JSMA2期参加の遠藤様より、成果報告をいただきました。

最初はスマホサイトに興味をあまり
持ってもらえなかったお客様に行った「ある提案」で

見事にサイト制作の受注をされたお話を投稿いただきました。
非常に参考になるお話ですので、皆様とシェアさせて
いただきたいと思います。

その「ある提案」とは・・・

———————————

皆様お疲れ様です。
1件参考になると思う事例を
ご紹介させて頂きます。
ある不動産会社様との商談で
スマホ集客の提案をしたところ、
あまりスマホサイトの必要性を
認識してもらえませんでした・・・
しかし、PPC広告には興味を示し、
現在持っているPCサイトで
まずはPPC広告をやってみたい
との依頼を受けました。
そこで、試しに予算5万円を頂き
5月前半からPPC広告を回し始めたところ、
毎日1、2件の問い合わせが
来るようになり、クライアント様には
凄く喜んで頂いているのですが、
アクセス比率を見てみると
やはりスマホからのアクセス割合
が非常に多く、それをクライアント様に伝えて
・スマホサイトの作成
・現在のサイトのレスポンスデバイスが
非常に分かりにくいので改修作業
を提案したところ、簡単に
受注が取れてしまいました(‘ω’)ノ
今回の様に、まずは現在お持ちの
サイトでPPC広告を試してもらって、
さらにスマホ対応すれば効果が良くなりますよ♪
と提案する形も受注パターンの一つ
として有効のようです。
さらに、現在のサイトの訴求が
間違っていないという事も必然に分かり、
スマホサイトの作成も非常に楽です。
(もちろん何も訴求されていない
サイトですと難しい部分はありますが・・・)
是非皆様の参考になれば幸いです♪

———————————
遠藤さん、投稿ありがとうございます!
「PPC広告を打ってみたら、
やっぱりアクセスがスマホから来てるよ」
という客観的な証拠(実績)を
見せる事でお客さんの興味をがっちり
掴んだ好例ですね!
以前、リアルネット取締役の小島さんが
特別講演の中で、
「法人は、支払う金額を投資と考えるので、
その金額を使った結果、それ以上の
リターンを得られるのであれば
当然そこに資本を投下する」
という事をお話されていました。
この点を踏まえた上で、
(当然、提案する内容にも
左右されるとは思いますが)
・PPC広告を打つ提案を行う

⇒結局それで集客につながる
・スマホからアクセスが
来ている証拠を顧客に見せる

⇒やっぱりスマホサイトに力を入れた方が、
結果的にもっと集客できる
クライアントにそう感じていただければ、
提案でもうひと押ししたいところの突破口として、
遠藤さんが実践された事は
本当に参考になると思います。
皆さんも是非、受注につなげる
引き出しの一つとして、覚えておいて
下さいね!
遠藤さん、本当にありがとうございました!

 

この他にも、こんなやり方で受注につなげた、
という成果報告、お待ちしています!
宜しくお願いたします。

 

文責:

JSMA事務局
赤川政彦