「大きな地震や大災害が起きた時、一番最初に確保したいモノは何?」

そんな質問をされたら、あなたはどう答えるでしょうか?

実は、そんな質問を先日、友人から受けたのですが、
その時私が伝えた事に、「あぁ、なるほど・・・」と呟いていました。

何と答えたかというと・・・

「 明り と 情報 」

そう答えたとき、一瞬友人はピンと来て無い表情をしていましたが、
その解説をして、やっと納得したようでした。

ちなみに、これは昔経験した事から痛感した、個人的な意見なので、
それは違うんじゃないか、と思われる方がいても当然だと思うのですが、
参考までにお読みいただければと思います。

 

災害に見舞われると、自分の周りでいったい何が起きているのか、
絶対に不安になります。

特に、どこで何が起きていて、自分はどうすればいいのか、
適切な情報が無いと、より体力や精神面での消耗を強いられることになります。

そして、電気がまず寸断されてしまった場合、夜になると今までにない位の
闇が至る所にある事に気が付きます。

これが本当に心細くなります。

そもそも暗がりでは足元が分からないと危険がどこに有るのかも
分からない為、夜になると、自分自身の行動に制限がかかってしまいます。

その時に、本当にありがたかったツールが、「携帯」でした。

ライトも付いているし、機種によってはワンセグが見れたりします。

状況が良ければ、NETや通話が出来たりするので、
災害の多い日本では、実は携帯やスマホというのは、
本当に重宝するツールなのだな、という事を実感しています。

 

この記事をお読みいただいた方へ、

お時間のあるときで良いので、是非

 

「災害が起きたら、一番最初に確保したいモノは?」

 

という事を、家族や中の良い友人などで話あってみてください。