に立つ為、素晴らしいと思いました。

    2.美容関係
    ポータルサイトからご予約をされるお客様は、女性の方が多いように思いました。
    ですので、女性視点で考えれば、結果も出やすいのではないか。と安易に考えました。

    3.美容室のポータルサイトの立ち上げを考えておりまして、この度、(ポータルサイト名)様の御社の掲載文等を拝見し、是非取材をさせていただきたいと思い、お電話をさせていただいております。
    ポータルサイトに登録して良かった点や、改善点。
    集客について、何かお悩みがあれば、教えていただきたいと思います。
    是非一度、お会いするご機会をいただけないでしょうか?

    ・・文章については考えて、台本を作ってから架けたいと思います。

    今回もありがとうございました。

    • jsma様のコメント: 2014年6月25日 11:47 AM

      naka様、こんにちは、
      松本です!

      是非一度、お会いするご機会をいただけないでしょうか?
      ・・・ですと、今は忙しいので、となりますので、

      「取材させて頂きたいのですが」でいきましょう!
      例えば、naka様がお願いされる立場だったら、、

      お会いしていただけないでしょうか?
      取材させてください!

      と言われた場合、どちらが好印象かな、
      と相手の立場で考える事で非常に取材件数が増えます。

      3件に1件は取材することができると思いますよ。
      引き続き頑張っていきましょう!

  • 初谷様のコメント: 2014年6月25日 1:39 AM

    松本様

    有料なみの貴重なノウハウありがとうございました。
    とても説得力がありました。

    1.まずはあれこれ考えずアドバイス通り取材という切り口で実践してみるべきだと思いました。

    2.歯科、治療院

    3.

    自分:「こんにちは、私「歯科医院サポート協会」の初谷と申しますが、●●院長いらっしゃいますでしょうか?」

    受付:「要件は何ですか?」

    自分:「はい、実は今回、●●(地域名)の歯科医院を応援するポータルサイトを立ち上げようと思ってまして、
    ぜひ、●●(地域)で活躍されてる●●院長に「取材」をさせて頂きたいというお願いです。」
    ●●院長はいらっしゃいますでしょうか?」

  • sato様のコメント: 2014年6月25日 12:43 AM

    1.「取材」という切り口が面白いと思いました。人間心理としても断られる確率が低そうです。
    2.美容業、フィットネス系
    3.ボディーワーク専門のポータルサイトの立ち上げを企画しているので、取材にご協力いただけないでしょうか?というアプローチ。

  • フウタン様のコメント: 2014年6月24日 10:00 PM

    1.取材がきっかけになるとは思いませんでした。
      また、取材は日常の仕事でしているのでハードルは
     低いです。

    2.生花販売業界、飲食業界

    3.既に親しい先というのが前提ですが
      御社をスマホで検索したところ、まだ、サイトをお作りに
    なっていないようです。スマホサイトに興味はありませんか?

  • カト様のコメント: 2014年6月24日 1:41 PM

    顧客は、営業は嫌がるが、「取材」ならコンタクトが可能かもしれません。イケルと思います。
    治療院業界
    「突然のお電話で失礼します。「取材」をさせて頂きたく電話させて頂きました。私、治療院サポート協会のカトと申します。集客の治療院業界向けのポータルサイトを立ち上げるにあたり、貴治療院のホームページを見て、治療にたいする施術方針がすばらしく、是非「取材」させて頂きたい。

  • くっき~様のコメント: 2014年6月24日 11:59 AM

    いつもありがとうございます。
    『取材』が魔法の言葉とは・・・
    仕事柄TELアポもやったことがありますが、結構ストレスが溜まるんですよね。。。
    『取材』であればまだTELし易いと思いました。

    不動産業界・飲食店(カフェ)

    大手・フランチャイズ店は参加できない新しいポータルサイトを考えているのですが、
    一度業界のことや、現在利用しているサイトについての不満点・お悩みを取材させて
    ください。

  • Hiro様のコメント: 2014年6月24日 10:22 AM

    1.取材からのアポ取りはすごい良い方法だと思いました。
      リサーチも出来て、相手の反応も見れて、おまけに受注も出来たら一石?鳥ですね!

    3.自分は飲み食いが好きなので、最初に飲食店を攻めたいと思います。

    3.ポータルサイトの取材ということで、教えて頂いたことをそのまんまやってみたいと思います。

  • saika様のコメント: 2014年6月23日 12:28 PM

    step1
    取材というスタンスでアポを取るという手法も「なるほどなーその手があったか」と思いましたが、実際に取材して業界知識を仕入れてしまおうという発想はコロンブスの卵でした。

    step2
    講座初期から士業と物販と思っているものの、まだ絞り込み切れず…

    step3
    他にもいらっしゃいますが、最初のとっかかりとしてポータルサイトを取材しようと考えています。
    運営者の方にサイトの歴史、会員について、良かった話や苦労話、これからの展望などを伺ってから、困っているポイントについて「実はスマホコンサルをしております。事前にサイトを拝見しましたが〜」とその場で言える範囲の改善点をお話しし、「もしよろしければ後日ご提案書をお持ちします」と締める。
    そしてポータルサイトの契約を取りつつ、登録している方にも「御社登録のポータルサイトの改善提案をしております。つきましては会員様にも取材をさせていただきたく…」と順にアポを取り、あとはビデオのとおりに。
    業界を絞り込めたらこんな流れでいきたいと思います。

  • ヨッシ様のコメント: 2014年6月22日 11:11 PM

    1.アプローチで『取材』が、とても印象に残りました。
    普段テレアポをする事がありますが、スマホコンサルではアポ後に物を売ることが無いので、これほど入りやすいやり方は無いのではと思いました。
    2.業界は『リフォーム』『ネイル』
    3.切口は、『ここまでの会社にするまでに、どのような歴史があるのか取材させて下さい!』くらいから始めてみます。

  • アンジェ様のコメント: 2014年6月22日 6:38 PM

    遅ればせながら、コメントさせて頂きます。

    1.取材という所から入っていくとは、予想外でした。実際、今の仕事の中で取材をお願いしたことが何度かありますが、拒絶された事は一度もありませんでした。アプローチのハードルはかなり低くなりそうです。

    2.ネイル業界、学習塾業界

    3.まずは、教えて頂いた通りにすすめて行こうと思います。そして、やって行く中でアレンジしていけたらと。

  • ito様のコメント: 2014年6月22日 6:05 PM

    step1
    随分アナログだと思いました。

    step2
    飲食業会

    step3
    集客コンサルタントをしているので、一度取材させて欲しい

  • akihiro様のコメント: 2014年6月22日 10:06 AM

    step1
    ポータルサイトを活用するというのは全く思いつきませんでした。
    私もテレアポの経験がありますが
    リストを買って1,000件電話して4~5件アポみたいな世界です。
    「取材」という切り口は非常に良いヒントを得られました。
    ありがとうございました。

    step2
    飲食業、社交業、美容業あたりはそうとう「取材」に食いつきそうなので、
    まずはこの辺を責めてみたいと思います。

    step3
    「今後働く女性の活躍する場が増えていく中、そんな今をときめく女性たちが、普段どのようなお店を必要としているのか?」というような切り口はいかがでしょうか?

  • やる気いっぱい様のコメント: 2014年6月21日 8:08 PM

    ①取材!、魅力的なフレーズです。それも、あなた様の業種の件で、とお願いされたら、うれしい気分になる確率が高いと思います。
    ②美容。飲食。
    ③この機会に、良く行く飲食店、知り合いの弁護士、会計士をスマホ検索いたしましたら、全部検索できました。
    正直、がっかりでした。売れるサイト、絶対に集客できるか?ときかれたら、お約束できます!とは、正直いえません。
    そのあたり、数万でない料金を頂くだけに、不安です。

  • 加原様のコメント: 2014年6月21日 7:30 PM

    ①取材としてアポを取って、その後、その取材結果はどうなったのかとクライアントに聞かれたときに困りそうです。
    ②マッサージ、エステ関係
    ③心と体の関係について記事にしたいので取材させてほしい

  • タコ3様のコメント: 2014年6月21日 8:33 AM

    ①営業マンをしていた時があるのですが、飛び込み営業は凄く大変でしたし、門前払いが99%ぐらいでした!

    『取材』といえば、入り方としてはスムーズですし、会話してもらえそうです!

    今回の動画もとても勉強になりました。ありがとうございました。

    ②病院業界

    ③御社のサイトを拝見して、病院に関するサイトを立ち上げるので取材にさせていただきたいです。

  • タコ3様のコメント: 2014年6月21日 8:22 AM

    営業マンをしていた時があるのですが、飛び込み営業は凄く大変でしたし、門前払いが99%ぐらいでした!

    『取材』といえば、入り方としてはスムーズですし、会話してもらえそうです!

    今回の動画もとても勉強になりました。
    ありがとうございました。

  • KEN様のコメント: 2014年6月20日 9:00 PM

    松本 様
    いつも貴重な動画をありがとうございます。

    1.今回の感想

    取材という切り口でアポを取るという方法は衝撃でした。
    確かに、取材という切り口であればアポは取りやすそうだと感じましたので、
    早速実践をしてみたいと思います。

    2.どの業界を最初に狙うか

    自分自身の前職の会社がリフォームと不動産を行っていましたので、
    業界に対する知識があるという利点もあり、この業界にしたいと思います。

    3.切り口と入り方

    実際にこういった業界の地域に密着した形のポータルサイトは
    前々から作りたいと考えていたので、
    その実現も兼ねてポータルサイトを切り口にして入っていきたいと思います。

    取材内容が実際のコンテンツにもなりますし一石二鳥かと思っています。

  • ネクストイノベーション様のコメント: 2014年6月20日 7:33 PM

    1、いつもありがとうございます。
    取材という言葉は魔法の言葉ですね。
    相手のブロックを壊すことができそうです。

    2、エステサロン

    3、サロンサポート協会の○○です。サロン向けのポータルサイトを立ち上げようと考えております。御社のサイト(HP)を拝見させて頂いてコンセプトに感銘致しました。ぜひ取材をさせて頂きたいと考えております。
    などで切り込んでいく。」

  • だいだい様のコメント: 2014年6月20日 1:11 AM

    1 過去に数社、営業会社を渡り歩いてきましたが、『取材』という名目でのアポイントは
      初めです。ですので、この方法は昔やっていた新規開拓のアポイントに比べたら
      格段にアウトを受ける確率が減るのは、容易に想像がつきます。

    2 飲食店業界でやっていきます。

    3 個人飲食店専門のポータルサイトを立ち上げる名目での取材依頼というフックでいこうと思います。

  • ariga様のコメント: 2014年6月19日 11:47 PM

    1)実際ポータルサイトや取材の結果のレポートなど制作したほうがいいのでしょうか。

    2)飲食業・小売店舗

    3)業界の現状リポートのためのアンケートのお願いという方法で取材を申し込む。

  • きよとみ様のコメント: 2014年6月19日 9:58 PM

    スマホ起業プログラム第5回、ありがとうございました。
    1.感想、気づき
      全く知らないところにタウンページやポータルサイトを見ていきなり電話するのは
      性格的にも難しそうです。また、訪問して知らないことを質問されたらどうしようと
      思います。最初は、モニターとして知り合いから始めようかと思います。
    2.最初の業界
      美容院・エステ業界
    3.切り口、入り方
      まず、ポータルサイトを見て電話したことから入り、こちらを美容業界ネット集客
      実践会として、ネット集客を頑張っておられるところに取材させて頂き、その内容
      をもとにネット集客に苦戦しておられる美容院様を盛り上げて行きたいという形で
      取材を申し込もうと思います。

  • コンサルの卵様のコメント: 2014年6月19日 2:05 PM

    1.なるほど。私の前職はメディア関係なので、いつも取材先にアポをとる電話をしていました。確かに「取材」という切り口なら断られる確率は低いですね。納得です。トークスクリプトまで教えていただけるなんて!

    2.観光業界を視野に入れています。宿泊施設とか観光客相手の飲食店、土産物店などです。

    3.団体名は「観光業支援協会(仮】」(もう少し検討します)。観光客向けポータルサイトの立ち上げに向けて研究を進めているので、取材にご協力いただけないでしょうか?とい切り口で。

  • naka様のコメント: 2014年6月19日 12:33 PM

    1.ポータルサイトの件については、JVなどで真実にするのも良いと思いました。

    2.美容・健康系サロン

    3.地域の皆様にお店の紹介をさせてもらうための「取材」をさせていただくというスタンスで。

  • 千葉様のコメント: 2014年6月19日 3:04 AM

    1.大変濃い内容の動画、ありがとうございます。取材なら違和感なくアポイントを取れそうだし、契約までの流れもしっくりする感じはします。取材にしても営業にしても、そういう形でお客様と接する仕事はしたことがないので、取材のお礼に関してアポの時点でどう話しをするのか(金銭的なことなど)、また実際に取材することの不安は大きいです。業界についての知識やポータルサイトなどの作成構想などを事前に決めておき、取材後は実査に作成するのでしょうか。

    2.習い事、あるいは整体

    3.習い事ならば「生涯学習推進協会」と名乗り、幅広く学習教室を掲載して行きたいということで協力をお願いする、という感じでしょうか。あと取得できる資格などがある場合は、これこれの資格の教室を掲載したいので、という感じでお願いする。

  • tomtom様のコメント: 2014年6月18日 11:38 PM

    最初、偽りの理由でアプローチする事に違和感と、実際に仕事が取れたときに、どのようにクライアントと接するのか(協会やポータルサイトの話をどうするのか)というところが非常に気になりましたが、いろいろな方のコメントに対する松本さんのレスを見て、なるほど、結局自分の店や事業の収益を上げることが一番気になっている事であって、利益に貢献するしっかりとしたスマホマーケティングが提案できていれば、最初の「偽り部分」はどうでも良くなってしまうのだということ、その実績をお聞きして、納得しました。

    もしも、あとから「で、あの協会のポータルサイトの件、どうなった?」って聞かれたらどうしますか?
    つまり、しっかりとしたスマホマーケティングの提案ができたあとの、クライアントとの関係性が実際はどのようなものなのか、知りたいと思いました。
    「あはは、あれ、実は嘘だったんです。」なんて笑い飛ばせるような関係性をクライアントと築けている感じですか?

    最初に狙う業種は、僕の場合飲食店でしょうか。
    ぐるナビや食べログなどで積極的にプロモーションしてる店がまずはターゲットでしょうか。

    アプローチの仕方に関しては、まずは教えていただいた事を忠実に行って、レスポンスを見ながら自分にあったチューニングをしていくということなのかなと考えています。

  • kaoreek様のコメント: 2014年6月18日 11:32 PM

    1
    子供が手足口病になってしまい、看病に追われ
    ようやく見ました。。。

    先方が警戒しない言葉を使うのですね。勉強になりました。

    でも、「取材」いうことで話を進めると、
    「取材のを内容は、いつ、どのような形で公開されるのか」と、突っ込まれはしないのでしょうか?

    また、取材する際は名刺が有るほうがいいんですよね??

    2.3.
    美容系で。
    まだまだ初心者なので、教えて頂いた方法で。

  • 山藤拓哉様のコメント: 2014年6月18日 3:14 PM

    1、取材という切り口はおもしろいと思いました。先方を嫌な気にさせるどころか、中小企業だと特に取材は嬉しいことなので、是非実践させていただきます。

    2、飲食業界。単価4000円ぐらいの飲食店をねらっていこうとおもいます。

    3、ポータルサイトを実際に作る事は可能ですし、もう少し具体的につめていこうと思っています。

  • shota様のコメント: 2014年6月18日 2:45 PM

    1. 斬新な切り口だと思いました。

    2. 士業

    3. 法律や税に関するサイトを立ち上げるので取材に協力してください

  • 松山様のコメント: 2014年6月18日 1:57 PM

    いつもありがとうございます。

    「取材」やばいですね。本当に魔法の言葉だと思います。
    この方法をそのまま使って美容業界に乗り込んでいきます。

    最初はまず教えていただいた通りにやってみます。

    アレンジするのは3ヶ月後です。

  • kosa様のコメント: 2014年6月18日 12:04 PM

    1.「取材」の手法に驚きました。相手側へのアプローチ法も勉強になりました。

    2.チェーンではない飲食店

    3.何度か来店し、取材を申し込む

  • リョータ様のコメント: 2014年6月18日 12:00 PM

    1.このやり方はいいですね!凄いです。他の業種へも応用できそうです。
    2.美容院などいいと思います。
    3.美容業サポート協会の者ということで取材の申し込みを行い、集客の状況について取材したいと思います。それからスマホ集客の可能性について説明したいと思います。

  • 櫻井様のコメント: 2014年6月18日 11:22 AM

    1、私自身、美容室を経営しているのでよくわかりますが、スマホで集客の営業の電話はかなり多いです。
    実際会ってみようと思うことは稀ですね。
    取材という切り口で来る会社も多いですが、会ってみると取材そっちのけです。
    やはり、本当に取材して、そのお礼として教えてあげて提案にもっていくという流れは効果的だと思いました。

    2、初めは同業の美容院と考えていましたが、取材も兼ねていくということでしたら、個人の小さい飲食業をターゲットに絞りたいと思います。

    3、やはり動画で話されていたように、ポータルサイトからチョイスして、今のポータルサイトでの集客の悩みや疑問点などを取材させてください。という感じで入っていくのはどうでしょう。

  • 杉本様のコメント: 2014年6月18日 6:25 AM

    1.取材という手法を使うというのは、驚きました。
      業界を知るということでも、リサーチの役割をもつので、一石二鳥ですね。

    2.ある程度儲かっていそうな飲食店、クリニック関係など
      
    3.まずは動画通りに進めたいです。

      この地域限定のポータルサイトを。。。という切り口は何にでも応用できるので
      使えそうだと思います。

  • てつ様のコメント: 2014年6月17日 9:35 PM

    1 相手のメンタルブロックの外し方は参考になりました.
    2 飲食
    3 松本さんに教えてもらった方法でやりたいと思います.

  • マイス様のコメント: 2014年6月17日 9:25 PM

    いつも素晴らしい動画ありがとうございます。

    1  「取材」という言葉は魔法の言葉だと思いました。営業の仕事も現在よく行っておりますので、さっそく普段の営業活動で実践してみたいと思いました。

    2  飲食店はまず最初に挑戦したいなと思いました。

    3  見込み客を何人か紹介してあげれば、より一層こちらの提案を受け入れていただける予感がしました。

    これからの動画も楽しみにしております。

  • chuchu様のコメント: 2014年6月17日 5:16 PM

    第5回拝見しました。

    「取材」とはとっても意外でした。営業と聞くとこちら側も相手側もつい構えてしまうところがありますが、取材ならそれもなくなりますよね。取材お礼でアドバイスをさせていただいて、その場では名刺や連絡先を渡しておけば、集客に興味がある方であれば連絡をしてきてくれそうですよね!
    私はまずは飲食業界を考えています。
    入り口は王道の「スマホでの集客に興味がありますか?」という投げかけからです。この言葉って何気に説得力ありますよね。変に説明しなくても相手にも意図がすぐ伝わりますし、興味がある人ならすぐに電話は切らないと思います。

  • ken様のコメント: 2014年6月17日 1:59 PM

    1. 「取材」というアプローチの方法は、この動画を拝見するまで全く思い浮かびませんでしたので、「なるほど!!そうか!!」と思いました。

    2. 個人営業の小さな飲食店

    3. 「突然のお電話、申し訳ございません。私は○○サポート協会の○○と申します。この度、個人で営業されている飲食店を応援するサイトを新たに作成するので、もし宜しければ貴店を取材させて頂けませんか?」

  • 三島 啓一様のコメント: 2014年6月17日 11:31 AM

    1:今回の感想

    なるほどと思いました。実は前回のビデオまで見て1件ほど知り合いに話をしてみましたが、自分の知識と相手の知識に本当に驚くほどのギャップがあることに驚きました。こちらはかなり噛み潰して説明しているつもりでも相手にはなかなか伝わらなくて・・・。知り合いだからよりそうなのかもしれないですが。
    今回のビデオをみて営業は全くしたこと無いので不安でしたが取材という名目であれば
    効く事に徹することができるので責めなくていいので相手にも自分にもエコですね。
    是非、試してみようと思います。

    2:どのような業界を狙うか!?

    ネイル業界やスイーツ業界などのスマホを巧みにつかえる若いユーザーが利用している業界をターゲットにしていきたいと思います。

    3:取材の切り口について

    ポータルサイトといわずにストレートにスマホ専用のポータルサイトをつくろうと思うといえば
    スマホ集客に興味をもっているお客様が取材当日までにもしかしたら色々と妄想してくれるかもなんて思いました。

  • まさぶん様のコメント: 2014年6月17日 2:12 AM

    1.○○支援協会と名乗って、怪しまれることはないのでしょうか
    2.個人経営のエステサロン
    3.個人でエステサロンを開業している人や独立を考えている人向けのサイトを立ち上げる計画があるので業界について取材させてほしい。

    取材という切り口はとても素晴らしい着眼点だと思います!

  • kenji様のコメント: 2014年6月17日 12:21 AM

    1.営業と言われるよりも取材と言われるほうが確かに断りづらいな、と思いました。一連の流れも想像しやすかったので実践してみたいと思います。

    2.飲食、美容業界

    3.松本さんが言っておられたことをそのまま実践し、それから自分流にアレンジできればいいかな、と思っております。

  • もひかん様のコメント: 2014年6月17日 12:12 AM

    いつも遅れながらも、動画拝見しています。
    ありがとうございます。

    1、タウンページが出てきたときは、営業電話をと思ってみていくと「取材」と言う警戒心をとく方法には検討もつきませんでした。実践あるのみですね。

    2、ネイルの店舗

    3、ネイリストの採用募集、もしくはお客様獲得するための貴店舗独自の何か方法があるのかを取材させてくだいと言う切り口でいこうと考えています。

  • norari様のコメント: 2014年6月16日 10:00 PM

    いつも素晴らしい講義有り難うございます。

    1)「取材」という言葉には 確かに相手の警戒心を取り除くには効果がありますね。
      私も営業を仕事としていますが、知らないところに飛び込むのはかなり、勇気がいります
      相手がどのように思っているのかと考えると足が竦みます。
      ですが「取材させてください。」にはアポ取りの最初のハードル低くしてくれそうです。

    2)個人店舗の和菓子屋

    3)まずは 客として商品を購入し、お店と商品を応援したいというところから入っていけたらと
      おもいます。

     

  • げん様のコメント: 2014年6月16日 9:26 PM

    今回もありがとうございます。

    取材はいい言い方だなと思いました。
    ただとても不安は大きいです。

    ターゲットの業界は知り合いに美容院を始めた人がいるので、美容院がいいかなと思っているのですが、今その美容院はホットペッパーに頼ってるようです。
    口ではホットペッパーに頼らず広告出せばもっと集客できるよとは言えますが、知り合いということもあり実際はホットペッパーの方がよかったってならないか心配です。
    知り合いももちろん生活をかけていますし。
    スマホサイトは少し前に作ったようです。

    検索されそうなキーワードを調査してもPPCでもホットペッパーが1位で2位が大きな美容院のチェーン店となっていて、クリック単価はとても高そうです。

    ここら辺はどう考えればいいか教えて頂けないでしょうか?

  • えぬえむ様のコメント: 2014年6月16日 8:23 PM

    1、みなさんと同様になりますが、取材という言葉は営業的に物凄く効果が期待できる切り口になると思っています。

    よく考えてみたら、何度か取材の経験もあるのですが、確かに悪い気がしなかった事を思い出しました。

    2、理美容関係で失敗したことがあるので、儲かっていると思われる個人医院、治療院。幼稚園。スマホ集客に興味を持っている中小企業ターゲット。自治体のプロジェクト単位のようなサイト。

    絞込みは必要と思っていますが、多くの業種でいけそうな感じで捉えています。

    3、ポータルサイトを実際に作る事は可能なので、サンプルサイトのような感じで作り、具体的に詰めて見ようと考えています。

  • ペガサス62様のコメント: 2014年6月16日 7:26 PM

    1.感想・・・・・『取材』いいですね。確かにそうですね。
    2.業界・・・・・飲食業界に仲間や友人が何人かいますので
    3.切り口、入り方・・・・・飲食業サポート協会の○○と申します。
                   この度、ポータルサイト立ち上げに伴いまして
                   御社のような優良企業様に現状の把握の意味を込めて
                   取材をさせていただきたいのですがいかがでしょうか?

  • tetu様のコメント: 2014年6月16日 3:53 PM

    こんにちは
    松本様
    いつも、講義ありがとうございます。
    1、感想
    飛び込みは、確かに大変で、決定権者までたどり着くのはかなり大変です。ほとんどたどり着きません。
    決めた業界のタウンページを開き、
    業界の取材をさせてください、と伝え、業界の取材をして、ビジネスモデル、集客の悩みをきき
    取材のお礼として第3回第4回の講義の内容を伝える。
    売り上げの上がる話を聞いたら、社長は気になるだろうな、と思いました。
    アプローチ方法として使ってみたいな、思いました。
    2,業界
     飲食
    3,取材という切り口を使った別のアプローチ
    取材の切り口の前のポータルサイトを作ろうとおもう、というアプローチ以外のアプローチ、今すぐに思いつきません。まずは、教えて貰ったようにやってます。

    いつも、ありがとうございます。

  • けんすけ様のコメント: 2014年6月16日 2:00 PM

    松本先生、いつもありがとうございます。
    以下、エクササイズです。
    step1
    本当に目からウロコと言う感じでした。
    CATVなどの工事トークは聞いたことがあり、
    自分でもアレンジして、使ったことがありますが、
    この方法は数倍破壊力があると思いました。
    step2
    学習塾業界を最初に攻めてゆきたいとおもいます。
    step3
    取材と言う切り口で、かなりいけると思います。

    ここで、質問なのですが、お礼のサイト診断と
    提案の切り分けが今ひとつ よく理解できませんでした。

    お時間があれば、ご説明いただければ幸いです。

    以上よろしくお願い申し上げます。

  • 2人目妊婦@もうすぐ産休様のコメント: 2014年6月16日 1:43 PM

    松本さんら北野さん、こんにちは!

    1:取材の切り口、なるほど〜と思いました。
    私も仕事柄お客様に電話してアポをとることはしているのですが…
    初めて自分で事業をするので、断られたりやな反応はやだなと
    ビビってました!
    しかし、取材で拒否されることはそうそうなさそうですね。
    売り込まれる‼︎とはなかなか思われないでしょうし!
    電話アプローチのハードルが下がりました。

    2:業界としては、美容サロン関連(美容院、ネイル、エステ)狙います

    3:自分なりの切り口としては… 営業口調にならないように心掛けます。
    電話の話口調は、男性オーナー様と女性オーナー様で話し方を変えたり、
    愛嬌で乗り切れたらなぁ…と思います(笑)
    我流でやらず、教わったままをまずはやってみます。
    数を打つことに注力すればどなたかはあたるかなぁと…

  • 大崎 博之様のコメント: 2014年6月16日 12:51 PM

    1. 元ライターなので、取材の切り口が非常に有効なことがよく理解できました。

    2. リラクゼーションのサロン業界

    3. 自分でPC向けサイトは作れるので、セラピストのお悩み解決辞典サイトを作るという流れで取材します。

  • やす様のコメント: 2014年6月16日 12:23 PM

    1)
    早速電話をかけてみましたが、アポとれました。
    正直、電話営業に抵抗がありましたが、
    とても具体的な説明をいただいたので
    スムーズにかけることができました。
    「数打ちゃ当たる」の電話でなく、
    この「取材」という方法はとてもスマートですね。

    2)
    美容業に絞ります

    3)
    お客さんのメリットを考えて、より精度をあげます。
    ぶっちゃけ、まだ不安はありますが、どんどん行動します!

  • yamagami様のコメント: 2014年6月16日 12:20 PM

    松本様

    今回も貴重な講座有難うございます。

    step1
    取材という視点は目から鱗でした
    これであれば、最初の売込みの抵抗感を0に出来るのも
    納得できる内容でした。
    非常に参考になります。

    step2
    飲食業界やネット通販業界です。

    step3
    変に自分の考えを入れずに、教えて頂いた内容をそのまま
    まるパクリで行動するのが一番成功すると思います。

    まずは行動ですね!

  • nomunomukanappe様のコメント: 2014年6月16日 11:23 AM

    1、なるほど〜と思いました。確かに取材と言われると、取材される側としてはその時点で評価されたと思うでしょうし、お互いに話を進めるきっかけとして関係性を築きやすくなるのではないかなと思いました。いやらしくないですね。
    2、飲食業、リラクゼーションサロンなどたくさんあるのでスマホ集客をいち早く取り入れてくれそうな気がします。
    3、私も経験がないので、やるとしたら松本さんの方法から初めて自身をつけていきたいです。何事も行動なるのみとわかってはいますが、0→1を作っていくのは本当に勇気のいる行為だと思っています。
    そんなにうまい話はないだろうと疑心暗鬼になってしまいそうですが、やってみないと結果はでないわけですし、評価にもなりませんもんね。自分にはあとは勇気。
    いままでのお話をしっかりインプットしてアウトプットできるように準備します。

  • ながい様のコメント: 2014年6月16日 11:01 AM

    1.「取材」という切り口で入る、というのはかなり意外でしたが、確かにアポが取りやすそうだと思いました。
    2.整体
    3.まずは動画の通り実践してみてから改良していきたいと思います。

  • mu様のコメント: 2014年6月16日 10:31 AM

    取材という入り方は 素晴らしいです。 これまでは情報をお伝えしているとかアンケートをお願いしているという切り口はありましたが 「取材」という言葉のもつ力には気づいていませんでした。

    アポ取りができるうえに ニーズについてのヒアリングまで自然につなげれるのがいい方法だと思います

    狙いたい業界は飲食業界です。

    地域情報をとりあげた内容をお伝えする活動している○○と申します。

    今度 ポータルサイトを立ち上げるという企画で、という切り口をそのまま使うことができると感じました!

  • 佐藤様のコメント: 2014年6月16日 8:45 AM

    1.取材というのは、マインド的にもいいですね。
      営業というと、心理的負担が大きいですが、
      取材という切り口だったら、アポもとり易いと思います。

    2.狙いたいのは地元の企業、士業です。
      
    3.業界というくくりでなく、地元のくくりで、
      実際にHPを作って、地元の企業、士業の取材をして、
      HPにアップして、アピールしたいと思います。

  • 稲垣義和様のコメント: 2014年6月16日 4:26 AM

    顧客獲得の、ノウハウは、アイデアが色々有り、勉強に成りました。コンサルは、アイデアをいかに使うか、ためになり、自分が、出来るか不安も感じました。

  • ぺじゅん様のコメント: 2014年6月16日 2:58 AM

    1
    「取材」という言葉を使うと警戒心が取れるというのは
    なるほどなぁと思いました。
    提案書の書き方や社長と話す際の言葉遣い、
    社会の基本的な作法などまだまだ覚えることは沢山ありますね(;-;)

    2
    スーパーマーケット業界
    専門学校などの業界

    3
    いつもいつもありがとうございます!

    松本さんが仰ったフレーズを覚え
    まずは経験をしていこうと思います!
    経験していくうちにこうすればもっと関心を抱いて貰えるかも
    というアイディアが浮かんでくると思いますので
    そのアイディアを組み込んでいこうと思います!

    ○○企業サポート協会の名刺を作らなければなりませんね!

  • yanagi-様のコメント: 2014年6月16日 1:36 AM

    1 営業はやった事が無いので感想と言うよりも・・・なるほど!という感じです。
      嘘をついている訳でもないので勉強になりました。

      ただ、最初に名前を○○サポート協会・・・で、いざ契約を取ってともに歩んで
      いくときに○○サポート協会のままでいいのでしょうか??

    2 飲食業

    3 下の方も書いてますが、まずはマニュアル通りにやっていきたいと思います。

  • ユコ様のコメント: 2014年6月15日 10:11 PM

    前回の動画で追いついたと思ったのに、また遅れてしまい・・・

    顧客の獲得方法から伝授してくださるなんて、他とは違った切り口から物事をご覧になっていることに、感服いたします。怖いという気持ちもまだ大きいですが、お客さんとのやり取りも教えていただいたおかげで想像もふくらみワクワク感も増して来ました。

    業界のことを何も知らないので様子を知るためにもアンケートをとって、スマホの集客興味ありますか?と聞いてからだとやりやすいのではないかと考えていたのですが、「取材」のほうが本格的な感じがしますね。

    まずは駅周辺の飲食業界を狙って声をかけてみたいと考えています。

    まず教えていただいたとおりの切り口で入ってみたいと思いますが、最初から、「スマホサイトの集客を始めたので業界のことをいろいろ取材させてください。お礼に集客できるサイトの作り方のコツをアドバイスします」と言ってしまってもいいかなと思いました。いかがでしょうか?

  • クサカ様のコメント: 2014年6月15日 9:30 PM

    1.非常に勉強になりました
    2.まずは治療院系のお店・企業に絞ります。
    3.切り口としては、言われた通りポータルサイト制作で話を進めます。

  • キラリ様のコメント: 2014年6月15日 6:29 PM

    1:取材という切り口でアプローチすれば、アポは取りやすいと思います。

    2:歯医者さん、飲食業界を考えてます。

    3:動画の通りにやってみます。

  • 孝文様のコメント: 2014年6月15日 5:20 PM

    1.タウンページと聞いたときには、片っ端から営業電話をかけるのかと思ってしまいましたが、取材という切り口は盲点でした。話す内容も詳しく説明していただき、具体的にどうすればいいのかよく理解できました。

    2.ターゲットとしては、数も多いので飲食業界を狙いたいです。まずは地元周辺から探してみます。

    3.動画で説明された通りに実践します。目的は集客のためのスマホコンサルティングの受注なので、集客サポート協会で行きたいと思います。名称は業界を入れたほうがいいのでしょうか?

  • フジ様のコメント: 2014年6月15日 5:05 PM

    1.「取材」、、、とても素晴らしい切り口だと思いました。顧客のニーズを明確にして、よりよいサービスを提供するための情報収集としても優れたやり方ですね。
    2.歯科業界
    3.マニュアル通り、.ポータルサイト立ち上げに向けて、現在利用しているポータルサイトのメリット・デメリットなどについて取材してみようと思います。

  • 坂口様のコメント: 2014年6月15日 4:54 PM

    北野様、松本様、いつもありがとうございます。

    【step1】第5回講義の感想や気付き
     「取材(ヒアリング)」というのは目から鱗でした。
     飛び込み営業していた頃を思い出しました。
     あの頃は何の武器もないままでしたので、 
     玉砕の連続でしたが、
     今回のビデオで活路の一端が見えた気がします。

    【step2】最初に狙う「◎◎業界」
     サーフショップ、飲食、工務店、印刷、エステ

    【step3】電話からどういった切り口、入り方をするか
     1)まず、「社長ブログ・いいもの見つけた」
       と言う体で1つサイトを作ります。
       ※デフォルトのWordpressレベルでサクっと作ります。
     2)そこに掲載させてほしいという意向で取材のアポ取り
     3)あとはひたすら突き進む(笑)
     4)その間気づきや学びがあったことは瞬時に反映させていきます。
    ★あくまで「1ユーザーの好奇心から派生した」という感じが出せればいいかなと想ってます!

  • Tom様のコメント: 2014年6月15日 4:38 PM

    1.取材、新しい気づきをもらいました。

    2.ペット業界

    3.動画のマネから入ります。

  • mayumi様のコメント: 2014年6月15日 2:34 PM

    1、うまく考えておられるな~と思いました。実際に取材もするわけですから、だますわけでも嘘をつくわけでもありませんものね。結局は、トップと直接話をできる機会を作れるかどうか、そこですね。
    2、セラピスト業界
    3、まずは、マニュアル通りにやってみて、経験を積みながら、アレンジしてみようと思います。

  • yamato様のコメント: 2014年6月15日 1:31 PM

    1.「取材」から「契約」までの流れがイメージしやすかったです。
    2.整骨院、歯科の業界を考えています。
    3.まずはアドバイス通りに行動してみて、そこからまた考えてみます。

  • flyer様のコメント: 2014年6月15日 11:12 AM

    1) なるほど!と思いました。目の付け所がすごいです。
    2) 飲食業界
    3) 取材アポ ⇒ スマホ動向の紹介 ⇒ 他店の事例紹介 ⇒ 過去の実績紹介 ⇒ クロージ
    ングのようにやってみたいと思います。

  • fumitaka様のコメント: 2014年6月15日 10:08 AM

    1.最近知人の経営者には、「この分野は未経験なので一度勉強させてくれないか」と現場をみさせてもらいましたが、結局中身は取材に近いものになっていたので、「取材」という言葉を初めから使っていけばいいのだと腑に落ちました。

    2.知人に美容院、整体院がいますので、まず、この業界から始めたいと思います。

    3.最初はアレンジを一切せずに、マニュアルに忠実に行動してみたいと思います。

  • はむえもん様のコメント: 2014年6月15日 9:28 AM

    松本さま、北野さま
    いつもありがとうございます。

    1.アポ取りための「取材」という魔法の言葉は、眼からウロコでした。確かに相手を気持ちよくさせる言葉ですね。

    2.当地域は狭い割に、何故か美容サロンと歯科クリニック・治療院が激戦区なので、この2つをメインにします。

    3自分の悪いクセとして、「その取材をとってどうするの?」突っ込まれた時、どう回避するかを考えてしまいました。実際にポータルサイトを立ち上げなくてもクレームは入りませんか?

    • jsma様のコメント: 2014年6月15日 10:00 AM

      はむえもん様、こんにちは、
      松本です!

      うーん・・・
      どう回避するかに頭を使うより、
      どうやって契約するかに頭を使うべきです。
      不安や悩みを追及しているといつまでたっても
      結果はでないと思いますよ。

      他のコメントは見られていますか?
      取材とってポータルサイトを立ち上げなくても
      私は数百件以上契約を結んでいますが、、

      ポータルサイトについては聞かれたことが
      ありません。

      なぜなら?

      ポータルサイトに掲載するのが目的ではないからですね、
      目的は集客すること、スマホサイトをつくることですから、

      少し、焦点がぶれていますよね。

      引き続き頑張っていきましょう!

  • おむむ様のコメント: 2014年6月15日 7:39 AM

    いつもお世話になっております。
    顧客獲得法、拝見しました。

    1.
    「取材」という形でアポを取る、というのは確かに断りづらい方法だと思います。
    ただ、この手法は、今の会社を辞めてからにしたいと考えています。
    外回りの営業さんなら、仕事しながらでも可能でしょうが
    内勤の事務職なので、就業中に電話をかけるのはさすがに厳しいです。
    当然取材をするにも仕事を休んでいかないといけないので…
    ですから当面はこれまで通り「スマホの集客に興味ありますか?」作戦で行きたいと思います。

    2.
    鍼灸整骨院・整体の業界で夜の診察後に会ってもらえそうなところを狙います。

    3.
    文面を考えようと思ったのですが、やはり松本さんの真似をするのが一番の早道だと思うので真似させていただきます。
    その前に、これまでのビデオを何度も見返して、自分の知識を確固たるものにして
    そこで得た情報を受注先に見せられるようにExcelとかで作成してファイルを作ります。
    名刺には新たに『○○業界集客サポート協会』『スマートホン集客コンサルタント』の肩書を加えたものを用意します。

    電話が怖いのはおそらく不安だから。
    不安なのはきっと知識が曖昧だから。
    だから不安を取り除くためにも何度もビデオを見返したいです。

    ちなみに、全7回の講座が終わった後はどのくらいの機関までビデオを見られますか?
    できたら自分のPCにビデオを保存して何度でも見返せるようにしたいのですが…

    • jsma様のコメント: 2014年6月15日 10:03 AM

      おむむ様、こんにちは、
      松本です!

      電話が恐い、不安で知識が無い、
      何度もビデオを見たとしても、、

      おそらく悩みは解決されないと思いますよ、

      まずは電話してみる。
      失敗してもいいじゃないですか。

      その何秒かの電話は、数百回見る動画よりも、
      勉強になりますし、記憶することができますよ!!

      まずは、動画を見直すのも必要ですが、
      行動して失敗してもいいので、まず電話したり
      声をかけてみることが大事ですね!

      頑張っていきましょう、いつも応援していますよ!

  • ルチル様のコメント: 2014年6月15日 4:04 AM

    step1
    今日のビデオを見ての感想や気付き、
    疑問点や質問があればお書きください。
    (※全ての質問にお答えするわけではありませんが、
    次回以降のビデオ作成の参考にさせていただきます。)

    すごいとかなるほどなあ
    と感心しました。

    今はまだまだ聞いても素直に抵抗感ありますが
    動画そのままを練習して自信つけてのぞみたいと思います。

    自信のなさが態度に出ないように(笑)

    動くしかありません。

    step2
    今回のビデオでお伝えした、
    最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。

    美容業界   美容室+エステ

    step3
    電話からどういった切り口、入り方を
    していくか具体的にお書きください。

    100%コピー動画のとおり見て練習します。いつもありがとうございます。

  • yuuki様のコメント: 2014年6月15日 1:36 AM

    1.取材の申込から提案までが、具体的で分かりやすかったです。
     他の仕事をしながらだと、電話をかけたり、取材をするのは
     少し難しいかなと思います。

    2.飲食店

    3.女性のためのポータルサイトの取材→集客の話へ
     できるだけ自然に、スマホサイトの話ができたらいいのですが。

    • jsma様のコメント: 2014年6月15日 10:06 AM

      yuuki様、こんにちは、
      松本です!

      できるだけ自然に。

      これは、すぐにできますよ!
      友達にスマホコンサルの話をするときのように、
      ごく自然に話すようにしてくださいね。

      営業営業を意識しないで、難しく考えず、
      ありのままのyuuki様を出していくだけで、
      契約はとれてしまいますよ。

      誰もが同じトークをする営業よりも、
      ごく自然でyuuki様らしい、素直な状態で話す
      方が、相手の方には好印象に残りますよ。

      まず、第一歩。
      頑張っていきましょう!

  • yoshi様のコメント: 2014年6月15日 12:40 AM

    1.取材というのはなるほど!と思いました。
    2.美容室業界
    3.まずは取材の切り口で始めたいと思います!

  • Tosshi様のコメント: 2014年6月15日 12:10 AM

    1.「取材」の切り口は、思いつかなかったです。
      すごくわかりやすく勉強になりました。
      わたしが住んでいるところは、田舎なので、この動画を見た
      〇〇企業サポート協会の方がいっぱい出てきそうです。
    2.美容業界

    3.動画のPVも絡めてみても面白いと思います。

  • miyazaki様のコメント: 2014年6月15日 12:08 AM

    1、取材…というのは気が付きませんでした
    なるほどな~実行してみようと思います。

    2、歯医者か美容院
    沢山有るので攻めやすく、1度サイトやPPC広告を作ると再現性が有るので交渉もしやすくなるから

    3、他の切り口…なかなか難しくこれはと言うのが思い付かないので思い付いたらまたコメントしたいと思います。

  • take様のコメント: 2014年6月14日 11:37 PM

    松本様  北野様
    いつもありがとうございます。

    「取材」!!素晴らしい切り口ですね。
    とにかく、ゼロイチに向けてやってみます。

    質問1・私の住んでいる地域には、すでにスマホコンサル(たぶん1期生の方だと思います。その他にもいらっしゃるのかもしれませんが)の方がいらっしゃいますが、東京に比べるとそんなに商圏は大きくないので電話をする業種が万が一かぶっちゃっても大丈夫でしょうか?

    質問2・提案書(見積書になるんですかね?)の内容がわかりません。出来ればその辺を動画等でアップしていただけるなら嬉しいです。

    よろしくお願い致します。

  • えいこ様のコメント: 2014年6月14日 11:28 PM

    松本様こんばんは
    5回目の動画、これだったらついつい契約しちゃうよなあと思いながら見させていただきました。
    1・「取材」という電話はよくかかってきます。最初の切り口がいかに心を開いてもらえるかが決まってくると感じました。
    2・美容院・治療院 業界
    3・松本さんの動画を丸暗記させていただきます。なれたらアレンジできると思います。ありがとうございました。

    • jsma様のコメント: 2014年6月15日 12:35 AM

      えいこ様、こんばんは、
      松本です!

      是非、丸暗記してください!
      本当に私の話している内容を
      一字一句覚える覚悟でいけば

      まず間違いないですね!
      まずは私の通りに実践して1件をとれれば
      安定的に月収50万円は余裕ですよ。

      誰も真似しようとしてくれないのですが・・・
      過去に真似された方は、ここでは言えないくらい
      数字を結果で出されていますよ。

      それから、オリジナルにアレンジしていきましょう!
      頑張っていきましょう!

  • やまざる様のコメント: 2014年6月14日 11:24 PM

    1.「取材」とは目から鱗です。
    取材とは雑誌やTVのイメージが強いですが、WEB上やSNSで発信する為の取材もありますもんね。

    2.美容、ペット、飲食、など最初からおっしゃってた場所を考えていたのですが、やはり他の方のコメントから見ても多いので、自分はその中でも少し異なる場所を模索中です。
    ペット葬儀関係やアパレル関係を検討中です。

    3あくまでも取材を前面に押し出し、その中で悩みや共感を引き出していきたいです。

  • ぴゅあ様のコメント: 2014年6月14日 11:21 PM

    1.「取材」ですか。私はテレビや雑誌、セミナーなどで素晴らしい取組をしている企業を知ったとき、より詳しく知りたくて本当に取材目的で取材したことが5~6回あります。断られたことは一度もありませんでした。それが顧客獲得目的で使えるとは思ってもみませんでした。勉強になりました。

    2.鍼灸整骨院、リラクゼーションサロンなどはどうでしょう。結構多く見かけますので競争が激しい業界ではないかと思います。

    3.業界の状況、自社の集客の取り組み内容、差別化ポイントなどをお聞きして困っている点、悩みなどが出てくれば、解決策としてどういう戦略が効果的なのかアドバイスをします。そこからスマホ集客法につなげていければと思います。

  • 松井様のコメント: 2014年6月14日 11:13 PM

    STEP 1
    分かり易い解説で、動画に吸い込まれていっています。
    STEP 2
    定食屋、喫茶店等、中規模程度の飲食業界
    STEP 3
    スマートフォンを使ってクーポン券等の配布をして見ませんか?

  • zein様のコメント: 2014年6月14日 11:07 PM

    取材という切り口は素晴らしいですね。

    飲食業界

    実際にポータルサイトを作るべきだと感じました。

    なので、電話で掲載させていただきますと伝えて、更に効率よく出来ると思いました。

  • どんぐり様のコメント: 2014年6月14日 9:52 PM

    以前テレアポに苦悩させられた時代があり正直電話か~と思いました。が、「取材」というワードならば自分自身が感じるテレアポに関する不信感が薄まりました。テレアポ講座を受けていたので、松本さんの切り口と掛け合わせてみようと思いました。まさかこんなところで、テレアポ講座が役に立つとは思っていませんでしたが(笑)

    業界ですが、前回のコメントでは知り合いの士業を狙うということでしたが、「取材」という形の切り口ならば少し自分自身でも業界の知識や繋がりのあるアダルト業界を攻めてみようと思っています。

    こんにちは、●●サポートプロ どんぐりと申します。
    実は業界の新しいポータルサイトの企画で●●区の店舗さんを中心に取材させて頂いてます。といった切り口でいこうと思います。

  • こうじ様のコメント: 2014年6月14日 9:44 PM

    取材をさせて下さいとの入り方はなるほどと感じました。
    見ず知らずの人からのましてや顔も見えない相手からの営業という入りはハードルが高いです。
    この言い回しは是非チャレンジしてみます。

    検索頻度からまたクライアントニーズの多さで飲食業界、美容業界から入って0→1へと持っていきたいと思います。

    一度も経験がないのでまずは松本さんの言われたやり方でやります。
    そこから自分なりのアレンジで繋げていければと思います。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 9:59 PM

      こうじ様、こんばんは、
      松本です!

      取材、是非使ってくださいね!
      もしも、こうじ様がいきなり取材させてください!
      とこられたら、しかも取材するのも無料なので
      断る理由がないですよね。

      そうですね、このスマホ起業プログラムの内容、
      つまり、私が話していることをそのまま真似して
      教えてあげれば、かならずコンサルを契約する
      ことができますよ。

      内容もそうですが、話し方も真似してもらえれば
      まず間違いなくゼロイチは楽勝だと思いますよ!

      引き続き頑張っていきましょう!

  • 金村京呼様のコメント: 2014年6月14日 8:12 PM

    1、確かに取材と言われると営業と思われませんね。
      アポとりから情報まで聞いてお礼にサイトアドバイスからスマホ集客の提案までの流れで
      いけるんですね!すごいです。
    2、美容・エステ業界
    3、松本さんのまねをします。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 10:01 PM

      金村京呼様、こんばんは、
      松本です!

      是非、真似してください!
      美容やエステ業界は、まだまだ
      スマホサイトになっていない会社が多数あります。

      そこを見つけて、メールや声をかけるだけで、
      たったそれだけ、数秒の【声かけ】で契約が結べて
      7つの収入の柱を確立することができますよ!

      頑張っていきましょう!

  • Akio様のコメント: 2014年6月14日 6:03 PM

    1.「取材」という切り込みはすばらしいと思いますが、こちらの肩書きやそれに基づく取材内容の決定が重要ですね。

    2.美容院、ギフトショップ

    3.困っていることやこれからやりたいと思っていることを聴いて、相談に乗りたいと思います。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 10:03 PM

      Akio様、こんばんは、
      松本です!

      美容院、ギフトショップいいですね、
      そこで、「困っていること」「痛みや恐怖」を
      聞くことは非常に大事ですよね、

      その困っている原因にはかならず価格や
      集客の問題が浮上してきますから、
      そこで「スマホコンサルタント」をやっているのですが・・・

      という切り口で入れば必ず契約に結び付きますよ、
      悩みや不安をスイッチさせてスマホサイトの話で
      集客にもっていけばいいと思います!

      引き続き頑張っていきましょう!

  • kematsu様のコメント: 2014年6月14日 5:28 PM

    松本様

    お世話になっております。
    第5回目のビデオありがとうございました。

    ステップ1
    まさに顧客獲得は集客です。どの会社や商売でも頭を悩ませる分野です。営業をしてきた私にとっては、特に、知名度も実績もない会社が如何にお客を獲得していくのか、頭を悩まされました。特に昨今は、ピンポイントで名前がわからなければ電話は取り次いでもらえないでしょうし、仮に名前がわかっても営業電話だと断られるケースが殆どです。取材を糸口にするというアイデアは面白いかもしれません。また、スマホコンサルはそれが比較的やりやすいのかもしれません。試してみたいと思います。

    ステップ2
    まずは教育系(社会人学習、啓発系)が面白いと思います。

    ステップ3
    社会人教育の分野はまさに集客で悩まれている分野かと思います。また、既存客のリピート化も必要かと思います。(実際に話していませんので、実際の状況はわかりませんが・・・)。
    この分野は既にポータルサイトもいくつかありますので、新たなポータルサイトの話は取材と言えども乗ってこないかましれません。そこで、既にあるポータルからあたりをつけ、現状のポータルサイトの状況を第三者的立場からヒアリングし、その効果や現状、改善点を調査し、業界でのより効果的な宣伝、集客サイトのあり方を問うため取材がしたいと申込み、アポを取ってみたいと思います。アポから実際に会ってどう話すかは、ストーリの組み立てが必要かと思いますが、もし現状のポータルで不満があり、集客に困っていることが“取材”で分かれば、その後の話にはつなげやすいのではないでしょうか。

    よろしくお願いいたします。
    Kematsu

  • jin様のコメント: 2014年6月14日 5:12 PM

    「取材」とはまさに目から鱗でした。マジックワードですね。

    美容業界、歯科医業界、工務店まどをターゲットにするでしょう。

    あくまでも「取材」というスタンスで。こちらのマインドも気軽にいかないと営業色が出てしまいそうなので注意が必要かと。

  • おおしま様のコメント: 2014年6月14日 5:11 PM

    ビデオでの講義、ありがとうございました。

    ステップ1

    昔営業の仕事をやっていた時、先輩がタウンページを使っているのを見て、こんな使い方があるんだ、というのを思い出しました。それで、スマホ集客に向いている業種などのリストアップに使いました。

    また、社長が話し好きというのも、聞いたことがあって、知り合いのセミナー講師と業界の取材名目で対談させて動画のコンテンツを作ったら面白いな、というのも考えてました。

    けれども、この組み合わせで営業する、というのは思いつきませんでした。かなり使えるアイデアですね。

    ステップ2

    最初に狙う業界ですが、現在、特に決めていません。が、工務店か、ペット業界にしようかなと考えています。

    ステップ3

    松本さんが話されたとおりでいこうかと思っています。

    「ポータルサイトを立ち上げようと思っているが、今お使いのポータルサイトについての悩みや不安などを取材したい」

    あるいは、

    「業界向けに(集客用の)新しい商品やサービスを考えているので取材したい」

    などです。使いながら、反応のいいものにしていこうかなと思っています。

  • はち様のコメント: 2014年6月14日 4:19 PM

    取材という入り方は 目からうろこでした
    これまでも 情報をお伝えしている とか アンケートをお願いしているという切り口は使っていましたが 「取材」という言葉のもつ破壊力には気づいていませんでした

    アポ取りができるうえに ニーズについてのヒアリングまで自然につなげれるのが秀逸だと思います

    狙いたい業界は 美容業界 と 飲食業界です

    地域情報をとりあげたブログのライターを副業でしていますので 自然な形で  ○○ブログのライターとして活動している はちと申します

    今度 ポータルサイトを立ち上げるという企画が持ち上がり… という切り口をそのまま使うことができると感じました!

  • 山下様のコメント: 2014年6月14日 4:11 PM

    1.取材という観点は勉強になりました。
    架空の協会に関しての対応はどうしてたのか
    気になります。

    2.美容院・サロン・エステ

    3.マニュアルどおりに実践したいと思います

  • sun様のコメント: 2014年6月14日 2:44 PM

    「取材」はまさに魔法の言葉ですね。過去に私も営業の経験があるので、ビデオを見ながら関心してしまいました。 「この流れは自然だな」と思いました。

    ただ、本当に私がポータルサイトの集客をしている人間だという「証拠」が必要だと思いました。口八丁手八丁でそんなに簡単に相手は信用してくれるのでしょうか?
    まして、全7回のビデオを聞いただけの素人が。 
    また営業する業界についてもある程度勉強しとかないとダメですよね? 
    例えば歯医者のビジネスモデル、業界の話をするときに「この人この業界について何にも知らないのでは?」と思われたりしないように準備が必要だと思います。
    それなりの準備もしないでいきなり行ってこの話をするだけで契約できるとは考え難いです。

    業界は「士業」を考えています。

    電話ではビデオどおりに「取材させていただきたい」という切り口で話をします。
    まずはお手本どおりにやるという事が大事だと思います。

  • とも様のコメント: 2014年6月14日 2:28 PM

    1.「取材」というキーワードを使うという発想は、ありませんでした。
    これなら、相手に不快感を与えない営業ができますね。
    顧客獲得の時のクレームで、多くの人は心が折れてしまうと思うので、これは画期的なアイディアですね。

    2.インテリア業界を狙いたいと思います。

    3.松本さんのやり方を、最初は徹底的に真似、徐々に守・破・離していきたいと思います。

  • 竹田貞芳様のコメント: 2014年6月14日 2:21 PM

    サワリだけかもしれないのに、衝撃的です。
    1.ただ単にスマホで集客しませんか。だけでも依頼だくると感じます、
    さらにこんな集客の方法があるのか、驚きです。
    取材でアポを取るのはよいと思います。
    取材した結果はお伝えするのですか。
    または無視をしてしまうのでしょうか。

    2.ネールサロンなんかもチェーン展開していますので、どうかなと考えています。

    3.まずは松本式で社長にアポを取ります。そして友達の女性と一緒にサロンに行って
    待っている時に、スマホの集客を促す。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 5:06 PM

      竹田貞芳様、こんばんは、
      松本です!

      そうですね!ほんと私の真似をしていただくのが
      一番最速で契約を結べてしまいます!

      本日も、
      「契約とれました!」と連絡を頂いた方も、
      松本さんの言ったことをそのまま真似して
      やったら、すんなり取れてしまいました!!!

      とメールがきました。
      本当に、早く行動してしまえば結果はでます、
      後から行動して後悔するよりも、早く行動した
      方が私はいいと思いますよ!

      引き続き一緒に頑張っていきましょう!

  • kk様のコメント: 2014年6月14日 2:19 PM

    1.出版社にいたので、無料取材と広告営業ではクライアントの対応が確かに違います。実践してみます。取材時は○○サポート協会の名刺等を持って行くべきなのでしょうか?
    2.飲食店
    3.業界を盛り上げるポータルサイト作成のためで行こうと思います。地方のポータルサイトは、マンネリ化しているように感じるので。

  • 坂井様のコメント: 2014年6月14日 1:34 PM

    テレマの受付突破のトークとしてはいいフレーズだと思いました。
    士業がいいかと思います。
    具体的な部分は取材の中から見出していくのかなと思いました。

  • ひの様のコメント: 2014年6月14日 1:03 PM

    いつもありがとうございます。
    1.すごいですねー。なるほどと思わせられるお話で本当に勉強になります。そのような柔軟な思がどうやったら身につくのか。。。なんて思いました。

    ポータルサイトを立ち上げるという持って行き方をすると、そのサイトに載せてくれるのか?と聞かれそう。。。
    取材のお礼にサイト診断して提案までこぎつけようとした場合、あなたの作ったサイトを見せてください。と言われそう。。。

    その時点では、まだ0→1になっていないので、まだ0の状態ですよね。。。

    そのあたりの信用度はどうするのか疑問に思いました。

    2.取り組む業界が絞りきれません。どれも詳しくなく決めきれない感じです。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 2:15 PM

      ひの様、こんにちは、
      松本です!

      不安が大きいのはわかります。
      私も最初は全く同じ心境でしたね・・・

      最初が一番勇気がいりますが、
      取材を終えると、なぜもっと早くやらなかったんだ、
      と後悔してしまうと思いますよ!

      つくったサイトみせてとも言われたこともないですし、
      実際、スマホコンサルタントはどの業界でも今、
      最も求められていますので、取材をする時点でかなり
      相手の方からは好印象になっています。

      自信をもって、まず1件目の取材をして頂きたいと思います!
      頑張っていきましょう!

  • 瀬良様のコメント: 2014年6月14日 12:36 PM

    1.取材という発想は本当に驚きました!
    それなら確かにアポまで行くことは出来そうです。そこからの取材の内容や用意する物(名刺など)あるのかをもう少し具体的に知りたいです。

    2.個人でやってる飲食店か僕の住む市は日本一、人口に対しての美容院の数が多いと聞いたことがあるのでその辺りを狙いたいです。

    3.まずは動画で教えていただいた通りにやりたいので、より詳しく知りたいです。

  • 糸賀誠様のコメント: 2014年6月14日 12:21 PM

    1.実際に業務知識を得なければいけないので、取材は一石二鳥ですね
    2.飲食
    3.ある程度、やる気があるか、ないかを見定めてから対面したいですね。

  • Shirax様のコメント: 2014年6月14日 12:02 PM

    1) 「取材」は、結構、有料の記事型広告で、営業の電話がかかってきますが、
     無料の取材ということで、うまく言えば、たしかにいけそうですね。

    2) 地元の地域に特化したいと思います。

    3) 言い方を詐欺師に聞こえないように練習したいと思います。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 2:21 PM

      Shirax様、こんにちは、
      松本です!

      詐欺師に聞こえないように・・・
      とありますが、そのような考えは一切必要ありませんよ、

      スマホコンサルタントとして、
      営業営業せずに、スマホで集客をしてみませんか?
      という切り口、取材というテクニックで世間話をする
      感じでお伝え頂いたらいいと思いますよ。

      御願いする側ではなく、お願いされる側になると
      思いますので。

      是非、引き続き一緒に頑張っていきましょう!

  • 森田 敏裕様のコメント: 2014年6月14日 11:56 AM

    1)ポータルサイトと”取材”のお話は凄く納得できました。確かにメンタルブロックがはずれそうです。
    2)雑貨業界
    3)松本さんが言われる方法でやってみます。

  • 蝦名眞一様のコメント: 2014年6月14日 11:36 AM

    1、タウンページを使う方法は時々聞いていましたが、取材という方法は、いいですネ。取材とは全くそのような発想がありませんでした。でもなんか怖い感じがします。

    2、気になる業界を狙っていきたいと思いますが、決まっていません。

    3、動画を何度も見てものにしたいと思います。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 2:23 PM

      蝦名眞一様、こんにちは、
      松本です!

      【動画を何度も見てものにする】

      これは非常に重要です。

      話し方がわからない、営業が苦手です・・・
      という方が他のコメントでも言われていますが

      私が動画で話してい事を全て真似して頂いて
      かまいませんからね、私の真似をしてそのまま
      伝えていただければ契約できない訳がありませんよ。

      頑張っていきましょう!

  • ソーメン様のコメント: 2014年6月14日 11:29 AM

    1)単なる営業と違って「取材」ということであれば、
    相手に話を聞いてもらいやすいと思いました、なるほど。
    具体的に「取材」から、コンサル受注をどうやるか詳しく知りたいです。

    2)取材から入るのであれば、「飲食業」が良いのではと思いました。

    3)松本さんの云われる通り、協会を作ってポータルサイトでやいたいと思います。

  • 塚田様のコメント: 2014年6月14日 10:58 AM

    1.地道な飛び込みを想像していましたが、なるほど、サイト作成という道具だけでなく集客の段階から戦略的に一貫して考えられていると、勉強になりました。
    2.外食産業、スーパー
    3.悩んでいる事、改善したい事、困っている事のアンケートを取る。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 2:26 PM

      塚田様、こんにちは、
      松本です!

      そのアンケートは非常に大事ですね、
      相手の方、業界で困っていることを聞き出せたら
      それを解決してあげることですが、、、

      が、しかし・・・

      スマホコンサルタント以外の問題がでてくるかもですね、
      まずはこちらで提案することは、スマホサイトと集客です。
      まず、それに沿った不安や悩みを聞き出していきましょう!

  • franci様のコメント: 2014年6月14日 10:42 AM

    ①今日のビデオを見ての感想や気付き

    私は販売をしています。お客様に商品の事ばかり伝えると警戒されなかなか購買にはつながりません。ファーストアプローチはお客様に興味を持ち付けているものや持っているもの着ているお洋服など褒めます☆するとお客様は私に興味を持ってくださり信頼関係がうまれます。その日の購買だけでなく、またご来店してくださる方もいらっしゃいます。
    ビデオをみて、営業も一緒なんだ☆★と思いました。
    【営業と販売】
    ①取材→お客様に興味を持っていると意思表示。
    ②褒める→褒める
    ③お礼に知識教える→お礼に体型悩み聞きその人に合ったスタイリングが出来るコツを教える
    私にも出来そうな気がしました☆

    ②今回のビデオでお伝えした、
    最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。

    ファッション関係、美容関係を狙いたいですが、まずは知り合いの飲食店。

    ③電話からどういった切り口、入り方を
    していくか具体的にお書きください。

    実際に店に行き、感想を添えて取材をしたいと伝える。
    ○○企業サポート協会の○○と申します。
    お忙しいところ〜
    :
    ○○のポータルサイトを立ち上げようと考えておりまして取材をさせて頂きたくお電話させて頂きました。
    先日or○月○日に御社のお店○○で○○して頂いたのですがとても対応が良く、○○もとても気に入りました☆
    是非、○○を聞かせていただきたいのですが。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 2:29 PM

      franci様、こんにちは、
      松本です!

      いい感じの文章なんですが、
      すごく固いですよね・・・

      私だったら、うーんとなってしまいます。
      franci様が言われてワクワクするような
      トークを心掛けてみてくださいね。

      世間話で友達や家族と話をするときは、
      緊張感もなく、自然に笑えたりしますよね、

      そういうイメージで相手を思いやって話す
      トークをつくると非常に好印象で、
      すぐに取材がとることができますよ!

      基本は元気よく!ですね!
      頑張っていきましょう!

  • ゆき様のコメント: 2014年6月14日 10:33 AM

    1.「取材」というフレーズには目から鱗でした。これであればアポがとれそうな気がしました。
    2.狙う優先度として、美容室、士業、個人経営の飲食店
    3.地域密着のポータルサイトを作るという名目で、各業界の現状を知る、という目的でアポをとろうと思います。

  • jyf様のコメント: 2014年6月14日 10:24 AM

    1.取材の結果をどう使うのか、どこに公開するのについては、経営者のかたにどう説明すればいいのでしょうか?
    2.サービス業(自分で物を持たない業種)
    3.この業界に役に立つ事業を立ち上げるためにこの業界の研究をしてます、業界についてお話を聞かせてくれませんか?

  • yashi様のコメント: 2014年6月14日 10:16 AM

    1.「取材」とはよく考えたものだなと思いました。これなら、間違いなくアポが取れますね。私も何度か本当に「取材」を申し込んだことがありますが、まったくノーマークで入り込めました。

    2.高級飲食店、あるいはこだわりを持っている飲食店

    3.富裕層の会員組織『〇〇グルメの会』というセッティングで入り込みます。「富裕層のお客様に喜んでもらえるレストランを探しているのですが、お客様のお一人から御社のことをお伺いしました。よろしければ少し取材をさせていただけないでしょうか」、という感じでアタックします。

  • tomo様のコメント: 2014年6月14日 5:10 AM

    取材という方法を使うとは思いつかなかったです。
    素直に試して行きたいと思います。

    取材のお礼にスマホ集客の話に結び付けて行くわけですね、僕としては過去美容師をしていたことがあるので、美容業界等に挑戦して行こうと思いますが前回調べた時もホットペッパーへ出してるとこが多かった印象があります。

    後は知人の店舗経営者さんの紹介とか考えてます。

    取材のポイントは

    ①業界について
    ②お店のビジネスモデルやアピールポイン
    ③集客方法とそのメリットデメリットについて
    その流れから取材のお礼としてスマホ集客についてお得な情報があるのでアドバイスさせて頂きませんか?と3~4の知識を説明する。 もしくはスマホで集客興味ないかを尋ねる。

    名刺なのですが、スマホ集客サポート協会という名目はいかがなのでしょうか?
    美容業界サポート協会とかのがいいのでしょうか?

    一般社団法人日本スマートホオン協会には入れるのでしょうか?

    正直名刺が必要ない感じの仕事しているのでその辺もよくわからなくて・・

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 4:14 PM

      tomo様、こんにちは、
      松本です!

      日本スマートフォンマーケティング協会については
      意見も多数ありますので、月末にセミナーを開催しようと
      北野さんと話しています。

      名刺も簡単に、スマホコンサルタント、
      美容業界集客サポート協会
      などの肩書だけオッケーですよ!

      引き続き頑張っていきましょう!

  • TANIGUCHI様のコメント: 2014年6月14日 4:46 AM

    1.タウンページを活用し取材という手があったんですね。

    2.飲食業、理容業

    3.電話するところのサイトを確認し、スマホコンサル対象かを確認して、動画のようなやり方で試す。

  • 大伴 勲様のコメント: 2014年6月14日 3:53 AM

    とても勉強に、なりました
    営業経験が、ない、もともとは、職人です
    教わったことを、素直に、実戦して行きます

    狙う業界は、飲食店です

    具体的には、ポータルサイトもしくは飲食店向け求人誌から、電話のアポ
    そして、キーワードの「取材」で、行きます
    ポイントにおくところは、ヒヤリングてす

  • コバヤシ様のコメント: 2014年6月14日 3:49 AM

    自営業の私も、営業なら断りますが、取材なら喜んで応じます。目からウロコでした。ただ、ポータルサイトを作ろうとしている協会員という顔とスマホコンサルタントという顔との整合性をどう付けるか、自分の協会について逆に質問されたらどう答えればいいのか、考える必要を感じました。アタマが冴えていないといけないなと思いました。

    音楽教室をと思っていましたが、宣伝に資金を割く事の出来る教室がほとんど無いようで、路線変更するべきか悩んでいる所です。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 4:51 PM

      コバヤシ様、こんばんは、
      松本です!

      そうですね、資金がなければ仕方ないですね、
      という言い訳かもしれないなと思いました。

      もしくは、状況がわからないですが、
      集客に困っていないか、現状に満足しているか
      でしたら、次のお店を探しましょう。

      いつまでも、ひとつだけに絞って行動するよりも、
      士業など、もっと他のコメントを参考にしていただければ
      と思います。

      いっぱい集客やスマホサイトにできなくて、
      困っている業種、店舗ビジネスの方々はおられます。

      引き続き頑張っていきましょう!

      あ、そうですね、逆に質問されたとしても、
      〇〇協会というのも、集客サポート協会にして頂いて、
      スマホを結びつけるということですよ?

      全く関係のないことを結びつけないようにしてくださいね、
      あくまでも【7つの収入の柱】を獲得するのが私たちの
      最終ゴールですからね!

  • YURI様のコメント: 2014年6月14日 2:37 AM

    松本様

    いつもありがとうございます。
    第5回『顧客獲得篇』の動画拝見致しました。
    顧客獲得に使うものがタウンページとポータルサイトで、取材という方法を用いると聞いて驚きました。
    そして、取材なんて自分に出来るのか?名刺はどうなる?⚪︎⚪︎企業サポート協会の⚪︎⚪︎と名乗ってポータルサイトの立ち上げで取材に行って、スマホサイトの契約までいったとしても、ポータルサイトはどうなった?と聞かれた時の対応は?などいろいろ細かい事が頭の中を一気に駆け巡りました。
    心配ばかりしててもしょうがないですよね。

    業種は、飲食と美容院にします。

    まずは、私はやはり知り合いの飲食をやってらっしゃる方や、美容院をやってらっしゃる方に単純バージョンの『スマホの集客に興味ありますか?』から声がけして行きたいと思います。
    そして、スマホコンサルタントとして自信がついて来たら、取材も取り入れてやってみます。
    せっかく教えて頂いた素晴らしい顧客獲得方、自分のものにして自分のやりやすい方法を見つけていければなと思ってます。

    今回も分かりやすい動画ありがとうございました。
    今後とも宜しくお願い致します。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 4:17 PM

      YURI様、こんにちは、
      松本です!

      ポータルサイトのことは気にしなくて大丈夫ですよ、
      私もクライアントの方に、ポータルサイト見せて下さい!
      と言われたことがありませんからね。

      業種を絞れていますので、そろそろ活動していきましょう!
      いつも応援していますよ!

  • MY様のコメント: 2014年6月14日 2:36 AM

    1)プロのライターなので、“取材”には少し驚きました。
    契約のための方便だと考えると、正直、割り切りが必要と感じます。
    まあ「取材→メディア掲載のため」ではなく、業界リサーチや情報収集のためにも取材することはあるので、その方向ですね。
    先方に「何かに掲載されるのか」と尋ねられたら「集客アップを目的にしたリサーチのため」と答えておけばいいかもしれません。
    2)クリニック、ダンススタジオ
    3)協会って法人格じゃなければ、とくに設立申請とか必要なかったですよね。
    ですけど、スマホサイトで業界のポータルを自分で立ち上げる(いくつかクライアントがとれれば)つもりなら、むしろおもしろいというか。
    電話では、集客アップの新しいビジネスモデル構築のため、地域で評判のいい御社から参考のためにお話を伺いたい・・・という感じでしょうか。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 4:20 PM

      MY様、こんにちは、
      松本です!

      ライターさんなんですね!
      過去に日本スマートフォンマーケティング協会
      におられる認定コンサルタントの方もライターを
      されていて大成功されている方がいます。
      いまでは、私たちと業務提携しているほどです!

      ライターさんであれば、コピーは全く問題ないと
      思いますので、スマホコンサルタントの社会的地位を
      上手く発揮して頂ければすぐに契約ができますよね!

      引き続き頑張っていきましょう!

  • ぽん様のコメント: 2014年6月14日 2:32 AM

    1. 動画ありがとうございます。

    2. 飲食系。

    3. 今回の動画を参考にしたいと思います。

  • のだ様のコメント: 2014年6月14日 1:55 AM

    1.まったく想像していなかった手法に、驚きました。松本さんのような柔軟な発想ができるように、普段から意識して考えておかないといけないなと感じました。さっそく試してみたいです。

    2.最初は、美容院やエステサロンで考えています。

    3.動画で言われていた内容を、そのまま使ってみたいと思っています。

  • 金谷誠子様のコメント: 2014年6月14日 1:07 AM

    1.今日のビデオを見ての感想や気付き、疑問点や・・・
     タウンページやポータルサイトで「取材」という名目でのテレアポ、凄い発想だと思いました。
    初めに松本さんが、「業界を一つに絞る」という意味が、やっとわかってきました。
    業界のことがわからなければ、本当にお客様に喜んでもらえるサイトはできませんよね。
    もうすぐオーダーした名刺が届くので、臆せず、まず一本、テレアポを取ってみます。

    2.今回のビデオでお伝えした、最初に狙う「◎◎業界」・・・
     和食業界

    3.電話からどういった切り口、入り方をしていくか・・・
     私し、「和食グローバル化サポート協会」の、金谷と申します。
    じつは今回お電話させてさせて頂いたのは、和食は健康に良いということが国内外で広まっており、2020年の東京オリンピックには沢山の外国人のお客様が来日されるということで、この機会に、日本の文化の和食について、ポータルサイトを媒介として紹介しようという活動をしております。
    大変お忙しいとは思いますが、そちらの代表者様にお会いして、創業への道のりや和食についてのポリシー、ご自身の最終目標など取材させて頂きたいのですが、1~2時間ほどお時間作って頂けませんでしょうか。

    こんな感じで如何でしょうか?
    よろしくお願いします。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 4:28 PM

      金谷誠子様、こんにちは、
      松本です!

      和食グローバル化サポート協会・・・
      もっと掘り下げた方がいいですね、

      実際見た瞬間、聞いた瞬間に何をやって人なのかが、
      全く見えなかったり、頭に?が浮かびそうですよね。

      和食店集客サポート協会などでしたら、
      あぁ、集客をサポートしてくれる協会なんだとすぐわかりますよね。

      グローバル化となると、いったいなんの職業なの?
      となりますからね、

      もっと掘り下げていきましょう!

  • なお様のコメント: 2014年6月14日 12:32 AM

    気付きと言うか、松本さんの指が長くて綺麗な指だなぁと
    思いました。

    取材と言う視点は無かったので、素晴らしい
    発想だと思います。

    言い方や言葉遣い等練習をして、

    自分のものにすれば、アポの確率は確実に上がりますね。

    まだ業種が定まって無いのですが、
    知人にアートフラワー教室を経営してる方がいるので、興味を持ちつつ

    ポータルサイトから探して見ようと思っています。

    飲食でもbarなどに限定をしてみようと思っています
    エリア&barの検索に
    プレミアポジションに広告のでない&
    ポータルサイトの広告しかでで来ない事を確認し

    ⭕⭕集客コンサルタントの
    なお、と申しますと入り、

    ポータルサイトの現状や良いところ、悪いところ
    などを取材させて欲しい事を伝え

    お礼に
    いかにしてポータルサイトを抜け出し、 
    ポータルサイトと肩を並べて、
    プレミアポジションにサイトを広告していく事で
    集客をしていけます。

    そんな流れを考えています。

  • 藤山様のコメント: 2014年6月13日 11:43 PM

    コメントは、先に、書かせていただきましたが、1つ質問です。
    副業で、スマホコンサルを始めた方、1期、2期生に「2証言」の方にお伺いしたいのが、副業での時間の割き方です。

    平日の昼間が使えない中、どうやって、最初の、取材の時間を作って、いたのか?
    どう工夫しているのか知りたいです。 その当時ですが。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 4:31 PM

      藤山様、こんにちは、
      松本です!

      サラリーマンやOLをされている方も、
      お昼間の休憩時間に数分だけメールを送ったり、
      多いのは、公休を利用してオファーしていること
      ですよね。

      平日が休みでなければ、土日に活動されるのが
      一般的ですね!

  • まーちゃん様のコメント: 2014年6月13日 11:30 PM

    2回目を聞かせていただきました。

    全部、また復習するつもりです。

    ポータルサイトの取材を切り口にできるのは、大きいです。

    実際にたち上げていただけると、もっと大きな力になると思いますが、
    如何でしょうか。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 4:33 PM

      まーちゃん様、こんにちは、
      松本です!

      ポータルサイトは別に必要ありませんよ、
      あった方がいいのですが、ポータルサイトのことを
      私自身、聞かれたことが一回もありません!

      立ち上げてもいいですが・・・
      さすがに無料では、といかないですね・・・

  • Yosuke様のコメント: 2014年6月13日 11:17 PM

    1.今日のビデオを見ての感想や気付き、
    疑問点や質問があればお書きください。

    →「取材」という切り口であれば、よく取材依頼のある大手企業などとは違って、
     個人店を経営しているような方であれば、間違いなく興味は持ってもらえると思いました。

    2.最初に狙う「◎◎業界」

    →まだ絞りきれません。。

    3.電話からどういった切り口、入り方を していくか具体的にお書きください。

    「できれば直接お伺いして話をお聞きしたいと思っています。
    当日聞きたいことを今からお伝えしますので、考えておいてもらえませんか?
    まず一つ目は・・・」

    と言って、考えてくれたら、もう会うことは前提になってくれているので
    話を進めやすいかと思いました。

  • 奥野敏雄様のコメント: 2014年6月13日 11:01 PM

    1.取材というキーワードでアプローチをかけるという方法に気づかれたことに驚きました。
      そして凄いなと感心しました。リフォームや太陽光発電の飛び込み営業で全く売れなかっ  た私としては、このキーワードで是非この営業をやってみたいと思っています。

    2.飲食店

    3.ポータルサイトを立ち上げるので、そのための取材をお願いします、という形で営業をした  いと思っています。

    質問です。 契約書の見本を見せていただきたいです。

  • はるか様のコメント: 2014年6月13日 10:55 PM

    1.「取材」の切り口はすごいです。
      早速、使って見ます。
    2. レストランを最初のターゲットに選びます
      友人経営のレストランで実績を積みます(話が纏まりそう)
      実績と自信をつけてから、次のレストランを目指します。

    3. 地域ポータルサイトを持っていますので、
      そこに「地域の繁盛レストランの紹介」記事を書くとして
      お客様へアプローチをかけていきます。

  • フミ丸様のコメント: 2014年6月13日 10:42 PM

    「取材」の切り口には感心しました。非常に良く出来た流れだと思いました。

    疑問なのは、スマホサイトの受注は私でも出来ると思いましたが、サイト作製・広告運用とその後もクライアントさんとはお付き合いしていく訳ですが、「取材」「ポータルサイト作成」等、その時『ツール』として使った話はその後どうなるのでしょうか?

    「あれは社長に会う為の方便だったんですよ〜」って言うのでしょうか?
    ちょっと気になります。

    飲食・建築業や士業なんか「取材」されるの好きそうです。

    • jsma様のコメント: 2014年6月14日 4:40 PM

      フミ丸様、こんにちは、
      松本です!

      取材してポータルサイトの話をして、、
      それからあれはどうなったの??
      と、聞かれたことがないんですよね。

      取材するのは、あくまでも【会う】ことの
      スキルですから、取材という言葉を使わなくて
      会ってもいいんですよ。

      それよりも、お客さんは「集客と売上」が欲しい
      のです。取材されたことやポータルサイトのことなど
      お客さんは正直どうでもいいんです。

      スマホサイトで集客がしたい、それだけなんですよね。
      だから、スマホコンサルタントで、スマホで集客してみませんか?
      これだけのきっかけづくりですね。

      取材=相手の内容を聞き出すツールです。
      聞かれることがまずないですが、聞かれれば
      〇〇さんの集客をお手伝いしたかったので、
      取材させて頂きました。などでいいと思いますよ。

      引き続き頑張っていきましょう!

  • 中村様のコメント: 2014年6月13日 10:32 PM

    ①取材という切り口に大変興味を持ちました。
    ②美容業
    ③取材形式にしたいです。

  • 匿名希望様のコメント: 2014年6月13日 9:59 PM

    1.何回か前の講座のコメントに書かせてもらいましたが、偶然にも
    その時タウンページ活用に気がついちゃったので業界別カテゴリの
    DB化が何となく済んでいます。よかった。

    先月から友人関係の紹介で、3件受注できています。
    今月中にあと2件は取ります。

    話をしていくと、当初はスマホサイトの営業だったのですが、すぐ
    取り組むのではなくて、まず他の施策からと判断できるケースも
    出てきているので、そういう意味では、今年からWEB・ECコンサル
    として活動を始めている私にとっては「スマホ集客サイト」という
    切り口は営業の幅も広がったという実感があります。

    何回か場を踏んで、一通り知り合い関係の営業が終わったら、また
    タウンページに戻って、今後は、本命の業界を攻めていくといった
    順番の方が取りこぼしも少なくなり、なんだか効率が良いかなぁと
    感じました。

    2.通販サイト構築が得意分野ですが、例えばショッピングカートが
    絡んだレスポンシブ対応のスマホサイト構築になると大手術になり
    がちなので、敢えてスクラッチレベルから構築できる未知の業界で
    営業しようとしています。

    そのために、その業界で有名なポータルサイト企業に勤めていた友人
    ・知人を引き連れ営業した方が、箔も付くので紹介でも、飛び込み
    でもいける感触を得ています。来週から実践します。

  • フューチャーパワー様のコメント: 2014年6月13日 9:41 PM

    1、活動して飛び込み営業で名刺を渡してたりしましたが、すでに大手の営業に荒らされていたり、ライバル業者の嫌がらせ電話が来たりでした。

    『取材』!?
    目からうろこでした。

    2、士業関係

    3、知り合いの士業関係者や知り合いとつながっている士業関係者をターゲットに活動したいと思います。

  • 江宮様のコメント: 2014年6月13日 9:35 PM

    1. 取材と称すればアポを取りやすいのは納得ですが、架空の協会を名乗る事と、実際に取材をした証拠としてサイトを作る必要があるのかなぁと疑問に思いました。

    2. マッサージ、鍼灸院などにアプローチしようと考えています。

    3. 地域活性のためのサポートとなるポータルサイトの作成を企画しており、近年増加傾向にあるマッサージ、鍼灸院の集客の実態について取材をさせて頂くという切り口を考えています。

  • 伊藤様のコメント: 2014年6月13日 9:03 PM

    1.「取材」ですね。これなら、お互いにいい気持ちで
     話しが出来そうですね。
    2.飲食店です。
    3.○○企業サポート協会の○○です。から始まり、
     現在この地区この業界のポータルサイトを作成中です。
     と切り出し、スマホサイトで集客できることをお礼にお話しさせていただく。

  • 雄太様のコメント: 2014年6月13日 8:44 PM

    1、タウンページを使い、取材という方法には『なるほど』と思いました。
    勝手に私は、アポなしで飛び込み営業なのではないかと思っていたため、取材と聞いて驚きました。私には全くそのような発想がありませんでした。方法が分かり、少しワクワクしています。もちろん取材なんかしたことはないので不安はありますが、そのような不安は最初だけだと思っています。この方法で何人もの人が契約を取っているのであれば私にもできるはずです。

    2、やはり、多少は自分が興味ある業界を狙っていきたいと思いますので、スポーツジムなどのジム系を狙っていきたいと思います。

    3、動画を見ながら練習をしていたので、教えていただいたどおりの入り方でやっていきたいと思います。

    質問
    取材でお会いしたとき用の名刺は必要でしょうか?

  • 佐藤隆様のコメント: 2014年6月13日 8:21 PM

    1.テレコールなるほどですね、気付きそうで気が付きませんでした。
      とりあえず、すぐやってみたいです。
    2.チェーン店でない飲食店 
    3.無料診断をしています。ちょっと胡散臭いですかね。

  • クライフ14様のコメント: 2014年6月13日 8:11 PM

    1、タウンページ、ポータルサイトを活用するのですね。なるほど。取材という言葉がポイントですね。
    質問: 提案書や契約書のひな型はあるのでしょうか。企業の経営者であれば、提案書や契約書、領収書など事務に関する部分も重要視されてくるでしょう。お聞きしたいです。

    2、士業や飲食業界
    3、松本さんのお話しのとおり、入ってみるつもりです。

  • suzuki様のコメント: 2014年6月13日 7:54 PM

    1. アポ取りにはいろいろなアイデアを用いた方法があるのだなと思いました
    2. サービス業界全般
    3. 今回の講座を見習っていきたいと思います

  • 天竜様のコメント: 2014年6月13日 7:29 PM

    1.「取材」でアプローチする発想は全くありません出たので驚きました。
    狙った業界の協会を名乗れるように5ページくらいのホームページを作ってみると補強
    できそうだと思いました。
    2.知り合いが居る業界から試行。
    3.ホームページで取り上げるための「取材」を
    する方向で行きたいです。

  • 奥田様のコメント: 2014年6月13日 7:09 PM

    今回の動画では営業をした身としてとても上手な切り口だと思いました。
    企業と言えど、最終的には個人にいきつきますから、そこでどうヨイショを
    冒頭からするのか、非常に参考になりました。

    無知とは恐ろしいもので、漢字二文字が与える効果は絶大ですね。
    中身はそこまで難しくない内容でしたので、マニュアルにして、テレアポ部隊作ったら
    かなり、一気に行きそうなビジネスモデルですね。

    私は、飲食業界を始めに狙っていきます。

    具体的に書いたらまねされそうですね…笑

    飲食サポート協会の○○と申しますが、この度
    御社の食べログでの広告を拝見しまして、ぜひとも
    取材をさせていただきたくお電話しました。

    弊社では現在プロジェクトとして、ポータルサイト運営の
    新たなモデルを考えてまして、各飲食業界の経営者様に
    取材をさせていただき、様々な状況や、広告による
    メリット・デメリット等をお聞かせいただきたいと思いお電話しました~

    と話し社長に代わっていただき、日付設定をする

    ただ、提案からクロージングのあたりが、実際に
    提案書をどんな形式で作っていけばいいのだろうと思いました。

    その時点で、コンサル契約書とか、業務委託とかいろいろ巻くための
    準備も必要なのかもう少し知りたいと思いました。

  • だん様のコメント: 2014年6月13日 7:09 PM

    取材とは新しい戦略。
    まずは、会わなきゃどうしようもできないですからね。

  • めがちゃん様のコメント: 2014年6月13日 7:01 PM

    こんにちは
    1:取材とは思っていませんでした。かなり いいと思います。会社でもテレアポでかかってくる会社は ごあいさつですとか 会社の案内ですとかで 引き継ぎしません。
     取材って言われると ちょっと待てよって 考えます。
    〇〇企業サポートを利用するにあたっては ちょっと考えます。
    お客様にとっては 何の会社だかはっきりしないので どんな実績があるか 情報もどれだけあるか聞いてくると思います。まずは しっかりとした勉強が必要かと考えています。

    2:ねらい目は 美容室か飲食業。こだわりのある美容室は 社員研修などしっかりやっており 予約の電話も頻繁にかかってくる。飲食は 大きいところではなく小さなケータリングなどをねらってみたい。

    3:電話の切り口って 難しいですね。先日も知り合いに こんなことをやろうと思っているけど どうでしょうかって言ったら ウサンクサイって言われました。
     それなりに 教わったらいいものだと思ってやってみる。ただし それが自分のスタイルにあわなければ 考えていく。

  • aze3様のコメント: 2014年6月13日 6:52 PM

    1、すごい解りやすかったです。

    2、美容院、エステ

    3、ポータルサイトで見つけて、まずお客で行って集客のスマホサイトを作っているものです   が、この業界の「取材」をしております集客に興味ありませんか?とアプローチしてみま    す。

  • KEN様のコメント: 2014年6月13日 6:49 PM

    1.「取材」という斬新な切り口に驚きました。確かにこれなら門前払いされず、社長に最短でアプローチできそうですね。あとは自分の説明能力に磨きをかけたいです。
    2.飲食業界を考えてます。
    3.取材ということでアポ取りしたいと思います。

  • まり様のコメント: 2014年6月13日 6:39 PM

    1 「取材」という言葉、キーワードですね。
      営業時、なかなかアポとりで苦戦することがあるので、活用します。

    2 飲食業、美容業

    3 業界のお話に加えて、ビジネスモデルや集客方法など、●●社長様の想いやお考えなど、ぜひ聴かせてください。

  • 山川様のコメント: 2014年6月13日 6:13 PM

    step1

    今日のビデオを見ての感想や気付き、
    疑問点や質問があればお書きください。

    →なるほど。その手があったのか!と思わず膝を叩きました。

    しかしながら「取材」でとったアポ。

    「取材」がどこから「商談」になるのか?

    ちょっと不安もあります。

    「何?君?結局、売りに来たの?」という雰囲気になると難しいのでは?と思いました。

    step2

    今回のビデオでお伝えした、
    最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。

    →美容院

    step3

    電話からどういった切り口、入り方を
    していくか具体的にお書きください。

    →教えて頂いたとおりにやってみたいと思います。

    しかしながら、取材媒体をどうすればいいのか?

    簡単にポータルサイトを作ったほうがよろしいでしょうか?

    ブログでも大丈夫でしょうか?

  • hiromi様のコメント: 2014年6月13日 6:11 PM

    北野様
    松本様

    こんにちは。
    いつも役に立つ講義をありがとうございます。
    実際、こんなに懇切丁寧な講義はないと思います。
    わからないところは繰り返し戻してノートをとっています。
    30分がととも短く感じます。ありがとうございます。

    早速ですが、

    1.もうすでに獲得されている方の話を伺うと
    どうやって獲得されたのか本当に不思議でした。
    でも、切り口を変えて入っていってもいいのだということがよくわかりました。
    まさか、タウンページとは思いもつきませんでした。

    2.最初にねらう業界は正直まだ決められません。
    シーズン的に旅行とも思いますが、たぶんすでに
    スマホサイトはあるだろうし、今一つ誰のニーズに合わせるかが難しいです。
    とはいえ、電車の中を見てみるとネットサーフィンしているのは女性のほうが多いと思うだし、子育て中のママはいろいろな情報を知りたいだろうから、その方向で少し考えてみようと思います。

    3.業界が絞れていないので難しいですが、
    子供連れOKの飲食店で考えてみました。

    子育て、食育、飲食業

    子育て中のお母さんはどうしても情報が不足して不安をかかえてしまいがちです。
    ママ達の情報共有ポータルサイトを立ち上げたいので、その一環として食育セミナー
    のお話をぜひ伺いたいので、お時間を作っていただくことは可能でしょうか。

    たまたま21日に知り合いがしている食育セミナーがあります。
    そこでちょっと話を聞いてみようと思いますが、いかがでしょうか。
    また、取材時に名刺も必要だと思いますが、実在しない企業名で作成しても大丈夫でしょうか。住所や電話番号はどのようにすればいいのでしょうか。
    基本的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • Candy様のコメント: 2014年6月13日 5:58 PM

    1、契約までの流れを理解しました。
    2、美容室・トリマー
    3、実際にポータルサイトを作成する訳ではないので、ウソを言うところに抵抗を感じます。しかし、「取材」というキーワードは強力ですね。

  • kaoru様のコメント: 2014年6月13日 5:57 PM

    1.感想
    私はDM系かな〜と思っていたのですが、全然違う切り口で驚きました。
    協会を名のる点は少し抵抗感がありますが、勉強になりました。
    2.業界
    先ずは弁護士、治療院関係を考えています。
    3.アプローチ
    取材でのアプローチを試してみようと思います。

  • zero様のコメント: 2014年6月13日 5:51 PM

    1. 最初のアポ取りの切り口が「○○サポート協会」と名乗った上で、「取材をさせてほしい」といえば、確かに責任者へのアポ取りはそう難しいことではない。非常に共鳴できるやり方だと思います。

    ただ、架空の名称を名乗っていいものかどうか・・、さらに名刺には何と書くべきか。など、自信が持てない部分もあります。
    見ず知らずの地域なら、いざ知らず。多少でも顔なじみの方に、そのことを名乗っていくには勇気がいる。というのが率直な感想です。

    2. 当方は温泉地をたくさん抱えており、旅館もたくさんあるので、旅館・宿泊施設から展開していきたいと思っています。

    3. 「地域内の旅館のポータルサイトを作る計画をしているので、取材をさせていただきたい」
    ということで、アポ取りをしていきたいと思っています。

  • mbs様のコメント: 2014年6月13日 5:48 PM

    ポータルサイトからアポ取りするのは効果がありそうですね。
    飲食店関係から取材という切り口から入ってみたいです。

  • Yoshi.M様のコメント: 2014年6月13日 5:44 PM

    「タウンページ」と聞いた途端、やっぱりかと思いましたが・・・答えは予想外でした!
    「取材させていただく」という切り口、発想は松本様の苦労のたまものなのでしょう。惜しげもなくお話しいただいた「魔法のことば」をそのまま使わせていただきます。

    まずは、知り合いからと考えていますが、理容業界と飲食業界で挑戦します。

    郷に入れば郷に従え・・・まずは教えの通り基本を守りつつ実践したいと思います。

    ありがとうございました。

  • ゆめ様のコメント: 2014年6月13日 5:43 PM

    1. 取材という言葉に弱いというのは、私自身も取材だと喜んで会うだろうと思うので、納得しました。

    2.まずは知り合い、その後は実情を知っている歯科業界
       
    3.松本さんに教えてもらった通り。
    また実際に歯科業界の集客の悩みをこちらから話す。
    相手の悩みを共感する。 

  • ワンワン様のコメント: 2014年6月13日 5:25 PM

    取材という名目でアポが取れるとは
    簡単ですね!

    他の商売でも使えそうです。

    とても参考になりました。

    美容室業界がターゲットです。

    取材やインタビュー形式にしたいです。

  • とも様のコメント: 2014年6月13日 5:17 PM

    1.「取材」というアポの取り方は、まさに斬新な切り口だと感銘しました!これまでの経験上アポ取りが一番の難関かと感じており苦労をしました。
    さっそくこの手法で、顧客獲得に向けてやっていこうと思いました!

    2.飲食業界、小売、サービス業

    3.法人会社があるので、会社名を名乗って取材をさせていただけないかを伺ってみます。

  • 詩織様のコメント: 2014年6月13日 5:08 PM

    1.0→1を打開するには、あまり難しく考えないほうがいいのかもしれませんね。
    シンプルに、スマートに。「素直」に行うことが大切ですね。
     「取材」→お礼にアドバイス → 提案 → 契約   スムーズですね。

    2.整体業

    3.ポータルサイトでアポ取りを考えていきます。

  • 白木様のコメント: 2014年6月13日 5:04 PM

    1,.取材とは・・なるほどと関心しました
    2..美容系、飲食系
    3.守破離を守って行動

  • ami様のコメント: 2014年6月13日 5:03 PM

    飲食業界を検討しておりますが、取材というアプローチで入った場合
    取材結果をどのような形で公表するのか(本なのWEBサイトなのと)
    聞かれそうな気がしますね。

  • 田中様のコメント: 2014年6月13日 4:52 PM

    動画セミナーありがとうございます。

    1. ○○企業サポート協会というのは正直な感想として疑問に感じましたが、『取材』という切り出し方は凄く参考になりました。
    地域や業種を特定して活動するのであれば違う名乗り方も出来そうな気がします。

    2. 狙う業界は悩んでいますが、一度の集客がきっかけでリピーターになる可能性が高い美容業界やエステ、または整体など何らかの施術を行う業種がいいとは思っています。

    3.切り口は、集客方法についていきなり切り出すのではなく取材させていただく店舗様についての情報から順番に3つから5つまでくらいでステップを踏む感じがいいと思います。

    ①店舗様のアピールポイントとは?
    ②アピールポイントに対するお客様の反応は?
    ③それらをどのように宣伝されているのか?

  • nami様のコメント: 2014年6月13日 4:49 PM

    取材という切り口ですか!
    そんなやり方があるんですね

    美容院など狙いたいです

  • oyassance様のコメント: 2014年6月13日 4:43 PM

    いつも勉強になるビデオ、ありがとうございます。

    取材申込みから入る事は確かに単なる売り込みに比較すると格段にアポは取りやすいと思われます。
    ただ、取材の結果がどの様に反映されるのか、雑誌、新聞などに掲載されるのかを問われることへの対処を予め用意する必要がないでしょうか?
    また、個人名だけの名刺よりは個人事業主(または、法人)としての名刺を提示したほうが信用を得られ安いと思いますが、全くの個人としての獲得も可能でしょうか?

    地域のレストランに働きかけることから始めたい。

    全くの初心者ですので、ビデオで教えて頂いた通り、
    取材の申込みからアポを取り、そのお礼にスマホサイトで集客力が向上する事を紹介、提案書を提示して契約交渉に持って行く。

  • timeline3様のコメント: 2014年6月13日 4:30 PM

    1.感想
    取材させて下さい、には驚きました。
    正面切って最初から営業に行かない方法があるのですね。
    相手に警戒心を与えないのは売り込む側として
    大変に気が楽になります。

    2.狙う業界は
    士業かリフォーム業界を考えています。

    3.電話での切り口
    私、北海道司法書士企業サポート協会の○○と申します。
    実は弊社で司法書士のポータルサイトの立ち上げを計画中でして、
    つきましてはぜひ、御社を取材させていただきたくお電話差し上げました。
    ◇◇社長はいらっしゃいますでしょうか。

  • かつ様のコメント: 2014年6月13日 4:25 PM

    1.切り口に感動しました。取材というアプローチなら
    気持ちよく話してくれそうですね。そして
    信頼関係もうまれると思います

    2.美容院・サロン・エステ

    3.マニュアルどおりに実践したいと思います

  • C.H様のコメント: 2014年6月13日 4:17 PM

    なるほどだと思いました。特に取材など受けた経験のない経営者にとっては、とてもいい響きだと思います。
    対象としては女性向けのマッサージ業界を考えています。
    まずは候補のお店があるので、素直に「スマホの集客に興味ありますか?」からアプローチしてみます。

  • 後野様のコメント: 2014年6月13日 4:13 PM

    1.【取材】という切り口、自分ならどんな風にアレンジ出来るか考え実行してみたいと思います。

    2.飲食業界に知人が多いので、まずは飲食業界から攻めてみたいと思います。

    3.実際の会社名で行いたいと思います。

  • 武内様のコメント: 2014年6月13日 3:49 PM

    以前事務職で電話を受け付けていました。
    取材となると確かに上席に繋いでました!!
    なるほどっと思いました。

    スピリチュアル系や美容系の物販。

    全体的に苦戦している事に重点を置いて、教わった通りにする。

  • よしだ様のコメント: 2014年6月13日 3:40 PM

    1.アイディアの切り口がすばらしいです。

    2.飲食業

    3.行動します。

  • m.u様のコメント: 2014年6月13日 3:38 PM

    松本様

    本日もありがとうございました。

    ①気づき・感想等
    タウンページは、ある種斬新でした。すぐに準備しようと思います。
    スマホコンサルだけではなく、有効活用できるツールであるとも思います。
    ただ、提案というところまでは準備によって対応は可能ですが、契約となった場合に、契約書を交わすことになりますが、そういった準備をどうすれば良いのか、個人事業主ではないため、自身で準備したことが無いため不安であり、ご指導いただきたいと思いました。

    ②狙う業界
    飲食・美容業界などを攻めたいと思います。
    首都圏から外れたローカルの駅周辺にある飲食・美容院などは、ブログした無かったりしますので、提案してみたいと思います。

    ③電話の切り口

    取材を前提としますが、地域性を表した表現の協会名を名乗ってもよいなと思いました。
    たとえば、「○○町△△サポート協会」のような。
    ただ、すでに市区町村で協会があったりすると大変なので、事前調査をして活動も必要かと感じました。

  • 岩井様のコメント: 2014年6月13日 3:36 PM

    今回のビデオを見て。こんなに簡単でいいのか??と感じてしまいました。と言うのも取材がしたいと言う切り口のお蔭でしょうね。
    聞いてしまえば簡単ですが、相手の懐に飛び込んでいくにはもってこいの表現だと思いました。

    ターゲット業界は、士業の業界を狙っていきたいと思っています。

    先ずは、士業の知り合いをリサーチし、組み立て棟を考えたいと思います。

  • 仲れいじ様のコメント: 2014年6月13日 3:09 PM

    まさに「魔法」のことばですね。ブロックをはずすことの重要性
    がわかりました。

    理容業界

    取材の切り口で入りますが、1000円カットなどその業界特有の
    問題点で攻めたいと思います

  • 吉田様のコメント: 2014年6月13日 3:09 PM

    1&3、「取材」という名目でのアプローチ、いいアイデアと思いました。
     「○○企業サポート協会の△△です。」というアプローチには正直抵抗を感じます。
     私の場合、学習塾を経営していますので、塾生たちの将来の職業選択の一環として、企業へ  の取材申 し込みをしてはどうかと思いました。

    2、美容院や整骨院をせめようかと思います。

  • 糸 一様のコメント: 2014年6月13日 3:02 PM

    1.取材というコトバが与える影響に驚きました。
      視点の切り口がすばらしいですね。

    2.整骨院、飲食業

    3.教えられたことをやってみて、どんどん自分にあった形に
     修正・工夫をしていきたいと思います。

  • Takashi-i様のコメント: 2014年6月13日 2:56 PM

    松本先生、今回もビデオ有難うございました。

    1. 感想や気付き
      『タウンページを使う』というのは、もう過去の遺物みたいな印象もあったので
      以外でした。
      『取材』という切り口は面白いし成る程と思いました。
      しかし、実際に取材した内容がどんな形になるのか?そこを尋ねられた場合は
      どう対応するのでしょうか?
      ポータルサイトなり何なり、実際に作成しなくても平気なものなのでしょうか?
      スマホコンサルの契約が取れれば良しというのは、何となく微妙な気がします。
      
    2. 最初に狙う「◎◎業界」
      まずは知人の飲食店を考えていますが、士業も狙いたいです。

    3. 電話からどういった切り口、入り方をしていくか
      「個人経営サポート協会の○○と申します。今、個人で経営をなさっている方々の
      情報提供の場を作ろうと考えているのですが、業界の現状や集客等について
      御社の社長様ご意見を伺いたく、取材をさせて頂きたいのですが、お時間頂けます
      でしょうか?」
      ただ、問題は前記した通り、取材内容を形に残さなくて良いのか?という疑問は
      残りました。

  • 吉井様のコメント: 2014年6月13日 2:55 PM

    1「.取材」。。。素晴らしい!!切り口です。一石二鳥です。
     近所の地元の店舗さんの役に立てたらうれしいです。
    2..美容室、サロン
    3.教わった通りに

  • 高津様のコメント: 2014年6月13日 2:40 PM

    1.「取材」というフレーズが出てくるとは思いませんでした。
    確かに、自分が電話を受ける立場だと、その言葉が出るのと出ないのとでは、態度が大きく変わってしまうかもしれません。
    悪い気はしないはずですから。

    2.美容院

    3.自分なりの工夫は実践していませんので何とも言えません。
    松本さんの基本通りの流れでまずは実行してみたいと思います。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 3:00 PM

      高津様、こんにちは、
      松本です!

      そうですね、取材させて頂いて、
      そのまま基本通りにやるだけで
      契約はとれますよ!

      私がその方法で今もやっていますからね、
      他の方は、自分のやり方はこうだから…
      という人もいますが、成功事例が全くない
      我流は必ず失敗しますからね。

      基本に忠実に、基本である底辺を固めて
      1件とれれば、そのあとに応用が効きますので、
      是非、素直にありのまま実行してください!

      引き続き一緒に頑張っていきましょう!

  • take様のコメント: 2014年6月13日 2:29 PM

    1. 選んだ業種のサポート協会としてやってみる価値ありです。

    2. 高級和食。

    3. 日本料理サポート協会の○○です。

  • JJ様のコメント: 2014年6月13日 2:21 PM

    1.受付のガード突破をよく考えた手法ですね。

    2.田舎ですので、幅広く小売り・サービス業界

    3.最近、開店したお店で、「社長の成功の秘訣を聞かせて下さい。」というセールストークで訪問してきた社員がおりました。

  • sei様のコメント: 2014年6月13日 2:14 PM

    1・なるほどと感じました。確かに営業の電話は即断るけど
    取材と言われると少しぐらいならと思ってしまいますね。

    2・個人の結婚相談所などに行きたいと思います。
    個人なのでこの場合は設定料金を下げないといけないとおもいます。

    3・◯◯協会やポータルサイトをというのは
    存在していなくても問題ないのかは心配ですが
    名刺にスマホコンサルタントや、
    企業サポート協会の肩書も入れて用意しておく

  • hiro様のコメント: 2014年6月13日 2:12 PM

    取材という切り口はとても活気的だと思いました。

    整骨院を攻めようと思います。

    今通っている整骨院の院長に話しをもっていきます。

  • 九十九里様のコメント: 2014年6月13日 2:12 PM

    いつもありがとうございます。

    電話をかけ、顧客をとっていく手法、緊張しますが、今一度動画を見返し
    顧客をとっていきたいと思います。

    美容業界にするつもりです。

    やはり松本さんがおっしゃるように、『取材』をさせて頂くというところから、切り口にしていきたいと思います。
    自身で美容室も経営しておりますので、アポを取れた際には、自店のスマホサイトを作成し、見て頂きながら勧められるような形が理想かなと思います。

  • 立石様のコメント: 2014年6月13日 2:05 PM

    いつも見させていただいています。
    有難うございます。

    1.今日のビデオを見ての感想や気付き、疑問点や質問があればお書きください。

    取材という切り口は良いですし、なるほどと思いました。
    ただ、社長に取材した内容が、「どのようになるのか」の設定が決まって
    いなくても大丈夫なのでしょうか?
    相手の社長さんは忘れてしまうものなのでしょうか?
    アポを取るのが大事なので、気にする事ではないとは思うのですが、
    一度経験すれば、度胸がついて平気になる様な気もしますが。
    協会名はgoodですね。

    2.今回のビデオでお伝えした、
     最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。

    接骨、歯科、少し高級な飲食、少チェンーテン系が一番だと考えてました。
    単純に広告費が多そうに感じましたので。

    3.電話からどういった切り口、入り方をしていくか具体的にお書きください。

    基本は教えられた通りに実行しようと思っています。
    最初は成功者のまねをするというのが、成功への近道だと
    思っております。

    今後のビデオもよろしくお願いいたします。

  • 里見様のコメント: 2014年6月13日 2:00 PM

    取材という切り口に目からうろこです。
    そんなやり方があるんだなぁと思いました。

    ネイルサロンやエステなど狙いたいです

    集客の事例を集めていまして、取材させてもらえませんか?
    という切り口で行こうかと思います。

  • tanaka様のコメント: 2014年6月13日 1:56 PM

    ・発想に驚きました。
    ・歯科業界。
    ・知り合いがいるので紹介とミックスして営業すると成約率が上がりそうですね。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 3:03 PM

      tanaka様、こんにちは、
      松本です!

      まさに紹介して頂く、
      というのが最高利益を生み出せます。

      というのも、
      お知り合いからの紹介は、
      かなりの信頼があってからの提案ですよね。

      ということは、つまり、
      紹介してもらった案件はほぼ全件
      受注できてしまいますよ。

      歯科業界。いいと思います!

  • 古橋様のコメント: 2014年6月13日 1:45 PM

    1.「取材」…なるほど、ものは言いようですね。
      実際営業は全く向いてないと実感しているので、
      セールスでは無い具体的手法を教えていただけて感謝です。

    2.エステ、サロン、美容関係

    3.まずは教えていただいた動画通りにやってみる。

  • リサ様のコメント: 2014年6月13日 1:38 PM

    1)   人間の心理を見通した素晴らしい洞察力、そして戦略だと思います。
       こちらの意向から攻めるのではなく、まずは相手の立場に立って、相手のニーズを満た    し、そして契約に持っていく、ギブアンドテイクの法則ですね。
    2) 飲食業、エステ、美容院、などから攻めたいです。
    3) 例えば、 エステサロン開発支援協会の○○ です。 

  • ナカノ様のコメント: 2014年6月13日 1:26 PM

    1.テレアポの経験はありますが、「取材」という名目でアポを切るのは驚きでした。

    2.まずは、飲食業界からいきたいと考えています。

    3.取材(リサーチ)の質問項目に工夫を凝らしていきたいと考えています。

  • ゲーリー様のコメント: 2014年6月13日 1:20 PM

    1、私は整体院をしています。営業の電話はよくかかってきますが、ほとんどお断りします、今まで「取材」という切り口で電話がかかって来た事はありません、私自身「取材」と言われたらアポをとってしまうかも知れません。ただ取材と言うと雑誌やメディアの掲載かな?なんて思われるかもしれませんね。

    2、美容院

    3、まずは、自分が行っている美容院で、世間話ついでに話を進めてみようかと思います。

  • K様のコメント: 2014年6月13日 1:14 PM

    クリニック経営してます。
    取材の電話けっこうきます。
    その中のお一人は松本さんに教わったって言ってました!
    そして取材したっきり特にポータルサイトが出来たとは聞いていませんしその後連絡もないです。

    私もこの感じで同業者のクリニック院長を狙ってみます。

    まずはHPを生かしきれていない知り合いの院長をターゲットにしてみます。

  • Jun様のコメント: 2014年6月13日 1:07 PM

    1.取材という言葉を使ったアプローチがあるというのは存じ上げていましたが、具体的なお話を聞くことが出来、勉強になりました。

    2.高級飲食業界をターゲットにして行こうと思います。

    3.しっかり質問をし、ニーズの把握に努めたいと思います。

  • スパーク様のコメント: 2014年6月13日 1:01 PM

    1 ゼロから1にする突破口になりますね。テレアポ…は苦手意識が顔を出しますが、「取材させていただく」スタンスなら、大丈夫だと思いました。

    2 飲食業界

    3 個人経営の飲食店さまに、「クーポン広告など他店が行っている価格競争にご関心はないと思います。こだわりを持っていらっしゃいますから。社長のこだわりや、お店の強みをお聞かせください。お客さまが社長のお店を探して来店してくださる、そんなお店とお客さまとの両想いの関係をスマホでサポートさせていただけると嬉しいです。

    動画を楽しみにしております。これからもよろしくお願いいたします。

  • masami様のコメント: 2014年6月13日 12:54 PM

    STEP1.今日のビデオを見ての感想や気付き、
    疑問点や質問があればお書きください。

    動画を拝見し、こんな方法があるのか!と感心させられました。

    STEP2.今回のビデオでお伝えした、
    最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。

    不動産業界:土地家屋調査士・宅建取引主任者

    STEP3.電話からどういった切り口、入り方を
    していくか具体的にお書きください。

    業界の現況と展望、その対策はどうしているかという辺りから、本題に渡していいくことになるでしょう。

  • サクライ様のコメント: 2014年6月13日 12:53 PM

    いつも有難うございます。
    ○ 中小に勤務している自分にとっては時々アヤシイ?電話も受けます。何とか協会って
       何だよ、と思わせちゃいけないんですよね。自信をもって言うということですよね。

    ○ 整体・接骨業界

    ○ それでもちょっと不安な自分としては、こんな感じで。
      『整体・接骨業界のスマホコンサルのサクライと申します。業界についていくつか
      取材・質問をさせていただきたいのですが、30分程お時間いただけないでしょうか?
      もしいただけそうでしたら、そのお礼として取材後にスマホサイトのアドバイスも
      させていただきますが。』

  • masa様のコメント: 2014年6月13日 12:53 PM

    ○○企業サポート協会の取材という形での電話営業は使えますね。
    お礼で、スマホ集客のアドバイスをするというのも良いと思いました。

    狙う業界は「葬祭業」でしょうか…
    24時間電受付けしているのにスマホサイトではないHPが多いですよ。

    ただ葬祭業には独特の雰囲気が漂ってるのでサポート協会が使えるかちょっと不安です。
    ちょっと業界裏事情を調べてみます。

  • かとう様のコメント: 2014年6月13日 12:50 PM

    1.「取材」という切り口、素晴らしいと思いました。
      実際、逆の立場だったらちょっと嬉しく思えちゃうくらいです。

    2.エステ、サロン系

    3.地域で成功している理由を聞いていく

  • おとく様のコメント: 2014年6月13日 12:48 PM

    この営業ノウハウはものすごくインパクトありました。
    100%信頼できると改めて思いました。

  • 木元健太郎様のコメント: 2014年6月13日 12:40 PM

    1.素晴らしいお話しを聞かせていただき、ありがとうございます。本当に勉強になりました。2近所の自動車整備工場 3.知り合いなのでストレートに取材させてくださいとお願いしたいです。

  • SANTAROU様のコメント: 2014年6月13日 12:31 PM

    感想
    なりすまし営業、微妙ですね。
    本当にポータルサイトを作って
    営業した方が正しいと思います

    業界
    エステ

    ポイント
    ポータルサイトを作って
    社長インタビューを掲載する
    協力依頼

  • ようへい様のコメント: 2014年6月13日 12:00 PM

    1 率直にタウンページのそんな使い方と「取材」という切り口がすごい勉強になりました!!

    2 僕自身美容系で働いていたので、美容業界でいきます!!

    3 美容サポート協会のものですが、今回美容のポータブルサイトを作ることになりまして是非勢いのある御社の取り組みや集客について取材させていただきたいのですがいぎですか?

  • masa様のコメント: 2014年6月13日 11:59 AM

    今回も動画有難うございました。

    1.今日のビデオを見ての感想や気付き
    『取材』と言うアポの取り方がすごく勉強になりました。
    この後実際に相手の方と会う時には、名刺が必要だと思うのですが、名刺はどの様に作れば良いでしょうか?

    2.最初に狙う「◎◎業界
    居酒屋か工務店か不動産会社などに行きたいと思います。

    3.電話からどういった切り口、入り方を
    自分は自信はないですが、真正面から「スマホの集客に興味ありませんか」で行きたいと思います。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 12:59 PM

      masa様、こんにちは、
      松本です!

      名刺は、スマホコンサルタントや、
      ◎◎業界集客サポート協会などを
      盛り混ぜてつくるといいですね!

      スマホの集客に興味ありませんか?
      はいいとおもいますよ!たったそれだけを
      言うだけで結果に結びつきますよ!

      引き続き頑張っていきましょう!

  • colreone様のコメント: 2014年6月13日 11:59 AM

    過去に新聞社他4社から取材を受けました。で、高額な広告契約しました。営業だったんだと、後から分かった経験ありました。なるほどね。使わない手は無いですね。
    飲食と旅館ホテル業
    新しく業界のポータルサイトを立ち上げるために、取材ををさせていただきたいのですが、お伺いさせていただく内容は3点です。先ず業界全体の状況。2点目、御社の状況について。最後に、御社の集客方法についてです。ご都合のよい日時をお聞かせ下さい。よろしくお願いいたします。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 1:03 PM

      colreone様、こんにちは、
      松本です!

      その新聞社からの取材を思い出すことで、
      colreone様は契約がとれるということです。

      高額な…というのは、集客できなかったという
      ことからの発想だと思いますので、、

      今回は、スマホコンサルタントとして集客が
      できることをお伝え出来ますからね、かなり有利に
      物事が薦められると思いますよ。

      内容は3点です。
      という切り口はいいですね!上手いです。

  • 小林様のコメント: 2014年6月13日 11:43 AM

    1,実際に◯◯協会というのは存在していなくても問題ないのか心配です。

    2.美容・理容、歯医者

    3,取材ということでアポを取り、しっかりスマホ需要があるかどうか確認してからお礼の話しの出し方を決める

  • yoshi様のコメント: 2014年6月13日 11:37 AM

    やはり最初の切り口がとても重要ですね!
    まずは対面の場を設けていただかなければ知識があっても宝の持ち腐れなので「取材」の切り口はとても納得しました。

    飲食店ですでに一件取れてますのでその業界で安定させていこうと思います。

    難しく考えずに今回のビデオの言い回しの通りまずは仕掛けてみたいと思います!
    そこから自分なりの良い切り口を探していきます。

  • 和彦様のコメント: 2014年6月13日 11:36 AM

    1. 今日のビデオを見ての感想や気付き、疑問点や質問があればお書きください。
    取材という言葉の強さは聞いただけで感じれました!

    2. 今回のビデオでお伝えした、最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。
    昨日も提案に行っていましたが飲食業界にいこうと思います。やはりスマホ集客にはかなり興味をもたれていました。ぐるなびやホットペッパーの集客力がだいぶ落ちてきているようなので。

    3. 電話からどういった切り口、入り方をしていくか具体的にお書きください。
    協会は設立してないので使わないで 店舗型ビジネスサポートをしている〇〇ですという言い回しにしてみます。
    たまたまですが、年内に地域密着型のポータルサイトを立ち上げる計画でいてましたのでその話をしようと思います。

    質問です。
    リスティング広告の会社はプロであればどこでも大丈夫ですか?

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 1:07 PM

      和彦様、こんにちは、
      松本です!

      PPC広告の会社は、まず色々聞いてみてくださいね、
      特にスマホに特化しているかどうかがポイントです。

      パソコンだけの実績ばかりを押している外注業者は
      危険ですからね、スマホの実績があるところを、
      上手く見分けるか、一度電話してみるといいですよね!

  • 吉成様のコメント: 2014年6月13日 11:27 AM

    1.タウンページからの取材とはおもしろい戦略ですね。
      確かにそういう電話がかかってくれば社長に繋いでしまいます。
    2.私には飲食関係の店舗経営をしている友人が何人かいるので、
      飲食業を的にして攻めていきたいと思います。
      また、飲食の中でも、居酒屋などに絞っていこうと思います。
    3.電話の切り口よりも実際アポがとれてからの
      取材をうまくこなしていけるかが心配です。
      まずは0→1でやってみてから慣れていくのが何よりの近道でしょうか。

  • やまちゃん様のコメント: 2014年6月13日 11:25 AM

    STEP1、私は新規獲得で飛込みやらテレアポをやっていますが、このやり方は凄いです。ストレスもかからないやり方で良いですね。早速取り入れます。

    STEP2、飲食業(居酒屋)

    STEP3、「取材」で社長が好きな経営理念や将来の夢を語っていただこうと思います。取材が終わったら謝礼の代わりに売れるサイト(PC&スマホ)を情報提供という形で話をします。そして次回の提案につなげていきたいと思います。要は松本様の講座そのままです。

  • 成島様のコメント: 2014年6月13日 11:23 AM

    1具体的なフレーズが聞けて、半端無く役立ちます。

    2カイロプラクティック業界

    3まず客として行き、良いカイロプラクティックを取材しているとアポを取る

  • ブルーオーシャン様のコメント: 2014年6月13日 11:22 AM

    非常に実践的なノウハウだと思います。
    ぜひ、やってみようと思いました。
    狙う業界は、飲食業界です。

  • kz様のコメント: 2014年6月13日 11:20 AM

    ありがとうございました。

    美容室です。

    後半の動画も楽しみにしています。

  • うり様のコメント: 2014年6月13日 11:14 AM

    STEP 1
    これまで営業の経験が全くないので、顧客獲得の部分が一番気になっていたところでした。
    魔法のワード「取材」はとても勉強になりました。

    STEP 2
    最初はアパレルかなと思ったのですが、アパレル業界だとどこも大規模チェーン店化してしまっていて、営業するのは難しいような印象があります。
    そういう点で考えると、あまり知られていない街のおいしい飲食店にアプローチしてみるのが面白そうです。

    STEP 3
    まずは飲食店に行ってご飯を食べに行く。
    後日電話で「先日○○を食べに行きました○○ですが、」という形で話を進めていき、取材をさせてもらう。
    あとは動画で説明のあった流れで進めて行けたらと思います。

  • 久宗様のコメント: 2014年6月13日 11:09 AM

    1.こうした話は大いに役に立ちますね。中々聞けない貴重な話をありがとうございました。自分なりに工夫して、取り入れていきたいと思います。
    2.各種士業
    3.まずは、今回の講座通りに始めていきたいと思います。

  • tida様のコメント: 2014年6月13日 10:57 AM

    1.すごく勉強になりました!「取材」という言葉を使うとアポをすんなり取れるんですね!

    2.僕が狙う業界は「物作り・伝統工芸業界」です

    3.ハンドメイドで物作りをしている方々、お店をやっている方々のお話を沢山の人達に知ってもらいたいので取材させて下さい!という入り方をしようと考えてます。

  • 山口様のコメント: 2014年6月13日 10:40 AM

    【STEP1】

    今回も、素晴らしい内容の講義を
    ありがとうございました!!

    顧客獲得の部分は一番気になっていた内容ですが、
    目からウロコでした。

    自分も以前は営業職をしていたのですが、
    やはり「いかに相手に営業と思われないか?」という切り口が
    一番重要ですよね。

    それだけでなく、今回の手法は
    「相手にも感謝される」という一貫性があるので
    本当に驚きました。

    スマホビジネス、今後が楽しみです!!

    【STEP2】

    最初に狙う業界ですが、飲食店を攻めていきたいと思います。

    単純に「美味しい!」と思ったお店は
    応援したいと以前から思っていましたし、
    その手伝いができて自分のビジネスにもなるのは最高です。

    【STEP3】

    ポータルサイトで見つける場合ですが、
    自分が興味を持てそうな飲食店を選んでいきたいと考えています。

    今までに足を運んだことがある店はもちろんですが、
    長く付き合うということを考えても
    「自分が応援したい」と思える店を選定していくのが良いかと。

    切り口としては、
    「以前にお店を使わせて頂いた時に、本当に良いお店だなと思った」
    ということを前面に押し出して
    取材アポを獲得していきます。

  • 高尾様のコメント: 2014年6月13日 10:32 AM

    松本さま
    いつもありがとうございます。

    Step1 気づき、疑問、感想等

    他の方もおっしゃっておりますがやはり「取材」という
    言葉には、とても驚きました。
    ただの営業電話よりは格段に成功確率が高いだろうなと
    感じました。
    ただ、やはりいきなり電話というのが少し抵抗あるなという
    気持にもなりました。

    Step2 狙う業界
     歯科医院業界 

    Step3 切り口、入り方
     「お忙しいところ恐れいります。
    こちら歯科医院サポート協会のXXと申しますが、
    現在、歯科医院様向けのポータルサイトの立ち上げを
    予定しておりまして、貴院に取材をお願い出来ないかと思いまして
    ご連絡させていただきました。」

    今回もとても勉強になりました。
    そろそろ本格的に行動してきたいと思います!
    次回もよろしくお願いいたします。

  • タク様のコメント: 2014年6月13日 10:13 AM

    ①貴重な動画をいつもありとうございます。
    斬新な切り口のアプローチで驚きました。
    お礼にHPのアドバイスから提案と流れがスムーズです。
    訪問前に訪れる企業のHPを事前にチェックできて
    アドバイスの準備もできるので安心です。

    ②本業の絡みでつながりのあるリフォーム店

    ③まずは提携している業者から進めていきます。
    地域のリフォーム店をリストアップ⇒そのホームページをチェック
    ⇒アドバイスできるポイントの多いところから取材をかける。

  • うえだ様のコメント: 2014年6月13日 10:02 AM

    今回も有意義な内容をありがとうございます。

    1.取材というアポイントの取り方は、目から鱗でした。
      先方の経営者、もしくは担当者にメリットのある活動に役立てる取材はどんなものがあるか、考えていきたいと思います。

    2.美容、健康業界

    3.「スマホに特化したポータルサイトの立ち上げを行っているため、取材をしたい」という切り口で電話をしていこうと思います。

  • ひろちゃん様のコメント: 2014年6月13日 9:32 AM

    今日もありがとうございました!
    とても勉強になりました。

    業界はサロン系

    取材で名刺を渡さなければならないと思いますが、その名刺は○○企業サポート協会の名を入れた名刺を作って行ったほうがいいのでしょうか?
    まずはご挨拶から…が基本と思ったので、疑問に思いました。
    教えて下さい。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 10:13 AM

      ひろちゃん様、こんにちは、
      松本剛徹です!

      いつもありがとうございます!
      名刺は○○協会入りでもいいですね!

      基本よりもまず声をかけることから始めましょう、
      名刺がなくても顧客獲得できている方は多いですよ。

      頑張っていきましょう!

  • 山田様のコメント: 2014年6月13日 9:05 AM

    1、さすが!!なるほど!!!の一言です。取材は確かに断らないですよね。
     これなら、自分自身の営業に関する概念も変わるのでアポを取りやすいです。

    2、業界まで決めてなかったです。でもアポをとるときは分ければいいので
     「美容サロン」業界、「幼児教室」業界これがニーズがあっていいかなと思いました。

    3、 「美容サロン業界サポート協会」、ポータルサイトを立ち上げるので業界についてや現在の取り組みなどについて取材させていただけませんか?

    ここで質問です。

    1、「●●業界集客サポート協会」みたいに、集客を協会名に入れるのはいかがでしょうか。

    2、取材のときに名刺などはやっぱり必須だと思うのですが、名刺にも「○○業界サポート協会」と入れるほうがいいんですか?

    事業主名は全く関係ないのですが、今から変えた方がいいのか、名刺に「○○業界集客サポート、コンサルタント」みたいな肩書きだけで大丈夫なのでしょうか。

    松本さんは、初めに取材したときに自分の名刺の肩書は何でしたか?
    また、相手の方もHPを見せてほしいと言われたときに
    ご自身のHPはどういった屋号にしていましたか?

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 10:17 AM

      山田様、こんにちは、
      松本剛徹です!

      ○○業界サポート協会と
      いれるのはいいと思いますよ!

      名刺はスマホコンサルタントだけですね!
      ホームページは自身のスマホコンサルタント
      松本剛徹。という単純明快なものはありました。

      特にそういったメディア=ホームページを
      つくることもないと思いますよ。見せて欲しい、
      と言われたことすらないですからね。

  • 豆太郎様のコメント: 2014年6月13日 7:43 AM

    今回も有意義な講座ありがとうございます。

    ①切り口として『取材』を使うのは画期的だと思いました。

    ②既に会社で取引のある税理士、会計士事務所を中心に攻めていきたいともいます。

    ③サイトの改善点を話す時に、お客様のサイトや競合他社のサイトを事前にフリーのSEOツールで調べておいて状況をお伝えできれば、より興味を持っていただけるのではと思いました。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 10:21 AM

      豆太郎様、こんにちは、
      松本です!

      SEOツールとはどういったものでしょう?
      スマホ起業プログラムでSEOについては
      一切触れていないと思いますが…

      私もそういうツールは提案するときに使った
      ことはないですよ。
      テクニック的なことはほとんど相手には伝わりません。

      まず声をかける、集客できてるか聞く。
      スマホで集客できることを話す。
      これをやっていきましょう!

      単純明快に、お客さんにハテナ「?」が浮かぶ
      言葉はかなり危険ですから使わない方がいいと
      思いますよ。特にSEOと聞いてわかるような方は
      かなり少数派ということですよ。

  • shiori様のコメント: 2014年6月13日 7:18 AM

    いつもありがとうございます。

    いつもは要点をポンポンと言ってくださる松本さんが、今回はずいぶんと引っ張るな~と拝見していました。が、本当に目からうろこのアポ取りで、ぜひやってみたい!と思いました。

    ただ、私は主婦で、ほんとうにど素人なのです。
    松本さんは「言ったとおりにやれば大丈夫」と簡単におっしゃいますが、
    松本さんやもうすでに行動を起こされている皆さんにとっては当たり前のことも、
    私にはわからない、知らないことだらけです。
    たとえば、「すぐに契約できます」とのことですが、契約書が必要ですよね?まさか「スマホサイト10ページを30万円で作ります」という1行だけでは契約書にはなりませんよね?具体的にどのような契約書を作ればよいのか、全く分からないのです。
    「そんなところまで面倒見きれないよ」と笑われそうですが…(汗)
    できましたら、お客様とかわす契約書、SOHOの方とかわす契約書のサンプルがあると助かります。
    実は、第3回のプレゼントの各業界のテンプレートも、使い方がわかりません(汗)
    JavaScriptファイルが開けません。前途多難です・・・
    何から何まで、手とり足とり教えていただかないとできる気がしません。
    今回の電話の仕方も、「突然のお電話しつれいします・・・」というところから教えていただけたので、「やれそうだ」と感じました。

    あと、「提案書」はどのようなものでしょうか?第3、4回の内容をお話ししてしまったら、あとはどうしたらいいのでしょうか。

    スマホサイトはいくらぐらいで作れるのか調べてみました。
    PCサイトを手直しするものは数万円でできるようですが、スマホサイトの要点を押さえていないので問題外です。
    ですが、要点を押さえたスマホサイトの制作を10万円以下でしているところがありました。そんなことを知ってしまうと、30~50万円で受注することができるのか・・・と心配になってしまいます。

    2.業界については、士業を考えていましたが、「あなたにぴったりの業者を無料紹介」が目につきます。スマホサイトの成果は出ますか?
    探偵業も良さそうだと思っていましたが、近隣には数軒しかありませんでした。それでも、大丈夫でしょうか?

    3.切り口ですが、松本さんをそのまま真似るのがいいとは思うのですが、名刺もないし、いろいろと質問されても困ります・・・。
    どなたかが書いておられましたが、正直に「スマホコンサルをはじめるので・・・」というのでもよければ、その方が気が楽です。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 11:09 AM

      shiori様、こんにちは、
      松本剛徹です!

      全く何も知らない専業主婦の方も
      既に実績をつくっておられる人も
      いらっしゃいます。

      まずは契約書はインターネット上には、
      あらゆる種類の契約書が無料で公開されていますし、

      テンプレートもご自身でつくるのではないので、
      扱えなくても大丈夫ですよ。パソコンでダウンロード
      していただいて、「index.html」をクリックすると、
      見ることができます。

      提案書についても、このスマホ起業プログラムの内容を
      まとめて、提案書をつくってしまえば、それだけで納得
      していただけますよ。当時、私が全くゼロのとき獲得した
      ときも、このスマホ起業プログラムの内容をそのまま見せて
      いました。

      スマホサイトの要点も講座でお話していますよね、
      Fラインの講座は見ていただいてますか?
      通常のパソコンサイトとスマホサイトの違いをそのまま
      話してくださいね。

      受注も、ご自身の先入観ではなくて、
      お客さんはどうしても「集客」したいので、
      受注は30万でも実際安い方ですね!

      近隣には数件の探偵業でも全国では何万件
      あるでしょう、近隣になければ他府県都心に
      メールやスカイプなどで連絡できますよね。
      私とshiori様がこうやって会話しているように。

      いろいろ質問されることはほとんど無いです。
      なぜなら、スマホコンサルタントは本当に求められて
      いますので、こちらから提案することを全て聞き入れて
      スマホで集客してみませんか?という言葉に相手は、
      惹き付けられるようになっています。

      スマホコンサルをはじめるので…という切り出しでは、
      誰も注文をお願いはしませんよね、相手の方の立場に
      たって考えて、○○協会の探偵専門スマホコンサルタント
      です。と言った場合どちらがお願いし易いか少し考えて
      みてくださいね。

      不安は誰にでもあります、私もゼロのときは一緒でしたよ。
      でも、スマホ起業プログラムの内容を相手に伝えることで
      すぐに注文がとれてしまいますよ。

      引き続き、一緒に頑張っていきましょう!

      • shiori様のコメント: 2014年6月15日 1:40 PM

        松本様

        お忙しいのに丁寧に回答してくださり、ありがとうございます。

        契約書はネットで調べてみます。

        まだ、スマホコンサルのこと勉強し始めて1か月ですね。焦らずに頑張ります。
        よろしくお願いします。

  • ハシキスト様のコメント: 2014年6月13日 6:36 AM

    松本様 

    動画拝見しました、ありがとうございます。
    先ず質問からで失礼致します。

    1【【質問】】
     取材と言う言葉でもNGだった業界があれば教えて頂けますか?

    今回の動画から感じたことと言えば、獲得方法についてあんなにも細かくご指導いただけたことに驚いています。「取材」という言葉になるほどと感じた方は私だけでは無かったようですね。今回の動画の前に1件のアポが取れました。その際は、「スマホサイトでの集客にご興味はありますか?」という言葉でしたが、ストレートすぎると実際に難しさも感じていた。


    薬業関係
    子供服(ネット販売をしていない会社・店舗)
    商店街(地域活性のためとして)


    「取材」を使わせて頂こうと思っています。

    今回参加されている皆さんは自分が狙っている業界=興味がある業界

    なので電話の際には、「OOの業界についてお話をお伺いさせてください。」

    から始めます。こちらからスマホサイトのアプローチができる段階まで来たら、
    「スマホサイトの集客にご興味ありますか?」からいけたらと思っています。

      

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 11:12 AM

      ハシキスト様、こんにちは、
      松本です!

      アポ獲得おめでとうございます!
      NGな業界ってあるんですかね?
      出会ったことがないですね。

      「スマホサイトでの集客にご興味はありますか?」
      で、1件とれたら、それを繰り返すだけですよね?
      そのとれた業界にはその言葉が通じるということ
      ですから、全国のその業種に声をかければ…

      それだけで一生ハシキスト様は食べていけますよね、
      私なら、一日中電話したりメールしたりで一気に突き抜けて
      いくと思いますよ。悩みは注文をとった後で考えれば
      いいんです。何十件、何百件、何千件とっても、SOHOの
      方は仕事を待っていますからね!

  • 宮崎様のコメント: 2014年6月13日 3:35 AM

    いつも、具体的なお話ありがとうございます。
    1、営業が一番難しいと感じておりましたので、今日の「取材」のキーワード
     には感心しました。
    2、狙う業界は歯科医、や飲食業を考えております。
    3、切り口は今日の動画にあったのを私が話しやすいようにしてみようと
     思います。いろいろ変えていたら、ついつい売り込みがでてしまいそうなので。

  • GHQ様のコメント: 2014年6月13日 2:46 AM

    1.今回のは、作成をするための取材という位置づけですが、将来的に成果物は不要なのか少し疑問です。
    程度はどうであれ、何らかの結果を準備したい気がしますが、先方はそうでもないのかな。
    バックエンドは違いますが、医療業界を専門に、無料でポータルに掲載するという切り口で取材を申し入れ、全国展開でアポ取りをしているところがあります。そこには実際にポータルサイトがあり、取材した医院の情報を掲載できます。
    ちなみに、そこは歯科医や各士業、内装業などのポータルサイトも準備中らしいです。
    いずれ、こちらとバッティングするかもですね。

    2.医療業界と飲食業界

    3.業界の現況と展望、その対策はどうしているかという辺りから、本題に渡していいくことになるでしょう。

  • mizuno_j様のコメント: 2014年6月13日 2:32 AM

    1.コールセンターを持ちテレアポ事業を行ってますが、相手の心理をつく意味で今回の事は大変参考になりました。
    2.まずは美容系のお店・企業に絞ります。
    3.切り口としては、言われた通りポータルサイト制作で話を進めます。仕事柄トークマニュアル作りや改善を常に行ってますので、相手の反応を見ながら見直しも行っていきます。

  • Hide様のコメント: 2014年6月13日 2:27 AM

    1.感想・気付き
     TELアポや飛び込み営業は、以前バイトで経験しましたが大変でした。
     『取材』と言う言葉はなるほどと思いました。
     私が逆の立場なら、いきなりの電話でも悪い気はしません。
     
    2.◎◎業界
     今、同業者が多い『歯科、美容院』あたりを考えています。
     
    3.電話での切り口
     基本は、動画の通りに動いてみます。

    次回も楽しみにしています。ありがとうございました。

  • ネットマン様のコメント: 2014年6月13日 1:40 AM

    1、アポの取り方に、『取材』という言葉を塚野はさすがだと思いました。

    2、美容院業界

    3、いきなりハードル高いですが、地区の商工会にお願いして、自分の町の美容院関係の人を集めて貰ってそこで話をするのもいいと思います。その他は、今日教えていただいた方法で。

  • 花子様のコメント: 2014年6月13日 1:30 AM

    1-名刺の提示を求められた時の対応。先に事業主や法人を立ち上げてからの内容でしょうか?今後、「早くそのポータルサイト立ち上げてよ」みたいな話になったときの対応を知りたいです。

    2-士業、建設会社、居酒屋

    3-これからの○○業界について取材をしたいのですが」とアポを取り、フムフム聞いて御礼という切り口。

      

  • よかっ太くん様のコメント: 2014年6月13日 12:52 AM

    1.感想

    かなり具体的で参考になりました。「取材」をお願いするときに下心がバレないようにしたいですね(笑)

    2.どの業界

    実際面からみて、飲食店、整骨院、理髪店あたりなら声をかけやすそう。

    3.話の切り口

    オーナー社長とはすべからく自慢話を長々としたがるので、「貴社が成功した理由は何でそしょうか。ぜひ聞かせてください。」くらいから入るとスリスリ度を上げられるかもしれませんね。

  • 大久保龍之介様のコメント: 2014年6月13日 12:08 AM

    1)
    取材というキーワードで業界の勉強もできて、かつ提案までの流れがスムーズで目から鱗でした。

    2)
    健康業界を考えてまして、もう少し対象を狭めていきます。

    3)
    スマホサイトを構築することで、日々の情報発信をメルマガなどでも行えます。
    スマホで、サイト見る、電話で予約できる、メールもとんでくる。
    1台で色んなメディアに触れることができ、歩く広告塔にもなれる部分を押して行きたいです。

  • わたなべ様のコメント: 2014年6月13日 12:08 AM

    1.仰るとおり「取材」なら壁なく接してくれそうです。
    2.美容健康関係が良いと考えています。
    3.先行者利益があることもセールストークにしたいと思います。

  • ゆうきち様のコメント: 2014年6月13日 12:04 AM

    松本先生 今晩は!
    毎回、実践的で、充実した内容のセミナーを有難うございます。

    1、 今回のセミナーの感想です。
       『取材』 という切り出し方は、素晴らしいですね、
       さすがは、第一人者だと思います。

       私は、特に、ひいきにしているお店や、知り合いのお店がないので、
       今回の、取材の案は大変参考になりました。

       つきましては、一つ質問があります。
       ポータルサイトを作成するための、取材だと話を進めて、
       コンサル契約を結んで、後日に、
       「例の、サイトの件はどうなった?」
       と聞かれたら、どの様に受け答えをすれば良いのですか?
       松本先生が実際に契約された時は、どうなったのでしょうか?
       
       教えて頂きたいと思います。

    2、 他の方の、コメントを拝見したところ、
       ”飲食業、美容業、エステサロン、歯科医、整体業”
       などの業界を狙うという方が多かったですね。

       それなので、私は、他の業界を狙いたいと思います。
       なるべく、客単価の大きい業界が良いですよね、
       宝石や貴金属、腕時計などの、高級装飾品の販売業、
       もしくは、探偵業あたりも、面白いかなと思います。

       探偵業は検索してみたら、大手の2社が、しっかりと、
       スマホサイトでした。 ただ、値段の安さを、うたってました、
       安売り勝負では意味が無いと思います。

    3、 電話での切り出しは、やはり『取材』です。
       装飾品業界は、取材内容を、
       業界新聞か、地方新聞に投稿するなどしてみます。
      
       探偵業は、取材内容をどの様にするか、
       まだ良い案が浮かびませんが、考えてみます。

    次回のセミナーが楽しみです。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 11:18 AM

      ゆうきち様、こんにちは、
      松本です!

      契約を結んだ後日に、サイトの件を聞かれたら?
      素直に現状の進捗状況をお伝えするだけですよね、
      SOHOの方にどこまで進んでいますか?ときいて、
      いまこの段階ですよ。とお伝えするだけです。

      業界新聞に取材内容を掲載する?
      とはどういうことでしょう?
      スマホ起業プログラムでそういうことは、
      お話したことはないと思いますが…

      教えてないことをやってしまうと、
      失敗する確率はかなり上がってしまいますよ。
      成功したことを素直にそのまま実行することが
      最速で成功できる方法です。

      引き続き頑張っていきましょう!

  • Redstar様のコメント: 2014年6月12日 11:58 PM

    1.感想
    いつの時代も、市場を開拓して行く者が富を得ると言う事を感じます。
    前回の課題の時に、自分の身の回りにあるお店が所属するであろう業界について
    色々と検索して見ましたが、スマホの広告らしき物を掲載しているところが殆どない
    事に驚かされました。つまり、この市場はまだ殆ど手付かずの状態と言う事ですね。
    今回の顧客獲得に関しても、多くの経営者は「売り込まれる事」に嫌気がさしており、
    営業の電話と分かった途端に心を閉ざしてしまう。そういった点から「取材」と言う
    切り口は相手の警戒心を解くとても素晴らしい「魔法の言葉」だと感じました。

    2.自分ならどの業界から攻めるか

    近所に水の販売店が散在しているので、この辺りから攻めて見ようと思います。

    3.そこへどういう切り口で入るか

    私の場合は電話ではなく、直接お店へ行き、お客と言う立場で水を購入しそこから
    いつからこのお店をやっているのか、何故水販売を始めたのか、お客さんはどうか
    等世間話を交えて話し、最後に実はスマホのコンサルをやっているが、スマホでの
    集客に興味があるかを聞くと言う感じでストレートに話しを持って行こうと思って
    います。

  • みのむし様のコメント: 2014年6月12日 11:45 PM

    いつも見させていただいています。
    有難うございます。

    1.今日のビデオを見ての感想や気付き、
    疑問点や質問があればお書きください。

    取材という切り口は良いですし、なるほどと思いました。
    ただ、社長に取材した内容が、「どのようになるのか」の設定が決まって
    いなくても大丈夫なのでしょうか?
    相手の社長さんは忘れてしまうものなのでしょうか?
    アポを取るのが大事なので、気にする事ではないとは思うのですが、
    少し気になりました。
    一度経験すれば、度胸がついて平気になる様な気もしますが。
    協会を名乗って大丈夫かも少し気になりました。

    2.今回のビデオでお伝えした、
     最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。

    飲食系が一番だと考えてました。
    単純に広告費が多そうに感じましたので。

    3.電話からどういった切り口、入り方を
     していくか具体的にお書きください。

    基本は教えられた通りに実行しようと思っています。
    最初は成功者のまねをするというのが、成功への近道だと
    思っております。

    今後のビデオもよろしくお願いいたします。

  • 城戸様のコメント: 2014年6月12日 11:24 PM

    ステップ1 今回のビデオを見ての感想や気づき
    今回のビデオを見て、○○企業サポート協会と名乗って「取材」を申し込むということには、正直、抵抗があるなーと感じつつ、ビデオを見ていました。
    なんだか、相手を騙してるみたいで。
    んーと思っていたんですが、じゃあ作ればいいじゃん。
    スマホを使って、地域活性化をはかる「〇〇協会」を。とビビっと思ったんですけど、へんですか。狙う業界に特化した「〇〇協会」作って活動するのは変ですか。
    スッテプ2 最初に狙う◎◎業界は
    狙うのは、整体業界、アルコール業界(酒屋、居酒屋、アルコールを飲める店)
    スッテプ3 具体的切り口等。
    整体業界、アルコール業界共に「〇〇協会」をまず、個人で自称で作る。
    整体業界、アルコール業界共に知人がいるので、モニターになってもらうと共に、協会に引きずり込む。
    いいじゃないですか、皆で業界を活性化しましょう!と。
    あとはビデオのように、「〇〇協会の城戸ともうします。◎◎業界を活性化する目的で活動しています。」と切り込み、成功事例、成功への取り組みを取材させてもらって、その内容を、フィードバックしていく。
    スマホコンサル+「〇〇協会」。いいじゃないですかと思ったんですけど、へんですか。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 11:23 AM

      城戸様、こんにちは、
      松本です!

      スマホコンサル +「〇〇協会」は、
      スッと入ってこなくて、ぎこちないですよね。

      城戸様がお客さんの立場になって、
      スッと入ってくる肩書きが一番いいですよ。

      活性化する目的で、というのは危険ですね、
      あっ。この人まだ実績ないのかな?と疑問点が
      増えてしまいますから。

      そこは、しっかりと言い切ることが大事です。

      例えば、
      「活性化する目的で…」と
      「活性化しています。」

      ではどちらが惹き付けられますか?
      私なら後者ですね。

      既に活動しているか、活動をはじめるか
      では相手の脳に焼きつくイメージが雲泥の差が
      生まれてしまいます。

      一言ですべてが変わってしまいますので、
      そういうポイントを治すといいですね!

  • みやこ様のコメント: 2014年6月12日 10:38 PM

    1、取材の切り口でアポを取れれば、営業で入っていないので、相手の警戒も薄れるのかと思いました。過去に、飛び込み、テレアポをしていまいしたが、都度打ちのめされた経験があるので、この方法が楽しみです。

    2、歯科医院、美容業界です。

    3、今回の取材で切り込みたいです。
    後は、知人から話を広げていきたいと思います。

  • simomura様のコメント: 2014年6月12日 10:25 PM

    いつもありがとうございます。
    STEP1:
    電話営業は、チョトねと思っていましたが、
    取材という切り口で行けば取れそうですね。
    特にポータルサイトはいいとおもいました。
    タウン情報紙も掲載料が結構高いと聞きましたので、
    いいかもしれないと思いました。

    STEP2:
    美容業界(美容室、エステ、ネイル)

    STEP3:
    取材で入って行きます。
    回数を重ねると、うまい入り方も見つけることが
    出来るかもしれませんが、先ずは、取材で行きます。

  • S.F様のコメント: 2014年6月12日 10:17 PM

    1.今回のお話は、半信半疑です。
    というのは、私も小さいながら会社を持っていますが、依然雑誌の取材というものを受けた時、終わったあとその雑誌の掲載料とある程度の冊数を契約させられました。
    その後も取材という誘いは何度もありますがそれに懲りて断っています。

    最近でも素人ポイ人が取材ということで連絡が数件ありました。
    実はポータルサイトに登録しています。
    まさに松本さんの指導そのままに動いているのかも・・・。

    私は自分が取材を断っているので、このやり方はあまりしたくありません。

    自分のすでに知っている会社の方にお話を聞かせてほしいという切り口はありかと思いました。

    2.最初に狙うのは、歯医者さんとか整体師さん。

    3.素直に、「スマホ集客に興味ありますか?」 
     という基本のスタンスで行きたいと思います。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 11:28 AM

      S.F様、こんにちは、
      松本です!

      S.F様は取材されて、契約してしまいましたよね?
      そしてそれが、本当に集客できて売上があがって
      いたとしたら・・・どうでしょうか?

      スマホコンサルタントは、雑誌契約ではないですからね、
      S.F様が取材で動けば、かなり効果がでると私は思いました。

      いま、その過去のトラウマにブロックがかかっていますが、
      そこを今回のスマホ起業と重ねてしまうのはどうかと思いますよ。
      というか、本当にもったいないと思いました。。

      取材で入り、そこからスマホ集客に興味がありますか?
      で入れると、S.F様はかなり大きな案件を契約できると
      思います。

      なぜなら、既にご自身で体験されていますから、
      その体験を活かすことに注力して頂けると、
      本当にS.F様は素晴らしい結果を残すと私は思いましたよ。

      ご参考になさってください。

  • オオヤ様のコメント: 2014年6月12日 10:13 PM

    1) 今回の講義もありがとうございました。今回の講義を見てやっとスマホコンサルの全体像的なものを把握することができました。やっとですねぇ。腹落ちが遅くて大変申し訳なく思います。他の方のコメントを見ると飲食業界が多いみたいですね。ライバルが多いので頑張らなくてはと思います。取材という切り出し方になるほどと思ってしまいました。無料のレベルではないですね。スマホ企業プログラム登録してよかったです。松本様、北野様ありがとうございます。さらによろしくお願いします。
    2)狙う業界は、飲食、美容、士業です。
    3)『○○株式会社で△△と申します。□□業界を盛り上げるため、専門紹介サイトを作成しようと活動をしています。御社の活動も紹介したいため取材をさせていただけないでしょうか?』と言う感じでアポ取りたいです。

  • 坊さん様のコメント: 2014年6月12日 9:18 PM

    毎回動画が配信されるのを心待ちにしています。 大変参考になります。
    ① 営業の工夫とはいろいろ有るものですね・・・工夫しなくっちゃ・・・
    ② 工務店・と造園業を考えています
    ③ 先生のタウンページ・ポータルサイトを使用するのは同じなのですが、サイトを作るつもり
      で販促チラシを作成し、ファックス・投函から始め、数日後に電話で反応を見ます。
      集客を真剣に考えているならば興味を持って見てくれていると思いますので・・・
      唯、チラシはインパクトの強いものが必要でしょうね・・・
      読まずにゴミ箱と言う事も考えられますので・・・・・・笑

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 11:39 AM

      坊さん様、こんにちは、
      松本です!

      ファックス、チラシ、投函でもいいですね、
      誰もやっていないことですが、、実は、、

      もしもそのDMが、ゴミ箱に入らない方法が
      あるとしたら?

      ということです、私やまわりの経営者様が、
      その方法で億単位の報酬を毎月得ています。

      もしも、送ったものが魅力的でゴミ箱に行かない、
      絶対みられるものだとしたら、ですよね!

      いい発想だとおもいました!

      でも、、まずは基本からやって実績つくっていきましょう!
      応用はその後ですね!

  • 山添様のコメント: 2014年6月12日 9:13 PM

    1.営業として電話をするのではなく、取材させて欲しいという切り込み方は、電話営業に抵抗を感じる私のハードルがぐっと下がりました。電話でアポをとることをやったことがあるので、アポとりの難しさをよく知っているので、これはいい手だと思います。
    ただ、架空の協会を名乗ることにちょっと引っかかります。相手をだましているので、気が引けます。
    2.対象の業界をまだ決めてません。士業がいいかなと漠然と思っています。
    3..取材を、提案、受注へと繋げるところは、まだピンときませんが、最初の1,2社は本気で取材し、感触を確認するのが私にはあってそうです。

  • LEON様のコメント: 2014年6月12日 8:36 PM

    step1
    取材という切り口は思いつきませんでした。かなり使えそうですね!
    さっそく電話してみたいと思います。

    step2
    知り合いの多い飲食店、美容室を中心にいきます。

    step3
    動画で得たものを活用していきたいです。

  • taruto様のコメント: 2014年6月12日 7:43 PM

    1.今回の動画の感想
    コンサルタント契約を取るのにFAXDM・ポスティング・飛込みなどいろいろな方法を試しました。「取材」と言う響きは非常に良いです。飛込時に使ってみます。

    2.どの業界をせめるか
    司法書士・土地家屋調査士

    3.どのような切り口で入っていくか
    「相続税の改正を控え業界の動向を取材させて下さい」
    「今後、厳しくなる業界と思われますが、どの様な集客をしていくのか取材させて下さい」
    「不動産の管理に悩んでいる地主さんがたくさんいらっしゃると思いますが、どの様な方法で相談がきますか?一度取材させて下さい」

    とにかく行動してみます!

  • KAZU様のコメント: 2014年6月12日 7:35 PM

    ①『取材』。その発想はなかったです。

    確かに営業ブロックは外れますね。

    ただその企業サポート協会はなくてもいいのですか?
    また、本当はポータルサイトも作らなくてもいいのですか?
    取材レポート的なものもいらないんですかね?

    そんなこと気にしている時点で考えが甘いですかね??

    ②狙うのは美容業界(エステ・ネイル・ヘアサロンなど)
     お客様が増えてるようなら整骨院などの医療系/士業業界

    ③集客というキーワードに絞りサロンの集客の小冊子などを作る(自分自身の業界の勉強・オーナーの悩み把握にもなる)

  • ゆらぎ様のコメント: 2014年6月12日 7:29 PM

    1.「取材」。経営者側からしたら、口コミ同様、うれしいオファーですよね。タウンページは処分してしまったので、ポータルサイトで行こうと思います。

    【疑問・質問】「お礼」としてアドバイスするときに、第3回と第4回の話をしてくださいということでしたが、ここですべてお話しするということは無料で情報を提供するということですよね。私は第3回と第4回の部分の話しを提供することがコンサルティングの収入になるのかと思っていたので、コンサルティング契約する場合、今回の動画以外にマーケティングの知識が必要ということでしょうか?こちらの動画の知識しかない私がスマホコンサルティング参考価格の月額5万円もいただく自信がありません。コンサルタント業というものが、まだよくわかっていません(知識差に価値があるというのは理解できるのですが、無料提供部分と有料提供部分の境目がよくわかりません)

    2.整体・サロン系狙いでいきます。

    3.正直、電話は苦手です。まずは電話以外の方法でやってみます。ですがこの「技」、とてもありがたい情報です。いつもありがとうございます。

  • 田中様のコメント: 2014年6月12日 7:15 PM

    1)
    早速電話をかけてみましたが、アポとれました。
    正直、電話営業に抵抗がありましたが、
    とても具体的な説明をいただいたので
    スムーズにかけることができました。
    「数打ちゃ当たる」の電話でなく、
    この「取材」という方法はとてもスマートですね。

    2)
    飲食業に絞ります

    3)
    お客さんのメリットを考えて、より精度をあげます。
    ぶっちゃけ、まだ不安はありますが、どんどん行動します!

  • naranara様のコメント: 2014年6月12日 6:57 PM

    お客に有り難うと言われて、お金を頂けるビジネスが一番と思っていましたが、ありがとうと言わせてしまう仕組みがあったのですね。目から鱗です。
    歯医者とか美容・エステの業界に焦点を当ててみたいと思います。

    取材という切り口を鋭角にする手法として、業界とスマホ集客の小冊子を作ってみてはと思います。

  • nobu様のコメント: 2014年6月12日 6:56 PM

    いつもありがとうございます。

    step1
    今日のビデオを見ての感想や気付き、
    疑問点や質問があればお書きください。

    取材をさせてください。という切口は、
    警戒をとくのにとても言いやすい言葉だときずきました。

    step2
    今回のビデオでお伝えした、
    最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。

    まずは、飲食業界、物販業界を狙います。

    step3
    電話からどういった切り口、入り方を
    していくか具体的にお書きください。

    今はスマホサイトが広告に有効であることを、全面的に出していきたいと思います。

  • 浜野様のコメント: 2014年6月12日 6:45 PM

    1、大変勉強になりなした、初回訪問が1番難しいと思いましたがビデオのなかでのアプローチに  は感服しました。
      又、もう一つ難しい問題の次回訪問ができる部分にはなるほどと思いました。
    2、美容業界

    3、PCのサイトを持っているユーザーにスマホについての関心についての質問を1,2個用意  して内容によっての取材という名目でTELアポを取っていく

  • 岸本睦海様のコメント: 2014年6月12日 6:37 PM

    なるほどです。ありがとうございました。

    ポータルサイトを直接取材してみようと思います。
    これは以前から考えていたことで、33年の花屋の店舗経営が活かせるとおもいます。

    ふんぎりがつかなったのですが、今までのビデオを見て活動してみます。
    まずは1店舗から実績を作りながら、同時進行でポータルサイトにアタックします。

    スマホフラワー店舗コンサルタント 岸本睦海 と申します。
    どうぞ、よろしく^^

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 12:00 PM

      岸本睦海様、こんにちは、
      松本剛徹です!

      スマホフラワー店舗コンサルタントもいいですね!
      花屋専門スマホ集客コンサルタントとか、、

      花屋さんを活かして、、
      私なら、ブリザーブドフラワー専門スマホコンサルタント
      とかやってみたいなと思いました。

      引き続き頑張っていきましょう!

  • 後藤孝文様のコメント: 2014年6月12日 6:32 PM

    1. 目的を達成するために,相手に受け入れやすいアプローチをする。これ,新規顧客獲得をする上では必須ですね。タウンページを見込み客リストとして使うという発想はまったくなかったので,早速見てみます。ただ,他の方もコメントしていらっしゃるように,どこかの団体に所属しているかのような印象を与えた場合,私だったら,具体的にいつ・だれが・何の目的で・どのように設立したかを質問攻めにすると思います(笑)。また,自分なら,取材したのちに具体的にいつ・どのような媒体で・どのようにその結果を使うのか,個人情報の管理はどうするのか,といったことにまで踏み込んでいくでしょう。

    2. まずは,今知人の引き合いがあり,最初の1件になりそうな「整骨院」を中心に進めたいと思います。また,カーディーラー(BMW)からもメルマガが来るのですが,PC対応のみのようで,携帯では見づらいため,体裁を変えつつスマホ対応したらどうですか,と提案してみたいのですが,こうした店は「この車が欲しい」という人たちが主に集まるため,スマホ集客の効果性は見込めるでしょうか?

    3. セミナーであった基本的な流れを踏襲しつつ,個人事業主として屋号を持っているため,PCサイト・スマホサイトをつかってこの業界(整骨院)に集客のチャンスをもたらしたいことをお伝えし,取材を試みたいと思います。

  • AKI様のコメント: 2014年6月12日 6:30 PM

    1,1人目のお客さんを獲得するのは大変ですが、この方法ならいけると思いました。

    2.美容業界

    3,取材ということでアポを取り、話を聞いた後、スマホサイトの話をする。

  • 柏井様のコメント: 2014年6月12日 6:22 PM

    1、取材と言う切り口で入っていくと言うのが驚きました。

    2、美容院、歯科を狙いたいです。

    3、美容院はまずはお客として、歯科は患者として、それから実行したいと
    思います。

  • KENKEN様のコメント: 2014年6月12日 5:57 PM

    いつも、ありがとうございます。

    step1
    今日の内容も、具体的な言葉『取材』や一連の流れなどわかりやすかったです。
    だめもとでアポをとる営業トークより効率的で反応は良いと思いました。

    step2
    まずは、歯科や整体など競争の激しい業界を狙っていきます。

    step3
    まずは、教えて頂いた内容通りにさせて頂いて、トライ&エラーで修正していきたいと思います。ただ最初は実績も何もないので、知り合いから契約を取っていって、自信をもって電話するのも方法だと思います。とにかく行動ですね!

  • chicchi様のコメント: 2014年6月12日 5:43 PM

    いつも貴重な情報ありがとうございます。
    以下、エクササイズです。

    ■今日のビデオを見ての感想や気付き、
    疑問点や質問があればお書きください。

    あ~なるほどというのが今回の動画の感想です。
    難しく考えすぎなんですよね。

    ■今回のビデオでお伝えした、
    最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。

    私は長い間不動産業界にいたので不動産業界を狙います。

    ■電話からどういった切り口、入り方を
    していくか具体的にお書きください。

    まずは、電話してみないとなんともいえませんが
    何パターンかトークを考えて用意しておいたほうが
    良いと感じました。

    不動産業界はお金を持っているという印象があり
    集客といった話がたくさんくると思います。
    ですので、差別化も必要ではないかと思っています。

    動画を拝聴するたびに、何か霧が晴れていくようです。

    引き続きよろしくお願いします。

  • 長嶋様のコメント: 2014年6月12日 5:38 PM

    1.今回の動画の感想
    そうきたか!という感じでした。なるほどなと。
    協会を名乗るという経験も、取材の経験もないので、不安はありますが、
    実際にこの方法で結果を出しているということで、
    素直に真似をしようと思います。

    2.どの業界をせめるか
    1回目の動画が始まってからずっと考えています。
    個人的には整体、マッサージ、針、鍼灸、サロンなどの
    健康産業系店舗に興味があります。

    3.どのような切り口で入っていくか
    今までの動画で「スマホ集客」と言えば、大抵の場合興味を持つと
    おっしゃっていましたので、正直に攻めるのはどうなんでしょうか?
    「この業界をターゲットに個人でスマートフォン集客コンサルをやりたいと思っているのですが、業界のことに関して無知ですので、この業界で長らく第一線で活躍されてきた
    ○○社長様に業界の歴史、またこれからのこの業界はどう変化していくのか?など、
    色々お話をお聞かせ願いませんでしょうか?」
    といった具合で。

  • アリタケ様のコメント: 2014年6月12日 5:27 PM

    松本様

    1.第5回顧客獲得法(前篇)のビデオを拝見させていただきました。ありがとうございました。
     対象の顧客を業種別にタウンページ、ポータルサイトで絞り込み、取材という形でアポを
     取りやすくして、スマホサイトの作成を提案するという方法は効率の良い営業であると
     思います。

     質問ですが、
     ◎◎協会という名前を自分で作って、それを名乗って問題は無いでしょうか。

    2.最初に狙う業界は営業経験のある、飲食業界です。

    3.電話での切り口
      地域の商業の活性化を図るため、集客に関するコンサルティングをさせていただいており  ます、◎◎様に取材をさせていただきたいのですがよろしいでしょうか。

  • おさむ様のコメント: 2014年6月12日 5:14 PM

    1、今回もとても勉強になりました。アポを取る際のポイントは相手を安心させることだと思いました。取材という切り口で、普通の営業マンではないと思わせることはとても良いと思いました。

    2、業界は美容院、整骨院、美容エステサロンを狙いたいです。

    3、アポ取りの電話の際、まず「取材」という切り口で社長に繋いでもらう。
    次に、社長と代わったら、相手の心を開いて安心させる為に会社について褒めて、どのような経緯で会社を大きくされたかなどを取材させてほしいとお願いする。ポータルサイトを作り業界を盛り上げていきたいとも伝える。
    アポが取れたら、実際にインタビューし、業界のことについて聞いた後に、お礼としてPCサイト、スマホサイトをどう作るべきかのアドバイスをする。
    もしよかったら、提案させていただきますがと伝え、次のアポの取るかその場で契約を決める。

    早速明日から動いてみたいと思います!ありがとうございます!

  • kinoshita様のコメント: 2014年6月12日 5:08 PM

    毎回、非常にためになる動画をありがとうございます。

    1.どういう顧客獲得方法があるのかとても待ち望んでおりました。
    なるほど、「取材」という言葉!思ってもいなかった手法です。
    準備や何かと不安はつきものですが、まずは行動あるのみですね。

    2.美容業界です。

    3.動画で学んだことを実行していきたいと思います。

  • toku様のコメント: 2014年6月12日 4:53 PM

    1:具体的でわかりやすかったです。ただ、○○企業サポート協会を名のるのには、抵抗を感じます。取材の際、名刺は不要ですか?
    また、取材のお礼に、PCサイト、スマホサイトの作り方をアドバイスするのはわかりますが、取材後の結果報告も、相手から求められないのでしょうか?

    2.美容業界。次に、歯科医師業界を。

    3.知り合いから入る方法と「取材」の方向から進める2つの方法で展開できればと思います。
    「お忙しいところ申し訳ございません。
    こちら美容サポート協会の◯◯と申しますが、今回美容業界の現状、クレームの状況、お客様への対応や営業方法などを取材しておりますが、取材させていただけませんでしょうか?」

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 12:15 PM

      toku様、こんにちは、
      松本です!

      取材後の結果報告とはどんなものでしょう?
      テレビや雑誌取材ではないので、結果報告を
      聞かれることはないですよ。

      取材して、スマホコンサルタントの契約を結ぶ
      切り口ですから、安心してください。

      美容サポート協会よりも、美容集客サポート協会
      がいいですね!

  • suzuki様のコメント: 2014年6月12日 4:46 PM

    ・凄く良い切り口でした。これならすんなり話しを聞いてくれそうです。
    ・店舗数が多い美容室。
    ・カリスマ美容師の取材。

  • ディープ・インパクト様のコメント: 2014年6月12日 4:35 PM

    いつも ありがとうございます。
    ① この手があったのか!と頭の中がクリアーに晴れる思いです。ただ名刺等の若干のツールが必要なのかなとは思いました。

    ②予約の必要なネールアートの業界がいいのかと思いました。士業も考えたのですが、堅い業界なのでお手軽なスマートフォンで検索するのかと?マークが点きました。

    ③具体的なスマートはまだ煮詰めていませんが、ホットペッパーに頼らずに独自のサイトを持ちませんか?予約等が簡単に増やせますヨ。

    こんなところでいかがでしょうか?

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 12:18 PM

      ディープ・インパクト様、こんにちは、
      松本です!

      ディープ・インパクト様がお客さんの立場で、

      具体的なスマートはまだ煮詰めていませんが、ホットペッパーに頼らずに独自のサイトを持ちませんか?予約等が簡単に増やせますヨ。

      の文面を見たら契約したくなりますか?
      「スマートはまだ煮詰めていませんが、」
      「ヨ」とか、

      まず、契約しないですよね、、、
      士業も業界はかたくても、検索するひとは士業の方
      じゃないですからね、検索するのは主婦だったりします。

      少し考えすぎのような感じですね、
      もっと楽に、スマホ起業プログラムの内容を
      そのままやってもらえれば契約はあっさりとれて
      しまいますよ!

      頑張っていきましょう!

  • 藤山様のコメント: 2014年6月12日 4:17 PM

    お礼のアドバイスは、前回、私、コメントしてましたね。
    そこから、どうやって、アポイントに繋げようかと、考えながら、今回の動画視聴になりました。
    結局、案がないままに、行き詰まってました。
    知人の紹介以外は。

    取材、いい響きです。

    飲食業界です。絞ります。その次は、ペーパーに載っている業界です。

    方法は、タウンページの代わりに地域のフリーペーパーに広告だしている会社です。
    私の地域では、3つあるので、そこを攻めます。

    フリーペーパーが、反応が薄いことは、わかっているのに、惰性でだしているところ、多すぎです。
    有効な手がないのです。
    そこをついていきます。

    もちろん、ポータルサイト作成は、使わせて、いただきます。

    外注先、見つかりました。
    顧客も、知人から攻めています。
    紹介料をバックする形で。

    以上、ご報告です。

    北野さん、俯瞰の件、ありがとうございます。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 12:20 PM

      藤山様、いつもありがとうございます。
      北野哲正です。

      知人の方に声をかけてもらって、
      その知人の方にさらにお知り合いを
      紹介してもらえばいいですね。

      それだけで、藤山様は何もしなくても、
      どんどん契約がとれていきますよね。

      その紹介してくれる人がいると、
      本当にラッキーだと思いますよ。

  • はるゆき様のコメント: 2014年6月12日 4:11 PM

    1)感想
      タウンページで業種を絞って、「取材」という切り口でアポイントを取る。という発想には、
      なるほどと!!と思いました。

    2)業界
      飲食業界

    3)切り口
      まずは、教えられたことを忠実に実行してみます。

  • 三井様のコメント: 2014年6月12日 3:31 PM

    1:今まで誰かに取材なんて言葉を使った事がなかったので思いつかったすごい言葉ですね。社長なら取材されること嫌がる人はあまりいないはずですもんね。

    一つ質問なんですが、取材の際にアドバイスをして次回のアポを取って提案しに行く時の提案というのは取材の際に話したアドバイスを分かりやすく紙面で説明するという事でしょうか?

    2:クリニックとか歯科はいけるかなと思ってます

    3:ライバルも多く集客に何かしらの工夫などされてますか?など話してスマホ集客の話をしたいと思います。

  • ハンドルネーム様のコメント: 2014年6月12日 3:19 PM

    今日のビデオを見ての感想や気付き、
    疑問点や質問があればお書きください。
    (※全ての質問にお答えするわけではありませんが、
    次回以降のビデオ作成の参考にさせていただきます。)

    ●「〇〇」とは以外でした。この情報が
    あまり広がって欲しくないですね。
    松本さんの苦心の末の発想ですね、ありがとうございます。
    新規客を獲得できそうです。
    ●飲食店向けに提案しようと思うのですが、
    飲食店が掛ける月額の宣伝広告費としては
    月間売上高の何%ぐらいが適性でしょうか?

    今回のビデオでお伝えした、
    最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。

    ●飲食業界にします。

    電話からどういった切り口、入り方を
    していくか具体的にお書きください。

    ●はじめまして、飲食店サポート協会の上田と申します。

    実は市原市を中心としたポータルサイトの立ち上げに際しまして、

    是非ともそちらのお店の取材をさせて頂きたいんですが、

    店長さんはいらっしゃいますでしょうか?

    (代わってもらったとして)

    実は市原市を中心としたポータルサイトの立ち上げに際しまして、

    是非ともそちらのお店の取材をさせて頂きたいんですが、

    店舗立ち上げから現在に至るまでの経営状況や、

    ・業界について
    ・理想のビジネスモデルについて
    ・集客について

    などのお話を伺いたいのですが、よろしいでしょうか?・・・

    もしよろしければ取材日程を決めさせて頂きたいのですが?・・・

    何月何日、何時に店内ですね?。はい、解りました。

    それでは取材に行かせて頂きますのでよろしくお願い致します。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 12:26 PM

      ハンドルネーム様、こんにちは、
      松本です!

      飲食業界での、頂くマージンのパーセンテージですが、
      カテゴリーによって全く違いますよね。

      飲食でも、居酒屋なのか、洋食か和食か、、
      利益率が全く違ってきますからね。

      そこをもっと具体的に落とし込む必要が
      ありますね。

  • hiro様のコメント: 2014年6月12日 3:16 PM

    いつもすばらしいわかりやすいお話ありがとうございます。

    1.取材という切り口はすばらしい!社長は話好きで、自分のやってきたことを話すのが得意なので、それを聞いてあげることは社長のテンションがアップするので、そのあとにスマホ提案の話に持っていくことはかならずビジネスにつながると思いました。

    2.飲食業界に行ってみます。

    3.飲食業界のポータルサイトがいろいろあるなか、現在のポータルサイトに対する不満点等をぜひお聞かせいただきたいということで訪問します。

  • 金子様のコメント: 2014年6月12日 3:06 PM

    今回もありがとうございました。

    STEP.1
    「取材」という切り口はすごく斬新に感じました。
    またポータルサイトからというのもあ、そうだ!っと
    目から鱗が落ちまくりでした!

    STEP.2
    飲食・司法業界を狙っていきたいと思います。

    STEP.3
    まずは知り合いの方に話しをしてみたいと思います。
    取材、アドバイス、提案までの流れを体系化することを目的に、
    手応えを感じて、実際に電話でアポをとっていきたいと思います。

  • erika様のコメント: 2014年6月12日 3:02 PM

    1.まず率直な感想は、この発想は自分の中では思いつきませんでした!
    自分なりにこの動画が配信されるまで、あらゆる方法を考えていました、飛び込み?
    電話?どれも自分がされたら嫌な事ばかり考えていました。
    でもこの方法なら嫌がる人はいないんじゃないかなと思います!
    少し顧客獲得に自信がつきました!
    早速実践していきたいです!

    2.狙っている業界は何種類かありますが、整体、接骨院あたりから狙っていきたいです!

    3.どういった切り口でとありましたが、まだ思いつきません。
    この方法をまずやってみて、自分なりのトーク術を上げていけたらと考えています!
    疑問なのですが、ポータブルサイトを立ち上げてという所で代表の方にのちのちそのポータブルサイトの事を聞かれたらどう伝えれば良いのでしょうか?
    宜しくお願いします!

  • saffa様のコメント: 2014年6月12日 3:00 PM

    1、今回も勉強になりました。
    ありがとうございました。
    顧客獲得方法、とても参考になりました。
    取材という言葉は魅力的ですね。
    話法まで教えていただいて凄いなぁという感想です。
    2、建築業や工務店関連の業界に興味があります。
    3、取材させていただく、という姿勢がなるほどという感じで
    実際にできそうと感じました。
    が、私は主婦なので、言葉遣いや身だしなみなどにも気配りをして
    仕事としてのオーラ?を出せるようにしなければとおもいました。

  • 宮ちゃん様のコメント: 2014年6月12日 2:49 PM

    すばらしい情報ありがとうございます。

    1.経営者に合える魔法の言葉があるなんてビックリです。
    これは騙されたと思ってガンガン行くのみですね。万が一うまくいかなくたってリスクゼロですからね。

    2.美容院から行きます。

    3.ポータルサイトはいいですね。
    掲示板などで収集した最近のお客の悩み情報などを織り交ぜて、情報提供しながら集客の話に繋げていこうと思います。
    もちろん話過ぎないように取材という観点で・・・。

  • hana様のコメント: 2014年6月12日 2:48 PM

    1.なるほどと、思いました。取材とは思いもよらなかったです。
    2.飲食業界
    3.取材、業界について、ビジネスモデルについて、集客について

  • 恵様のコメント: 2014年6月12日 2:43 PM

    ①なるほど!でした。確かに取材と言われれば、上の者に相談いたしますという応対に変化するでしょう。

    ②美容院、整体院などを考えています。

    ③現在の集客においての悩みや、すでにお使いの広告などへの不満や希望はございますか?

  • rugger様のコメント: 2014年6月12日 2:40 PM

    1)感想・疑問
    「取材」というスタンスでアポイントと業界リサーチができるという方法は、自分では全く思いつきませんでした。
    動画内では直接電話をかける方法でしたが、EメールやFAXなどでも可能だと思いました。これらをご説明されなかったということは、成功率が低くなるからでしょうか?

    2)狙う業界
    知人が経営する飲食店、治療院です。

    3)切り口
    動画の手順を基本として行こうと思いますが、ポータルサイトに対する見込み客の反応によってトークスクリプトを変える必要があると思いました。(知人の中ではネガティブな印象を持っている人が意外と多いので)
    なので、アポイントの時点ではポータルサイトには触れず、取材の質問の中で聞き出すなどの工夫をしたいと思います。

  • あかべこ様のコメント: 2014年6月12日 2:39 PM

    1、感想
      「取材」となれば誰も断らないでしょう!
     なるほどと思います。

    2、業界
     整体院

    3、具体的な入り方
     整体院関連企業サポート協会の■■と申します。
     現在、協会で整体院関連業界様向けに、2人に1台と圧倒的に復旧している
     スマートホン活用者からの集客ポータルサイトの作成に当たり、現場の整体の
     先生方に直接取材して、お知恵をお借りしております。
     つきましては、○○先生にも取材させて戴きたくて、アポの連絡をさせて頂きました。

  • 西尾様のコメント: 2014年6月12日 2:35 PM

    1.感想と気付き

     営業のアプローチの方法は、「取材」という名目で行うそのアイデアとしては
    面白いと思いますが、よほど練り上げた前準備でかからないと売り込みが
    「ばれる」可能性があり結構「度胸」がいると思います。
     これは、少し向き不向きがあるように思うのですが。

    2.業界を決める
     一人当たりの客単価が1万円以下の業界が良いのではないかとおもいます。
     美容関連業界は、激戦区でしょうか?
     健康関連業界は、商品が多岐に渡りますので可能性があるように思います。
     私が考える分野は、弁護士、税理士、司法書士等の「士」業のスマホ営業です。

    3.切り口を考える
     これらの業種は、客にとって「ハードル」が高い為にアドバイスを受けにくい
     業界ですので、その導入はひと工夫が要ると思います。
     (具体的なアイデアはありませんが)

  • 戸田紳一様のコメント: 2014年6月12日 2:15 PM

    戸田紳一様のコメント:コメントの承認待ち 2014年6月12日 2:13 PM
    <再送>
    お世話になっております。
    取材キーワードはたしかにありかと思います。
    昔、放送局の荒手の営業で広告の押し売りをするための取材営業がありました。

    ただ、一般的な中小零細には聞くのではと思います。
    現状考えているのは、
    ・不動産業
    ・賃貸オフィース業
    ・住宅設備業
    等、空間関連サービス業にしぼるかなと思っております。

  • 勝田豊嗣様のコメント: 2014年6月12日 2:02 PM

    ・ビデオを見ての感想
     私自身、こんな切り口で入っていけば仕事が取れるのではないか?という考えはあるのですが、今回お伝え頂いた内容はとても具体的で実践的なもので感動しました。
    相手の立場になって考えるとこのようになるのですね。

    ・最初に狙う業界
     地元の理美容業界です。

    ・切り口、入り方
     身内が理美容業ですのでそこから「取材」のアポを取りたいと思います。
     今の業界やお客様(候補)の店舗の現状などをお話し頂いて参考にしたいと持ちかけます。

  • 湯口正宣様のコメント: 2014年6月12日 1:49 PM

    いつもありがとうございます。
     1,ビデオを見ての感想や気付き、疑問点や質問
      シンプルでわかりやすい内容でした。
     2,最初に狙う「◎◎業界」
      狙うとしたら、飲食店が一番良いのでは?
     3,電話からどういった切り口、入り方?
       今、食べ歩きログのサイトを作っています。 
       この地域のうまい物店を集めています。

     実際、私は、海外に住んでいますので、日本での営業は難しいので、
    営業してもらう人を集めて、私は、サイト作りに徹していこうと考えています。
     スマフォサイトは、どこまでのスキルを要求されるかが一番の課題です。
     

  • 吉岡様のコメント: 2014年6月12日 1:39 PM

    いつもありがとうございます。
    1.アポ→取材→アドバイス→提案はとても新しい切り口だなと思いました。アポを取るまではかなりハードルが低くなった気がします。

    一つ疑問があったのですが、この取材の目的はこちら側としては最終的には顧客獲得だと思いますが、アポを取る段階で相手に伝える取材の目的は「業界のリサーチのため」でしょうか?
    あるいはポータルサイトを作るとあったので、そのサイトへ記事を載せる事でしょうか?後者の方が相手にメリットが大きいと思うのでアポが取りやすいと思うのですがポータルサイトを実際に作らなければできないと思うので前者なのかなと思うのですがいかがなものでしょうか?

    2.狙う業界はなるべく客単価が高く、リピート率の高い業界を狙いたいので、スクール系事業で行きたいと思っています。

    3.まずは練習として知り合いで何人かスクールを運営している人がいるのでその人に、取材→アドバイス→提案までを体系化してシミュレーションしたいと思っています。
    そこで契約が取れれば万事問題ないですが、もしとれなかったとしてもそこのシミュレーションを生かして実際にアポを取っていく事をなるべく早い段階でやっていこうと思います。

    • jsma様のコメント: 2014年6月13日 12:37 PM

      吉岡様、こんにちは、
      松本です!

      「取材」はもちろん、契約をとるためですよ、
      私たちはリサーチ業ではないですからね。

      スマホコンサルタントとして契約をとるために、
      取材を切り口にしているんです。取材という言葉を
      使わなくても、相手の方に会えるのでしたら使う
      必要性は全くないですからね!

  • 田鍬様のコメント: 2014年6月12日 1:35 PM

    本日もありがとうございました。

    1.今回の動画の感想
    顧客獲得方法、楽しみにしてました。ここができないといくら知識をつけても売上0ですから、しっかり実行していきます。タウンページやポータルサイトから業界を絞り、取材のアポを取る。なるほど!って感じでした。これなら売り込みされるんだろうなっていう心理的な壁は限りなく低くなると思いました。
    早速実行します。

    2.どの業界をせめるか。
    私は、もともと地元で個人塾を経営していました。なので学習塾への売り込みは要領がわかっていて営業しやすいかと思いますので、まずは、学習塾業界からせめていきます。

    3.どのような切り口で入っていくか。
    まずは、この動画で教えていただいたことをそのまま実行しています。そして、色々な経験を踏みながら、新たな気づきを活かし、今後の集客に活かしていこうと思います。

  • T・T様のコメント: 2014年6月12日 1:19 PM

    1,感想、気付き

    「〇〇に興味ありませんか?」 「取材させていただけませんか?」
    「△△会社です。」「☆☆協会です。」 言葉を少し変えただけで
    売り込にから相手が望む、興味がある言葉になるんですね。

    この「切り口を変える」は今回の顧客獲得の取っ掛かりに限らず
    あらゆることに応用できますね。

    事前に用意して持っていくものはないでしょうか?
    実際に社長に会って「実績を見せて」「どんな協会?場所は?」
    「この取材したヤツ、どんな情報誌に載るの?」なんて突っ込まれないんですか?

    2,狙う業界

    リフォーム会社

    3,電話でどういった入り方か

    「お忙しいところ申し訳ございません。
    こちらリフォーム企業サポート協会の◯◯と申しますが、
    今回リフォーム業界の現状やクレームの状況、
    お客様層やどんな営業をしていらっしゃるかなどを
    取材しておりますが、
    取材させていただけませんでしょうか?」

  • たうりん様のコメント: 2014年6月12日 1:13 PM

    顧客獲得法、一番楽しみにしていたコンテンツです。
    ワクワクしながら拝見しましたが、なるほど、その視点があったか!と驚いたと共に、これは使える、この方法でやってみよう!、と思いました。
    松本さん、こんなに実践に役に立つコンテンツを無料で提供して頂けて本当にありがとうございます!!

    STEP1
    私も会社の仕事(スマホコンサルとは別です)で営業メールを打つことがあり、いろいろと内容を工夫はしてみるものの、どうしても「売り込み」視点になってしまうんですよね・・・「売り込み視点」のメールは、どうしても反応率が数%以下になってしまいます。
    それに、その業界のニーズが分からなければ、ズレた提案をしてしまう危険性があり、埋もれたニーズをどうやって知るか、に非常に苦労してきました。

    今回のビデオでおっしゃっていた切り口は、まさにこの両方と経験値の少なさを解決できるもので、私が営業をする際に抱えている悩みを解決できそうなものでした。
    昨日から営業メールを送り始めたところだったので、ご教示頂いたやり方を早速やってみたいと思います。

    STEP2
    客単価数千円以上の飲食店、歯医者など。

    STEP3
    ビデオでおっしゃっているやり方ほぼそのままで、アポ取れるように思います。
    スマホコンサルなので、ネットを駆使できることをそれとなくにおわせるのも必要かと。

    例えば飲食店なら、「これまでにない地域密着型のポータルサイトを企画しています。あなたのお店のアピールポイントやネット経由の集客などについて、取材させて頂けませんか?」のような感じで。

  • miya様のコメント: 2014年6月12日 12:40 PM

    1、実際に私も営業の電話だと思った瞬間に忙しいとすぐ切ってしまいます。「取材」を切り口に使うのはこんな方法があるんだなと驚きでした。ただ、実際にポータルサイトは作らないのですか?実際に作るなら後ろめたさもなく自信を持って会うことができると思います。
    2、美容業界から入って観光業界に。
    3、まず友人知人からはいって紹介紹介で広めることと「取材」の切り口で進める2ウェイ方法で展開できればと思います。

  • ともこ様のコメント: 2014年6月12日 12:39 PM

    なんとか協会ですとか、ポータブルサイト作ると言ってその事に突っ込まれて聞かれたら怖いなーと思いました。提案書はどのように作って行けばいいのでしょうか?
    歯科業界に営業したいです。
    歯科技工所に勤めているので、技工士会の新聞の取材させてくださいとかでしょうか。

  • SUZUKI様のコメント: 2014年6月12日 12:34 PM

    松本さん、こんにちは。
    今回もすばらしい動画をありがとうございます。

    1:売り込みは敬遠される傾向にあることは身にしみてわかっていました。
      そこで今回の 『取材』という切り口を聞いて、売り込み感のないいい言葉だなと
      純粋に思いました。本当に「なるほど」です。ありがとうございます。

    2:学習塾業界です。

    3:今、取材を受けてくださるところを探しています。
      その内容ですが、現在どんどん進んでいる少子化のなかで、
      今後の生徒集めに関する不安や悩み、また
      こんなサービスがあったらいいなと思うようなものなど、
      みなさんの声を集めさせていただいております。
      ご協力いただけないでしょうか?

    思いつきで書いてみましたが、どうでしょうか。
    次回の動画も楽しみにしています。

  • J Sakurada様のコメント: 2014年6月12日 12:31 PM

    ほんとうに眼から鱗が出っぱなしです。

    『取材』

    この言葉は金言ですね。営業アポの最大のキーワード
    をいただきました。ほんとうに感謝いたします。

    まずは知り合いから営業をかけようと思っていましたが、
    早速、歯科医院の業界にアポをとってみようと思います。

    ———————————————

    「お忙しい中突然のお電話で失礼いたします。

    infomeritの櫻田と申します。

    日本では歯医者さんの数がコンビニより多くなって
    しまい、ご存じのように過当競争でたいへん集客に
    苦労をされているようです。

    業界をもっと盛り上げていくために、歯科医院サポート協会
    のポータルサイトを作っています。

    つきましてはそちらのユニークな取り組みの評判を
    お伺いしてぜひとも取材させていたあけたらと思って
    お電話いたしました。

    代表もしくは責任者の方いらっしゃいますか?」

    代表の方とアポをとる。

  • nackey様のコメント: 2014年6月12日 12:27 PM

    1. 今日のビデオを見ての感想や気付き、疑問点や質問があればお書きください。
    いつもありがとうございます。
    最初の顧客をどのように獲得していくか、「その手があったか!」と大きな驚きとともに気付かされました。目からうろことはまさしくこのことです。
    今回ご紹介頂いた方法を使わせていただこうと思います。
    いろいろと応用が効きそうでワクワクしてきます。

    2. 今回のビデオでお伝えした、最初に狙う「◎◎業界」を決めてください。
    この講座が始まったころから決めていたのですが、まずは美容院からと思っています。

    3. 電話からどういった切り口、入り方をしていくか具体的にお書きください。
    最初は今回教えて頂いたことをそのまま使わせていただきたいと思います。
    まずは実際に足を運びやすく、客層なども観察しやすい近所の美容院からいってみます。

  • まーちゃん様のコメント: 2014年6月12日 12:20 PM

    お待ちしていました。なるほどです。気づきませんでした。
    「取材」は確かに突破口になると思われます。
    有難うございました。

    飲食業界にしたいと思います。

    具体的な切り口、どう入るか、これはちょっと難しいです。
    やってみるしかない、という感じですね。

    • jsma様のコメント: 2014年6月12日 12:31 PM

      まーちゃん様、こんにちは、
      松本です!

      飲食業界、いけますね!
      このまま突き抜けましょう!

      具体的、難しく考えずに行動してくださいね、
      お客さんは「集客」がしたいのですからね。

      スマホで集客してみませんか?
      という簡単な切り口からで大丈夫ですよ。

      頑張っていきましょう!

  • NW様のコメント: 2014年6月12日 12:12 PM

    1【顧客獲得の流れ】
    ・タウンページ、ポータルサイトを使って
    ・『取材』を申し込み、決済権のある人にアポを取る
    ・業界について、ビジネスモデルについて、集客について、取材をする
    ・取材のお礼に、PCサイト、スマホサイトの作り方をアドバイスする
    ・サイト作成の提案をする
    ・契約

    2新規女性起業家

  • 佐々様のコメント: 2014年6月12日 12:04 PM

    話がまだまだ序論で
    期待や可能性についての話の段階のよううに感じます。
    実際のスクールでは、踏み込んだ話を期待します。

    普通の飛び込み営業やチラシ配布でも
    お客獲得の効果はありますが、
    その作り方、その他ノウハウに価値があるかどうか
    問われているのはそこだと思います。

    普通の飛び込み営業でもチラシも
    効果あるからやってください。
    私はチラシでこれだけお客取れました
    と言うのは、駆け出しでも言えます。
    間違いではないですが、
    私が知りたいのは、
    本当に高確率に再現できるかどうかなんですが・・・

    やっぱり塾に入らないと
    教えてもらえないのでしょうねー?

    話がまだまだ序論で
    期待や可能性についての話の段階のよううに感じます。
    実際のスクールでは、踏み込んだ話を期待します。

    普通の飛び込み営業やチラシ配布でも
    お客獲得の効果はありますが、
    その作り方、その他ノウハウに価値があるかどうか
    問われているのはそこだと思います。

    普通の飛び込み営業でもチラシも
    効果あるからやってください。
    私はチラシでこれだけお客取れました
    と言うのは、駆け出しでも言えます。
    間違いではないですが、
    私が知りたいのは、
    本当に高確率に再現できるかどうかなんですが・・・

    やっぱり塾に入らないと
    教えてもらえないのでしょうねー?

    • jsma様のコメント: 2014年6月12日 12:42 PM

      佐々様、こんにちは!
      松本です!

      「本当に高確率に再現できるかどうかなんですが・・・」
      ということですが、既に契約されている状況でしょうか?

      既に第4回目で成功者が多くなって、契約がとれました!
      という声がでてきています。

      現在いま一番大きいのは90万の受注ですね、
      それから既に教えている広告運用や保守管理で
      継続的に収益が生まれるのと、、
      7つの収入の柱をそのままやっていきます!
      ということです。

      佐々様も以前のコメントで成果報告頂いてましたでしょうか?
      見逃していたのならすいません!

      普通の飛び込み営業でもチラシも
      効果あるからやってください。
      私はチラシでこれだけお客取れました
      と言うのは、駆け出しでも言えます。

      こちらは、駆け出しでも言えるなら是非やってくださいね!
      それで成約がとれ続けていますよ?

      本当に高確率に再現できるかどうかなんですが・・・


      高確率でとれた事例をお話していますよね?
      これが非常に気になります…
      月にどれくらい収益化したいのでしょう?
      300万くらいですか?3000万でしょうか?

      300万程度であれば毎月6件とるだけですから、
      高確率といえるとは思います。

      再現できるかどうかは、佐々様次第ですよ。
      私たちは既に全て教えていっていますし、
      既に結果を出し続けて、半年先まで収益化
      できている方もいます。

      月収どれくらい欲しいのでしょう?
      契約件数はどれくらい欲しいのですか?

      お返事お待ちしていますね!

  • 伊藤様のコメント: 2014年6月12日 12:03 PM

    1.感想
      ”取材”の切り口は最高のアイディアですね。
      でも、取材力が必要になります・・・
      素人っぽく取材してたら疑われてしまうし・・・
      ただ、良いアイディアなので頑張りたいですね。
      
    2.最初に狙う業界とは?
      やりたいこと(事業企画)があるので
      アート法人に絞り込みたいです。

    3.電話からどういった切り口入り方をする?
      「文化についてのポータルサイト(SNSでも良い)を
       起ち上げようと思っているのですが、
       取材をさせていただけないでしょうか?」

      ん・・・ 取材料を請求されたらどうしよう?

    • jsma様のコメント: 2014年6月12日 1:09 PM

      伊藤様、心配ばかり…よりも、
      まず動きましょう!

      松本です!

      取材力、会話力、商談力、、、
      となると永遠に行動できないですよね?

      以前からも何度もお話しているのですが、
      スマホコンサルタントは本当に求められています!

      取材力は全く必要ありません、
      素人でも、疑われても、「集客」ができるのは
      真実ですからね。

      自分の普段話している家族や友人と会話するよに、
      ありのままの伊藤様を出して話をするだけで大丈夫ですよ。

      取材料…
      請求はまずないですね、
      いままでで請求されたことは0件ですよ。

      自信をもってそろそろ動き出しましょう!
      必ず結果がついてきますからね!

      • 伊藤様のコメント: 2014年6月14日 12:35 PM

        ありがとうございま~す!!

        心配するよりも、
        まずは行動ですね。

        頑張ります ^^v

  • テツオ様のコメント: 2014年6月12日 12:00 PM

    1.顧客の取り方が非常にわかりました。
     タウンページは良いですね。
     ですが、ハードルがまだ高いので、知り合いの店からせめてみようと思います。

    2.居酒屋をせめてみようと思います。

    3.まさに同じ方法で行きたいと思います。
      

  • 高森里千様のコメント: 2014年6月12日 11:58 AM

    1:具体的でわかりやすかったが、○○企業サポート協会を名のるのに抵抗を感じます。
      なぜなら、ネットとかで調べられたら、すぐにバレそうで怖い。
    2:業種はまだ決めれませんが、高単価な店や繁盛してて、お金を払ってくれそうな業界。
    3:私なら、町や市の商工会に相談して一斉に商店主を集めてもらって、営業や説明をする。
     (講演会風に)その方が効率も良く、信頼性もあっていいと思う。

    • jsma様のコメント: 2014年6月12日 1:04 PM

      高森里千様、こんにちは、
      松本です!

      商工会議所はいい考えですね、
      その方法でやれば一気に数百万単位で
      受注することができますよね。

      企業サポート協会を、、
      例えば高森里千様が名乗られたらどうでしょう?
      私なら、権威性がかなり持てますし信じてしまいます。

      私はこれで成功してきましたからね、
      バレることや、調査が入ることも今迄で0件です。

      ですから、まず心配はないと思いますよ!
      頑張っていきましょう!

  • 後藤様のコメント: 2014年6月12日 11:51 AM

    1.思ってもいなかった集客方法でした!
    2.美容室を狙っていきたいと思います。
    3.実際に美容室に行って、店員さんと仲良くなったら、スマホ集客について話したいと考えています。

    • jsma様のコメント: 2014年6月12日 1:00 PM

      後藤様、こんにちは、
      松本です!

      美容室はかなり狙い目ですよ!!
      かなりの数が出店してきていますが、
      スマホサイトになっていないお店ばかりです。

      まさにチャンスですね!
      早速美容院いってみてくださいね。
      応援しています!